2014年05月

国政か地方政治か

国政か地方政治か、どちらを重視すべきか議論されることがある。これは鶏が先か卵が先かという議論になりがちである。この問題は理論的には回答が出ている。ジェームズ・ブライスは「地方自治は民主主義の学校」と言った。地方自治で学ぶことで国政に関心を持つことができる。

一方で現代日本に上記理論が当てはまるかという点について疑問がない訳ではない。政治に関心を持つ人の多くは国政に関心を持っている。首相の名前を言えても、居住地の首長を知らない人は少なくない。その逆よりは、はるかに多いだろう。マスメディアの報道量も国政が多い。従って国政が民主主義の学校と言っても、決して荒唐無稽ではない。
http://hayariki.net/poli/kokusei.html
現代日本において国政重視か地方政治重視かは、純理論的な問題にとどまらず、実際的な政党選好にも影響する。国政では抵抗政党として活躍していても、地方ではオール与党の一角となっているような政党がある。反対に国政では与党の補完勢力にしか見えなくても、地方政治では税金の無駄遣いを鋭く斬り込む政党もある。どちらの政党を評価するかは、国政と地方政治のどちらを重視するかの価値判断も影響する。

北本市いじめ自殺裁判 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/hayariki2/

司法に国民の風を吹かせよう

「司法に国民の風を吹かせよう」Part23・・・選挙活動をもっと自由に・・・
6月7日(土)13:30〜16:00
会場/プラザエフ(主婦会館)3階会議室 JR四谷駅前
参加費/500円

 第一部/「公選法、国民投票法を斬る」
       弁護士・田中 隆
 第二部/「(特別報告)都知事選をたたかって」
       弁護士・宇都宮健児
   ・・・質問、意見交換・・・
 第三部/参加者、参加団体の交流

詳細は以下からチラシをご覧ください。
http://www.jnep.jp/bengodan/kazenokai-2.html
--
林田力(『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者)
Kitamoto Bullying and Suicide eBook: Hayashida Riki: Amazon.it: Kindle Store
http://www.amazon.it/dp/B00K7C03PI

都民参加への模索連絡会シンポと現実政治

都民参加への模索連絡会(とも連)「シンポジウム 地域から民主主義をつくる − 市民派首長による市民自治の試み −保坂展人世田谷区長・阿部裕行多摩市長を囲んで」が2014年5月24日、東京都渋谷区の千駄ヶ谷区民会館で開催された。私は都民参加への模索連絡会世話人としてシンポジウム開催に携わった。以下はシンポジウムの私的総括である。

シンポジウムで垣間見えたものは、市民派首長の問題意識や関心領域である。市民派首長と名付けて勝手に親近感を抱いていたが、日々現実政治に取り組んでいる首長とは意識の差があった。その差は当選した市民派首長と東京都知事選挙を制することができなかった都民参加への模索連絡会との差とも言え、それを認識することは都民参加への模索連絡会にとって有意義である。

阿部市長の言葉の端々には税金の無駄遣いの削減など行政改革を進めたことの自負があった。これはシンポジウムだけの話ではなく、阿部市長のウェブサイト「多摩の未来をつなぐ会」でも実績ページで「財政の健全化」と「職員人件費の削減」を掲げている。この姿勢と実績があるからこそ、阿部市長は無党派層さらには自民党からも支持されている。

保坂区長は都営住宅の現状についての問題提起に対して、空き家活用で答えた。既存制度の維持を要求するのではなく、住まいの提供という目的志向でできるところから解決策を考えている。「福祉の原点は住宅制度」との保坂区長発言も、施設の維持拡大に傾きがちな福祉政策を反省させるものである。

脱原発についてもイデオロギー的なものではなく、電力自由化・自然エネルギー推進の話が中心であった。保坂区長は電力入札によるコスト削減や家庭向けの電力自由化の制度設計などを話した。阿部市長は公共施設の屋上を使った太陽光発電を多摩市が推進することで、マンションへの太陽光発電設置に悩む住民を後押ししたいと語る。

これらは所謂市民運動の問題意識や関心領域とは乖離している。所謂市民運動家にパッションを持って行政改革を語る人がどれだけいるだろうか。市民派首長の現実政治への取り組みと対照的なものが、イデオロギーや運動の手段として政治に取り組む姿勢である。「イデオロギーに殉じる」「革命に殉じる」と言えば聞こえは良いが、現実政治は、もっと地に足がついたものである。

2014年東京都知事選挙に際して1.13東京連絡会(現:都民参加への模索連絡会)に消極的空気があったことは否めない。そこには現実政治への取り組みという姿勢が希薄に見えたことが一因ではないか。自分達のイデオロギーや運動のために選挙運動をしているだけで、現実政治を変えるつもりがないのではないかという白けた感覚である。

これは宇都宮健児候補と細川護煕候補の対立とは別次元の論点である。宇都宮陣営に対する批判として語られることが多かったことは事実である。以下の総括文は一例である。「宇都宮氏は、前回の2倍の得票を目指し、勝てなかったとしても運動を進める意義があるとして、前回より幅広い支持を得る構図とする戦略を持たぬまま出馬した」(東京をプロデュース「2012年都知事選〜2014年都知事選の結果を受けての東プロ総括」9頁)

一方で脱原発以外の争点を否定する細川陣営の脱原発至上主義が現実政治への取り組みとはとても言えない。脱原発をブレークスルーにして社会を変えるという空想に至っては脱原発小児病と表現できる。細川勝手連の統一戦線論は左翼イデオロギー臭が濃厚であった。細川陣営の方がイデオロギーや運動のための選挙であったと批判できる。
http://www.hayariki.net/poli/tomo4.html
1.13東京連絡会世話人会も総括文書で宇都宮支持の価値判断を下している。「宇都宮候補は安倍政権と石原・猪瀬都政の転換を図る位置にあった。細川候補は反原発で宇都宮候補と政策を一致させられる可能性があったかもしれないが、安倍政権と対峙し石原・猪瀬都政を転換する政策を示し得たかは、不確かである」(7頁)

ただ、これは宇都宮候補か細川候補かの対立軸の中の議論に過ぎない。白けた感覚を有している人に対して、宇都宮候補の方が優れていることを説得できても、それは細川候補よりまし、全立候補者の中でましということにとどまる。積極的に応援する理由にはならない。このような感覚を抱えていた都民参加への模索連絡会にとって、市民派首長に現実政治への取り組み姿勢を語らせるシンポジウムは、その方向性の一つを提示するものとなった。

その上で現実政治の取り組みに問題意識がある人々に宇都宮氏の運動の評価を期待したい。宇都宮氏は最初からイデオロギーを超えた結集を志向している。宇都宮氏は運動を強調しているが、その運動はグレーゾーン金利撤廃など現実政治を変える取り組みであった。旧来の自己満足型の運動と同一視できない。細川陣営との対決も旧来型の運動論との対決と位置づけることができる。東プロ総括のように映った側面がないとは言わないが、それを否定する要素がある。都民参加への模索連絡会の志向する現実政治への取り組みと宇都宮氏流の運動論は大きく重なると考える。
Kitamoto Bullying and Suicide eBook: Hayashida Riki: Amazon.de: Kindle-Shop
http://www.amazon.de/dp/B00K7C03PI
[asin:B00JP4UJXA:detail]
[asin:B00JPW1XEQ:detail]

築地でええじゃないか!パレード

築地パレード《築地で、ええじゃないか!part 2》
5月31日
.螢譟璽函璽(波除神社前11時30分〜
▲妊(集合12時45分築地市場正門/出発13時00分、新橋駅、農林水産省、日比谷公園/解散)
築地中澤さんから「私たちのデモは4回目ですが、大変に効果を上げています。昨年まで黙っていた業界が、ついに声をあげはじめました。だから起工式までやったのに、建設は止まってます!豊洲の場合、デモがあったから石原慎太郎がビビって土壌汚染の再調査をせざるを得なくなりました。で、環境基準の4万3千倍のベンゼン他、土壌汚染見本市状態が判明した。デモ、かなり効果あります。」とのこと。
リレートーク(波除神社前11時30分〜)には、トップバッターで宇都宮けんじさんもスピーチします。
--
林田力(『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者)
http://www.hayariki.net/
http://hayariki.zero-yen.com/

希望のまち東京in東部 第3回市民カフェ

希望のまち東京in東部 第3回市民カフェを2014年5月31日(土)午後6時〜20時に開催します。

希望のまち東京in東部事務所では交流・意見交換の場として市民カフェを継続的に開催します。希望のまち東京in東部事務所は多様性を持った市民活動のための場です。市民カフェは雑談の場です。「このテーマについて話したい」ということも大歓迎です。
どなたでも参加できます。飲食物持込は自由です。飲み物はあります。食べながら、飲みながらお喋りしてください。DVD も見ることができます。参加可能な時間だけでも歓迎です。とりあえず来てみてください。宜しくお願いします。

【日時】
第4回 2014年6月5日(木)午後6時〜20時
第3回 2014年5月31日(土)午後6時〜20時
第2回 2014年5月29日(木)午後6時〜20時
第1回 2014年5月22日(木)午後6時〜20時
原則として毎週木曜日の午後6時〜20時に開催します。中止・変更があればウェブでアナウンスします。

場所:希望のまち東京in東部事務所
http://www.hayariki.net/tobu/access.html
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
https://www.facebook.com/hopetowneast
●その他の予定
第3回希望政策フォーラム「国家戦略特区は、何を狙うか」サテライト開催
6月6日(金)19:00〜20:50終了(18:30開場)
http://www.hayariki.net/tobu/forum.html
希望のまち東京in東部6月定例会:6月14日午後6時から
https://www.facebook.com/events/471527692977726/
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ