2009年12月

ブランズシティ守谷反対Google検索ピックアップ

東急不動産のブランズシティ守谷に反対運動
http://www11.atwiki.jp/tokyufubai/pages/15.html
東急不動産ブランズシティ守谷の不人気
http://hayariki2.seesaa.net/article/125149733.html
ブランズシティ守谷ハッピー守谷(くらしブランド)
http://wadaino.jp/detail/52827313
ブランズシティ守谷(ハッピー守谷)反対は町内会の総意
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20071014
東急不動産ブランズシティ守谷は悪質
http://tokyufubai.exblog.jp/6072437/
ブランズシティ守谷の施工会社、暴力団関係会社を下請け
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/573

FW: 【強制併合100年】過去を清算し平和 の未来へ1.31集会

ちょうど一ヶ月後になりました。みなさんの参加をお待ちしています。
過去を清算し平和 の未来へ1.31集会
──「韓国強制併合100年」共同行動日本実行委員会結成の集い──
2010年1月31日(日)午後3時30分[直前まで他の企画で入れません]〜7時30分
会場 早稲田奉仕園スコットホール 新宿区西早稲田2-3-1 最寄り地下鉄・西早稲田駅、早稲田駅
プログラム
オープニング(プンムル・朝鮮半島の民俗芸能のひとつ) あいさつ 呼びかけ人代表
第一部 記念講演と提起
一、記念講演 「『韓国強制併合』100年−日韓、東アジアの平和な未来を切り開くために」
 講師 李 錫兌<イ・ソクテ>さん(弁護士,フォーラム「真実と正義」共同代表)
一、課題提起 清算されない植民地主義  「慰安婦」、強制動員、歴史認識、「在日」、靖国合祀等
第二部 2010年8月22日「日韓市民共同宣言大会」開催に向けて
一、行動計画の提起 一、実行委員会体制の確認
連絡・問合せ先団体 「韓国併合」100年市民ネットワーク・関東事務局 

二子玉川ライズ工事に批判

二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の工事への批判がインターネット掲示板に投稿された(「二子玉川ライズ タワー&レジデンスってどうでしょう?Part 9」)。近隣住民の安全や不快な思いをさせないことを最優先にすることが工事の基本であるが、二子玉川ライズの工事には欠けていると指摘する。近隣住民を無視して建設された二子玉川ライズ タワー&レジデンスが居住者に快適であると考えるならば楽天的過ぎる。
二子玉川では随所で工事が行われており、どこを通ればいいか分からない。工事現場の間を縫うような通路になっている。工事関係車両が出入りする場所に警備員がおらず、当たりそうになったこともあるという。工事関係者の歩き煙草も止めさせて欲しいとする。子どもも通園で通る細い通路での煙草は危険である。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1126
ブランズシティ守谷ハッピー守谷(くらしブランド)〜高層分譲マンション問題〜
http://www.branzcity.com/
ブランズシティ守谷の建築確認に審査請求
http://www.news.janjan.jp/area/0712/0712167389/1.php
ブランズシティ守谷(ハッピー守谷)には住みたくない
http://www.freeml.com/tokyufubai/11366/latest
ブランズシティ守谷ハッピー守谷で東急不動産東急リバブル不買運動紹介
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10050392348.html

欠陥住宅の欠陥シャワートイレPart2

欠陥住宅の欠陥シャワートイレPart2
欠陥シャワー・欠陥トイレにはどんなものがありますか
東急不動産消費者契約法違反訴訟の舞台となったアルスでは無資格者を構造設計者として記載した物件らしい粗末な欠陥施工が発覚した。欠陥の内容は排水通気管の口径が特定の部分のみ細いというものである。特定部分の口径が細くなっているため、排水時に通気不足が生じ、排水管からゴボゴボという大きな騒音が発生した。これは2003年の引渡し直後から居住者を悩ましていたが、東急不動産の反応は鈍かった。(中略)
結論として、ピーエス三菱も昇建築設計事務所も、共に責任を有耶無耶にしているが、両社に責任があることを示している。それを悪びれずに、平然とアルス管理組合宛ての文書で書く東急不動産の神経にも驚きである。東急不動産との売買契約を取り消した原告の正しさを実感した欠陥施工である(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、103頁)。
欠陥住宅の欠陥シャワートイレ
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/toilet/1111670498/l50
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4904350138
ブランズシティ守谷(くらしブランドハッピー守谷)反対運動
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/qualia2.htm

FW: 非国民入門セミナー そしてみんな非国民になった!? 第16回(本橋哲也さん)

転送歓迎
非国民入門セミナー
そしてみんな非国民になった!? 第16回
2010年1月16日(土)午後5時30分開場、午後6時開会
会場:新川区民館7号室
    東京都中央区新川1−26−1
日比谷線または東西線茅場町駅下車1番出口 徒歩10分
参加費(資料代含む):500円
 お話:本橋哲也さん(東京経済大学教員)
           「ポストコロニアリズムの内と外」
*本橋哲也さん:東京大学文学部卒、ヨーク大学博士号取得、東京都立大学助教授を経て東京経済大学コミュニケーション学部教授。『カルチュラル・スタディーズへの招待』(大修館書店)『本当はこわいシェイクスピア――「性」と
「植民地」の渦中へ』(講談社)『ポストコロニアリズム』(岩波新書)『ほんとうの「ゲド戦記」』『映画で入門カルチュラル・スタディーズ』(大修館書店)『侵犯するシェイクスピア』(青弓社)。翻訳書多数。
第15回と第16回は同じ日に開催です。
協賛:週刊金曜日
主催:平和力フォーラム
いつのまにか非国民の時代がよみがえってきました。
 郵便受けにチラシを入れただけで、いきなり逮捕され2ヶ月以上も拘禁された立川チラシ事件を考えてみてください。道を歩いていると突然、警察官に呼び止められて、どこへ行くのか、荷物を見せろと質問責めにされる人も増えています。
 町には情報が溢れ、何でも言えるし、あらゆる情報が入手できる。そんな風に思っていたはずなのに、実はうかつなことを言うとどこから睨まれているかわかりません。当局に都合の悪い情報はしっかり検閲されています。
自分が健全な国民であることを証明するためには、非国民を摘発し、指弾するのが一番です。周囲に非国民が潜んでいないか。怪しい人間はいないか。思想や行動の疑わしい者はいないか。テロリストが隠れていないか。非国民を創造/想像することで、国民を創造/想像する。国民の安全を損なう恐れのある非国民を迅速に摘発することが国民の証明になります。
国民と非国民という対立軸を据えた社会は次々と非国民を狩り出していく宿命にあります。つねに非国民を叩いておかないと、国民の証明ができないからです。
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ