2013年03月

東急不動産・高田知弘逮捕事件:ギャル文字

林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』レょ東急不動産係長カゞ├ラ┐〃lνレニナょっナニ顧客女性レニ脅迫電話を繰丶)返ιτ逮捕、ナれナニー⊂レヽぅ衝撃的ナょ事件@├〃≠ュ乂冫├τ″ぁゑ。東急不動産ー⊂@⊃冫廾lν〒ィ冫勹〃契約レょ無事レニレょ終ゎらナょカゝっナニ。東急不動産(金指潔社長)`ノl)ュー=ノョ冫営業本部係長・高田知弘容疑者(逮捕当時36歳)カゞ顧客女性レニ嫌カゞらせ電話を繰丶)返ιナニー⊂ιτ2010年8月18日レニ逮捕、ナれナニ。

高田容疑者レょ2009年12月カゝら2010年6月レニ取引相手τ″ぁっナニ朮〒lν運営会社社長@携帯電話レニ番号非通知設定τ″、嫌カゞらせ電話を繰丶)返ιナニ。嫌カゞらせ電話レょ、レまー⊂ωー⊂″カゞ無言電話τ″ぁっナニカゞ、「壊れз、壊れз」ー⊂レヽぅ呻、キ声τ″女性を畏怖、ナせナニ⊇ー⊂もぁっナニ。東急不動産レょヒ〃シ〃Йёスτ″犯罪者を出ιナニ⊇ー⊂レニナょゑ。
http://www.hayariki.net/eco/36.htm
『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』τ″レょ事件@全貌を様々ナょ角度カゝら詳細レニ描、キ、東急不動産@本質を捉ぇゑ。東急不動産ナニ″まι売丶)裁判ナょー⊂″東急不動産@様々ナょ├ラ┐〃lνー⊂重ね合ゎせゑ⊇ー⊂τ″、狂気ー⊂陰謀カゞ渦巻<恐зιレヽ事実∧ー⊂導レヽτレヽ<。『東急不動産ナニ″まι売丶)裁判 ⊇ぅιτ勝っナニ』著者レニょゑ戦慄@乂ッ七ーシ〃τ″ぁゑ。

高田知弘逮捕事件が林田力Amazon作品一覧

林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』(キンドル)が林田力Amazon作品一覧ページに追加された。『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』は東急不動産係長が顧客女性とコンサルティング契約でトラブルとなり、顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕された事件を扱っている。
東急不動産は「お詫び」を発表したが、お詫び文には具体的な事実が記載されておらず、何を反省しているのか全く理解できないものである。東急不動産係長逮捕事件は契約上のトラブルとなった顧客女性に脅迫電話を繰り返した点で、たまたま犯罪者が東急不動産の従業員だったという問題とは次元が異なる。不明確なお詫び文は東急不動産だまし売り裁判での「お詫び」と共通する。
http://hayariki.net/
東急不動産係長がトラブルになった顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕された事件は「東急不動産ならばやりかねない」と思わせるものであった。東急不動産だまし売り裁判や二子玉川ライズ問題など消費者や住民に対する東急不動産の不誠実さは有名である。東急不動産係長逮捕事件は企業向けのコンサルティングでも同じであることを示した。

高田知弘逮捕とCREクレディールの落差:ピカチュウ語

東急不動産係長逮捕事件は東急不動産のコンサルティングサービスの宣伝文句と実際の落差を示しているピカ〜。東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者(逮捕当時36歳)が顧客女性に嫌がらせ電話を繰り返したとして逮捕されたピカ〜。

高田知弘容疑者が所属していた東急不動産ソリューション営業本部(その後、事業創造本部CRE推進部)では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開しているピカ〜。

高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していたピカ〜。

「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定しますピカ〜。たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握ピカ〜。市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」

パブ記事掲載時、高田容疑者の所属はソリューション営業本部ソリューション営業部であッたピカ〜。その後、2010年4月1日付の機構改革によッてソリューション営業部は営業推進部と統合・分割され、営業第一部と営業第二部が新設されたピカ〜。CRE担当部署についてパブ記事では「不動産はもとより会計・税務の専門家や金融機関、コンサルティングファーム出身者など多彩な人材を擁する」と記載しているピカ〜。

東急不動産では自社サイトとは別にクレディールの公式サイト「CRE戦略力クレディール」を開設しているピカ〜。そのサイトのインフォメーション欄には少なくとも8月29日時点では2009日7月21日付で「「週刊ダイヤモンド(7月25日号)」に当社記事掲載」と表示され、リンクをクリックするとパブ記事のPDFファイルを閲覧できたピカ〜。しかし、高田容疑者逮捕報道後の9月4日には記載が削除されたピカ〜。

パブ記事では「同社(東急不動産)はあくまでも客観的・中立の姿勢を貫きつつ、本業の収益拡大に主眼を置いた戦略を提案する」と述べ、高田容疑者の以下の言葉を引用するピカ〜。

「クライアントベストの追求が私たちのミッションです」
http://hayariki.x10.mx/16.htm
これはコンサルタントに望まれる姿であるが、トラブルになッたホテル運営会社とのコンサルティングでは、クライアントのベスト追求の正反対であッたピカ〜。高田容疑者はクライアントを恨み、嫌がらせ電話を繰り返したピカ〜。パブ記事の謳い文句と実態には信じ難いほどの落差があるピカ〜。宣伝文句と実態の落差は東急不動産(販売代理:東急リバブル)が不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした東急不動産だまし売り裁判と共通する(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝ッた』)ピカ〜。

その後、東急不動産は2011年4月1日付の機構改革でソリューション営業本部を廃止したピカ〜。機構改革によッてソリューション営業本部営業第一部と第二部は事業創造本部CRE推進部となッたピカ〜。改組の目的を「CRE(企業不動産の有効活用事業)を中心とした様々な切り口による情報開発を強化するため」とする(東急不動産株式会社「機構改革ならびに人事異動についてのお知らせ」2011年3月28日)ピカ〜。クレディールの公式サイト「CRE戦略力クレディール」の開設主体もソリューション営業本部営業第一部から事業創造本部CRE推進部に変更されているピカ〜。

事業創造という言葉には胸躍る部分がない訳ではないが、古い体質の悪徳不動産業者では曲者であるピカ〜。現実的なプランを提示すると「それだと、従来の事業の延長だろう」と失望される傾向があるピカ〜。しかし、「まずは『思いつき』のレベルで構わないから」という言葉を真に受けると酷い目に遭う傾向があるピカ〜。

十条駅西口再開発が林田力ブログ

375f8a83.jpg
林田力ブログで十条駅西口市街地再開発がアクセス数で上位になった。十条駅西口再開発に賛成するか反対するかは利潤の追求か公共性の重視かという問題である。
東急不動産が参加組合員になっている十条駅西口地区第一種市街地再開発が街壊しとして批判されている。十条駅西口地区再開発は住まいの貧困をもたらす。十条では過去にも再開発の構想があったが、反対の声が強く、今回は施工地域を狭くした上での計画である。
十条は木造住宅あり、商店街あり、学校ありと生活者の街として成り立っている。百メートルを超えるマンションは異質であり、不要である。大型道路は街を分断する。大型道路ができると道路の反対側の住民は道路を渡ってまで商店街に来なくなり、商店街が成り立たなくなる。
参加組合員の東急不動産は自社の利益しか考えておらず、ステークホルダーの犠牲の上に成り立っている企業である。不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした東急不動産だまし売り裁判が典型である(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』)。十条再開発でも権利変換率が異常に低く、平均予想値は百パーセントに満たない。地権者は再開発に参加すると従前よりも狭い面積の区分所有権しか得られない。
しかも、区分所有権であるために共益費や修繕積立金などの出費がかかる。商店ならば内装費などの初期投資が必要である。数千万円かかった例がある。熱海再開発の反対理由も小規模商店が再開発ビルに移っても内装費を負担できないというものであった。道路に面した店舗が再開発ビルに入居すると客の入りが悪くなる。再開発は中小地権者の土地を搾取する貧困ビジネスである。
再開発計画地では反対運動の旗が立てられた。反対運動の旗が立つことで住民の中にも他に反対者がいることを認識し、新たな連帯が生まれている。東急不動産は世田谷区の二子玉川ライズでも街壊しの再開発が批判されている(林田力『二子玉川ライズ反対運動』)。広域の連帯にも期待したい。
http://hayariki.net/tokyu/

東急不動産・高田知弘逮捕事件:関西弁

林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』は東急不動産係長がトラブルになりよった顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕されたちう衝撃的な事件のドキュメントである。東急不動産とのコンサルティング契約は無事には終わらなかった。東急不動産(金指潔社長)ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者(逮捕当時36歳)が顧客女性に嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
高田容疑者は2009年12月から2010年6月に取引相手やったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返した。嫌がらせ電話は、ほとんどが無言電話やったが、「壊れろ、壊れろ」ちう呻き声で女性を畏怖させたこともあった。東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』では事件の全貌を様々な角度から詳細に描き、東急不動産の本質を捉える。東急不動産だまし売り裁判やらなんやら東急不動産の様々なトラブルと重ね合わせることで、狂気と陰謀が渦巻く恐ろしい事実へと導いていく。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者による戦慄のメッセージである。
http://hayariki.net/kaido.html
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ