2007年12月

東急変電所建設問題の広がり

町田市議会でも一般質問されるなど東急電鉄の変電所建設計画は広がりをみせている。町田市議会一般質問で2007年12月10日に取り上げられた。谷沢和夫議員(民主党・社民ネット)が地元の建築協約との関係を質問した。
また、吉田つとむ元市議は「東急には、この電磁波の発生状況、周辺への影響調査を全面的に住民に公開し、居住者・利用者の不安を対応する措置を考えるべきである」と主張する(「吉田つとむはインターネットを武器とする!ただ今、浪人中。:すずかけ台駅の高圧変電施設への住民不安について」2007年11月28日)。
発電所が稼動した場合、周辺住民への電磁波による悪影響が懸念される。WHOの報告では変電所と小児性白血病には因果関係がありうるとのことである。他にも新築マンション(プラウドすずかけ台)があり、購入検討者や契約者も心配している。入居者は身をもって実験動物になりかねない。3人の子どもを持つ住民は「高圧線の通る鉄塔などの下は避けようと思って、この物件を買った。健康被害が出るかもしれないと思うと耐え難い」と憤る。
対策協議会は2007年1月20日に「電磁波と健康問題について」の勉強会を開催する。場所はすずかけ会館、時間は10時から。講師は電磁波問題の第一人者・宮田幹男北里研究所病院臨床環境医学センター客員部長(北里大学名誉教授)が招かれる。
永沼仁「変電所建設、住民が反発 町田」朝日新聞2007年12月11日
「東急高圧変電所建設に近隣住民が白紙撤回運動」財界展望2008年1月号
「すずかけ台駅変電所建設 住民 白紙撤回求める」タウンニュース2007年12月20日

ブランズシティ守谷建設強行を契機に陳情

東急不動産・東急電鉄らによるブランズシティ守谷(ハッピー守谷)建設強行を契機として3件の陳情が守谷市議会になされた。3件とも2007年12月6日の守谷市建設常任委員会にて採択され、12月13日に本会議でも採択された。
第一に守谷市における建築物の高さ制限導入に関する陳情である。市内の良好な景観と生活環境の維持・形成のため、今後建築される建築物の高さを制限する諸施策をとることを陳情する。これは守谷市民2291名の署名がある。たったの1週間で2291名もの署名が集まったという。高さ規制への市民の関心は相当なものである。
第二に守谷市における中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する陳情である。市内の良好な近隣関係を保持するとともに、安全で快適なまちづくりを図るため、中高層建築物の建築に関し、紛争を未然に防止する施策を強化し、また紛争が生じたときは適正な調整を行うための施策を追加することを陳情する。
第三に、ひがし野2丁目1番地に建設中の超高層マンション「ブランズシティ守谷」に関する陳情である。ブランズシティ守谷は、住民の生活に甚大な影響を及ぼすことが懸念される。当該マンションについて住民との話し合いを十分に持ち、円満な合意を形成する努力するよう、事業主を指導するよう陳情する。
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10059876652.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10059543102.html
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/qualia.htm
スカパー東陽町アンテナ設置差し止め訴訟
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10058903347.html
林田力「ブランズシティ守谷の建築確認に審査請求」JANJAN 2007年12月18日
http://www.news.janjan.jp/area/0712/0712167389/1.php
林田力「マンション建設反対運動は開発許可で争うべきだ」オーマイニュース2007年12月20日
http://www.ohmynews.co.jp/news/20071219/18730

東急の環境破壊と戦った女性

東急の環境破壊と戦った女性がいる。前田光子は東急の乱開発から阿寒湖周辺の山林を子孫に残すために戦った。「乗っ取り魔」と言われた東急の五島慶太(強盗慶太)は阿寒にリゾート地を開発しようとした。しかし前田光子は徹底的に戦った。五島慶太が阿寒の買い占めを狙って面会を求めた時は毅然と拒絶した。
この阿寒の森は現在、前田一歩園という財団法人によって守られている。もし東急の計画通りに進められていたならば阿寒の自然林は残っていなかった。明和地所・国立マンション反対運動に取り組む石原一子・景観市民ネット代表は、阿寒の森を守る戦いに触発されたと述べている(石原一子『景観にかける』新評論、2007年、174頁)。

THE TOKYO TOWERS内覧会に酷評

東急不動産らのTHE TOKYO TOWERSは内覧会同行業者から酷評された。共用廊下・ポーチには傷や汚れを多数確認した。仕上未了の部分や仕上げ不良部分もあった。共用廊下の手摺アルミ笠木のジョイント部がずれていた。
バルコニーにも設計上の問題や施工不良がある。床の長尺シートは一見しっかり貼れているようだが、指でつまむとベロベロっと剥がれた。隔てパネルは手で軽く叩いただけで、がたついていることがわかる。支柱のボルト締め不良が原因である。これは安全上の問題である。強風で外れたら大惨事になる。貯湯タンクの基礎もボルト設置を忘れていた。
洗面ボウルの排水管から漏水していた。排水管から漏水があったということは検査していなかったと思われても仕方ない。浴槽へ湯張りをすると、溢れそうになる。湧き上がりのアナウンスもなかった。
しかもTHE TOKYO TOWERSでは工事を担当したことがない従業員が買主検査に立ち会っていた。専門知識がないため、同行業者の質問には全く答えられなかった。東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件でも東急不動産はアルス建設に関与していない従業員・大島聡仁を契約者の前では担当者に仕立て上げた。何も知らない大島は当然のこといながら、契約者の質問に一度でもまともな回答をすることはなかった。
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10059543102.html
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/qualia.htm

買ってはいけない東急リバブル・東急不動産

スッキリ感 がブログににじみ出てます。
話題に関しては 経済 について多く書かれているみたいです。
「スッキリ感」
判定ワード スッキリ、 BY、 求める、 グッズ、 空気、 部屋、 軽い...
「経済」
判定ワード サブプライムローン、 経済、 金融、 先行き、 機関、 懸念、 産業...
似ている著名人ブログ
弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWSBLOG版
ここが似ている・・・含めれば、 推し進め、 高圧、 地方裁判所、 ガーデン、 早急な、 法定...
大前研一のニュースのポイント
ここが似ている・・・受益、 画法、 相続、 アスベスト、 早急な、 法定、 地所...
加瀬恵子の部屋
ここが似ている・・・贈与、 住環境、 野村不動産、 ガーデン、 相続、 内覧、 法定...
jkondoの日記
ここが似ている・・・羽沢、 上階、 入居、 施工、 同等の、 紛争、 建築...
神奈川県知事・松沢成文のブログ
ここが似ている・・・係る、 契機、 保全、 施策、 建築、 住民、 適正な...
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ