2013年07月

東急不動産工作員にNO

ブラック士業の主張は根底からガラガラと音を立てて崩れ、ブラック士業の面目も木っ端微塵に吹き飛ぶことになった。ブラック士業は由緒正しく、欠けるところのない、正真正銘のくそったれであった。
東急不動産だまし売り被害者は戸外の冷たく澄んだ空気を肺に一杯吸い込んでから、意を決して戸口の中に足を踏み入れた。歩を進めるごとに鼻孔が東急不動産工作員の悪臭の猛攻にさらされた。東急不動産工作員の悪臭が徒党を組んで襲いかかってきた。強烈で不潔なものを思わせる臭気。人間の格好をした野獣であった。便所の臭いの方がまだしも鼻孔に優しいような気がした。薄汚れた身なり、こそこそとした落ち着きのない目付き、口はいつも半開きで締まりがなく、全身から不埒な欲望がにじみ出ている。東急不動産だまし売り被害者は血の気の引いた顔で、ブルッと大きく身を震わせた。
東急不動産提訴は賢明な判断であった。東急不動産だまし売り裁判原告は良識を信じた己を高く評価したい気分であった。東急不動産やブラック士業は日本社会の面汚し以外の何物でもなく、一刻も早く叩き出してしまうに限る。ブラック士業には己を省みていかに有害な人間であることか、と嘆かわしく思ったことはないのだろうか。
東急リバブル東急不動産だまし売り裁判の話題は禁止か。ブラック士業は、物凄く横柄で、すさまじく失礼であった。礼儀正しく振る舞うと、お金がかかるとでも思っているようであった。東急リバブル東急不動産が関与すると往々にしてろくなことにならない。東急不動産だまし売り被害者は座ったまま、腸が煮えくり返る思いを噛み締めた。悪徳不動産営業は背の立たない深みでアップアップして、今にも溺れそうになっているだけであった。二子玉川ライズ反対運動の話題は禁止か。東急不動産係長脅迫電話逮捕事件の話題は禁止か。東急大井町線高架下立ち退きの話題は禁止か。東急ハンズ過労死の話題は禁止か。労働者を過労死に追いやるブラック企業やブラック士業は血が騒いでいる。人殺しの快感が忘れられなくて。
東急百貨店だまし売り(認知症商法)の話題は禁止か。
ゼロゼロ物件、貧困ビジネス、脱法ハウスの話題は禁止か。ブラック企業、ブラック士業の話題は禁止か。脱法ハーブ、脱法ドラッグの話題は禁止か。ビーキャスカード不正(ブラックキャスカード)の話題は禁止か。

東急不動産だまし売りにno

【被害者感情の逆なで】原告は2004年12月12日に被告と協議した。これは東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課の指導が入ったためである。東急不動産の担当者を自称する大島聡仁は原告から逃げ回っていたため、連絡が取れなくなっていた。行政指導が入らなければ話し合いさえしようとはしない。被害者から逃げ回って被害者が諦めるのを待つ。そのような体質の企業である。
協議の場において東急不動産の野間秀一課長は被害者感情を逆なでする発言を繰り返した。野間課長は関口冬樹の上司にあたる人物である。井田真介証言でも「東急の担当者」として登場した(井田真介証人調書21頁)。
野間秀一課長「隣地所有者からは聞いていません。井田から聞いて全部知っていたのですよ。当社の判断で言わないことに決めたのですよ」
原告「隣地所有者は購入検討者に説明することを依頼しています。それも知っていたのですか」
野間課長「はい。言いたくても言えなかったのですよ。綺麗になって喜ぶ人もいるから」
原告が一生に一度あるかないかの買い物で損害を被ったことを喜ぶかのように、野間課長は笑いながら放言した。被害者に対し、見舞いや同情の言葉一つかけることなく笑っていた。腕を組んで椅子にそっくり返り、原告を嘲笑した。購入者の悲劇をシニカルに評釈することに無上の喜びを見出しているようであった。原告が住宅ローン破産でもしようものならば祝杯をあげかねないような態度であった。
Amazon.com: The Statement for TOKYU Land Corporation Fraud 3 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00E2UMOW6
東急不動産だまし売り裁判陳述書3 の書評 / 林田力 / 林田力 / |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/208611/

東急不動産だまし売りにno

【被害者感情の逆なで】原告は2004年12月12日に被告と協議した。これは東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課の指導が入ったためである。東急不動産の担当者を自称する大島聡仁は原告から逃げ回っていたため、連絡が取れなくなっていた。行政指導が入らなければ話し合いさえしようとはしない。被害者から逃げ回って被害者が諦めるのを待つ。そのような体質の企業である。
協議の場において東急不動産の野間秀一課長は被害者感情を逆なでする発言を繰り返した。野間課長は関口冬樹の上司にあたる人物である。井田真介証言でも「東急の担当者」として登場した(井田真介証人調書21頁)。
野間秀一課長「隣地所有者からは聞いていません。井田から聞いて全部知っていたのですよ。当社の判断で言わないことに決めたのですよ」
原告「隣地所有者は購入検討者に説明することを依頼しています。それも知っていたのですか」
野間課長「はい。言いたくても言えなかったのですよ。綺麗になって喜ぶ人もいるから」
原告が一生に一度あるかないかの買い物で損害を被ったことを喜ぶかのように、野間課長は笑いながら放言した。被害者に対し、見舞いや同情の言葉一つかけることなく笑っていた。腕を組んで椅子にそっくり返り、原告を嘲笑した。購入者の悲劇をシニカルに評釈することに無上の喜びを見出しているようであった。原告が住宅ローン破産でもしようものならば祝杯をあげかねないような態度であった。
Amazon.com: The Statement for TOKYU Land Corporation Fraud 3 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00E2UMOW6
東急不動産だまし売り裁判陳述書3 の書評 / 林田力 / 林田力 / |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/208611/

東急不動産だまし売りにno

【被害者感情の逆なで】原告は2004年12月12日に被告と協議した。これは東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課の指導が入ったためである。東急不動産の担当者を自称する大島聡仁は原告から逃げ回っていたため、連絡が取れなくなっていた。行政指導が入らなければ話し合いさえしようとはしない。被害者から逃げ回って被害者が諦めるのを待つ。そのような体質の企業である。
協議の場において東急不動産の野間秀一課長は被害者感情を逆なでする発言を繰り返した。野間課長は関口冬樹の上司にあたる人物である。井田真介証言でも「東急の担当者」として登場した(井田真介証人調書21頁)。
野間秀一課長「隣地所有者からは聞いていません。井田から聞いて全部知っていたのですよ。当社の判断で言わないことに決めたのですよ」
原告「隣地所有者は購入検討者に説明することを依頼しています。それも知っていたのですか」
野間課長「はい。言いたくても言えなかったのですよ。綺麗になって喜ぶ人もいるから」
原告が一生に一度あるかないかの買い物で損害を被ったことを喜ぶかのように、野間課長は笑いながら放言した。被害者に対し、見舞いや同情の言葉一つかけることなく笑っていた。腕を組んで椅子にそっくり返り、原告を嘲笑した。購入者の悲劇をシニカルに評釈することに無上の喜びを見出しているようであった。原告が住宅ローン破産でもしようものならば祝杯をあげかねないような態度であった。
Amazon.com: The Statement for TOKYU Land Corporation Fraud 3 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00E2UMOW6
東急不動産だまし売り裁判陳述書3 の書評 / 林田力 / 林田力 / |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/208611/

東急不動産だまし売りにno

【被害者感情の逆なで】原告は2004年12月12日に被告と協議した。これは東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課の指導が入ったためである。東急不動産の担当者を自称する大島聡仁は原告から逃げ回っていたため、連絡が取れなくなっていた。行政指導が入らなければ話し合いさえしようとはしない。被害者から逃げ回って被害者が諦めるのを待つ。そのような体質の企業である。
協議の場において東急不動産の野間秀一課長は被害者感情を逆なでする発言を繰り返した。野間課長は関口冬樹の上司にあたる人物である。井田真介証言でも「東急の担当者」として登場した(井田真介証人調書21頁)。
野間秀一課長「隣地所有者からは聞いていません。井田から聞いて全部知っていたのですよ。当社の判断で言わないことに決めたのですよ」
原告「隣地所有者は購入検討者に説明することを依頼しています。それも知っていたのですか」
野間課長「はい。言いたくても言えなかったのですよ。綺麗になって喜ぶ人もいるから」
原告が一生に一度あるかないかの買い物で損害を被ったことを喜ぶかのように、野間課長は笑いながら放言した。被害者に対し、見舞いや同情の言葉一つかけることなく笑っていた。腕を組んで椅子にそっくり返り、原告を嘲笑した。購入者の悲劇をシニカルに評釈することに無上の喜びを見出しているようであった。原告が住宅ローン破産でもしようものならば祝杯をあげかねないような態度であった。
Amazon.com: The Statement for TOKYU Land Corporation Fraud 3 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00E2UMOW6
東急不動産だまし売り裁判陳述書3 の書評 / 林田力 / 林田力 / |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/208611/
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ