林田力 ブログ

マンション問題や警察不祥事、書籍や漫画の書評など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。江東住まい研究所長。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。 http://www.hayariki.net さいたま市の話題は林田力@さいたま市桜区ブログ

     林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

    FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
    http://hayariki.x10.mx/
    東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
    http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

    2014年11月

    【普天間】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「政府は日米関係を重視し、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場を同県名護市辺野古に移設する方針ですが、県や地元は反対しています。移設先についてあなたの考えに近いものを一つ選んで下さい」
    あきもと司「名護市辺野古」
    柿沢未途「名護市辺野古」
    吉田としお「国外」

    【尖閣】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化したことを評価しますか、しませんか」
    あきもと司「評価する」
    柿沢未途「無回答」
    吉田としお「評価しない」

    【中国】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「中国に対し、日本政府はどのような態度で臨むべきだと思いますか」
    あきもと司「強い態度で臨むべきだ」
    柿沢未途「強い態度で臨むべきだ」
    吉田としお「対立を避ける努力をすべきだ」

    【核武装】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「日本の核武装について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください」
    あきもと司「今後の国際情勢によっては検討すべきだ」
    柿沢未途「今後の国際情勢によっては検討すべきだ」
    吉田としお「将来にわたって検討すべきでない」

    【一院制】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「今の国会は衆議院と参議院の二院で構成されています。憲法を改正して、一院制にすることに賛成ですか、反対ですか」
    あきもと司「賛成」
    柿沢未途「賛成」
    吉田としお「反対」
    柿沢未途「衆参ねじれ国会で国政が機能不全に陥った事を考えれば、日本の二院制国会が、国政の迅速かつ的確な意思決定を阻んでいます。これを放置すれば、日本は時代の変化に即応するための必要な意思決定をできないまま、世界から取り残されていくのではないかと懸念されます。衆議院と参議院を統合する一院制、さらには国のリーダーを国民が直接選ぶ首相公選制を導入して政治の仕組みをダイナミックに変革する必要があります」
    http://www.hayariki.net/koto/tokyo15.html
    【女性宮家】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「政府は女性の皇族が結婚した後も皇族の身分を維持する「女性宮家」の創設を検討しています。あなたは賛成ですか、反対ですか」
    あきもと司「反対」
    柿沢未途「反対」
    吉田としお「反対」
    [asin:B00CRHWSTA:detail]
    [asin:B00DFJ2D6W:detail]

    特定秘密保護法無効確認訴訟(横浜)
    日時:2014年12月1日(月)13:00〜
    場所:横浜地方裁判所502号法廷(みなとみらい線日本大通り駅下車すぐ)
    2014年9月26日に提訴した事件です。
    http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
    立正佼成会附属佼成病院裁判・第2回口頭弁論
    事件番号:平成26年(ワ)第25447号
    日時:2015年1月15日10時
    場所:東京地方裁判所610法廷
    一人でも多くの方に傍聴支援をお願いします。この情報を拡散してください。

    #江東区 #災害 #防災 #市民 江東・生活者ネットワークは公開討論会「我がまちの防災にひと言」を江東区大島の総合区民センターで開催した。
    ずし議員。様々な立場の考えが共有できたことは貴重。

    質疑応答。江東区は湾岸地域に冷たい気がする。

    ケアマネージャー。認知症については連携連携と言いながら、連携されていない。災害時だけでなく、普段から支えていくことが課題である。色々なところから安否確認がなされたことがあった。安否確認の一元化も課題。

    林田力。自宅避難について、自宅が無事でもライフラインが使えなければ避難所に行かざるを得ないのではないか。東日本大震災ではエレベーターが停止したために避難所に行った超高層マンション住民がいる。
    回答。電気は5割くらいが被害を受ける想定で、復旧には7日見込まれる。
    回答。ライフラインが死んでいる状態ならば避難所も同じである。避難所は避難者の生活の場だけではなく、在宅避難者の支援拠点として考えていくべき。
    東日本大震災の支援物資で最も求められたものは、おむつなど水を使わなくてよい衛生物資である。
    参加者。個人情報保護法が連携の障害になっている。
    荒川の決壊による水害の危険性は実際のところどうなのか。
    回答。可能性は低いが、ないとは言い切れない。低い地域が存在することは事実であり、水害への考慮が必要である。

    お金の管理は誰か。
    管理組合が町会費を出している。管理組合と町会の役員を兼務している。

    年2回の防災訓練は大変ではないか。
    回答。定例行事にしている。参加者は80人くらい。フロアを指定して強制的に割り当てないと参加人数は増えないと考えている。

    自助が大切は分かる。誰が運ぶのかという問題がある。船の充実を江東区で検討していただけないか。耐震補助をして欲しい。避難所の充実を求める。マンションが潰れたならば持ち出せない。
    防災課長。屋形船の団体と協定を結んでいる。橋が低く、内陸は難しい。耐震診断には補助がある。

    公開討論。地域防災について。東京湾は大きな津波被害はない。内湾部はエネルギーが小さくなる。予想される最大の津波は海抜2・55メートルである。自宅の環境に合わせて対策する。

    マンションはまち、まちづくりは人づくり。築30年以上、466戸の分譲マンション。当初は全てを管理組合が担当したが、町会を別に作った。町会加入率は7割くらいだった。管理組合の一般会計から支出し、全員加入とした。災害協力隊は町会と管理組合の役員とOBがなる。津波を想定した避難訓練をしている。一階二階の人は三階に避難する。災害時要支援者の面談を今後予定している。ゴミの分別も居住者の協力を得ている。

    #江東区 #災害 #防災 #市民 江東・生活者ネットワークは公開討論会「我がまちの防災にひと言」を江東区大島の総合区民センターで開催した。高齢化と若者参加が課題。
    公開討論。マンションはまち、まちづくりは人づくり。築30年以上、466戸の分譲マンション。当初は全てを管理組合が担当したが、町会を別に作った。町会加入率は7割くらいだった。管理組合の一般会計から支出し、全員加入とした。

    このまちを守る…形だけではだめ、やらなければ意味がない。避難所に最初に到着する人は健常者である。助けを求める人を見かけたら、手を差し伸べて欲しい。落ち葉が排水溝に詰まると水が溢れる危険があり、掃除している。そのようなことも日常の貢献になる。

    私たち一人ひとりが取り組む防災対策。災害は突如として大切な人の命を奪う。一度は高台に避難したが、自宅に忘れ物を取りに戻って津波に遭った。日頃から備えをする。点検する。自助の取り組みが被害を軽減させる。避難所生活は快適ではない。自宅が無事ならば自宅にとどまる。避難所で生活しないための備えをする。家庭にあるものでできることは沢山ある。

    問題提起。共助があることで秩序が維持される。阪神淡路大震災で生き埋めからの救助は共助は三割、救助隊は2%弱しかない。災害協力隊は地域防災力を高めることができる。母体組織の構成員全員が災害協力隊員であることを認識していない。女性の参加を考えていない団体が約6割。
    防災資機材を十分に備蓄することは不可能である。工務店など地域にある防災資源を探して防災マップをつくる。避難所の毛布は場所をとらずに大量に備蓄するため、薄い。自宅から毛布を持ち寄る。防災資機材は訓練だけでなく、平常時から積極的に活用を。自分のところで全てやろうではなく、連携を図って進めて欲しい。
    住民一人ひとりの災害時の役割を明確にする。小グループで安否確認する体制を構築する。地域全体で安否確認することは大変である。災害時の担い手を確保することにもなる。一人ひとりの役割がないから、防災訓練の参加者が少なくなるのではないか。

    #希望のまち東京IN東部 #解散 #衆院選 #投票 日本海賊テレビは毎週金曜日に今週一週間を振り替える生放送を開始した。第一回目は解散総選挙をテーマとする。林田力も出演した。希望のまち東京IN東部「選挙に行こうプロジェクト」の投票呼びかけチラシを紹介した。
    番組では野党共闘への期待が高い一方で、民主党にダメ出しを求める声が強かった。但し、左翼には旧社会党を理想として民主党左派が前面に出ることを期待する傾向があるが、それは普通の有権者には逆効果になる。民主党の中の社会的な要素と言えば、仙谷由人というキャラクターであったり、枝野氏が人殺し集団との関連を指摘される労働組合から献金を受けていたりなどである。有権者にとってマイナスイメージでしかない。左翼が自分の視点で論じても仕方がない。
    政権交代時の民主党は良かった。自民党はゼネコンや農協など中間団体を通して豊かにすることを目指そうとする。しかし、そこには利権が発生する。これに対して民主党は子ども手当てや農家所得補償など個人に直接資金を提供しようとした。それはバラマキと批判されたが、中間団体経由のバラマキの方が無駄が発生する。

    番組では冒頭に不信任案が出されていない状況で安倍晋三首相が解散することの是非が問題提起された。首相の解散権について憲法学説は様々あるが、ドイツ連邦共和国のように不信任案が出された場合のみ解散できるとの考えが主流にはなっていない。但し、解散権は歴史的には、国王が意に沿わない議会の議員を罷免する国王大権に由来する。そのために国民主権を徹底した国家において解散権が必要かは議論がある。現実に過去のフランスは、そのようなスタンスであった。

    #希望のまち東京IN東部 #墨田区 #錦糸町 #選挙 希望のまち東京IN東部「選挙に行こうプロジェクト」。皆様、12月14日(日)の衆議院議員選挙に必ず投票にいきましょう。
    以下は私見である。望ましい政権の相対多数は自民党公明党以外の政権であった。しかし、現状と安倍晋三以外の自民党政権を加えると自民党公明党以外の政権を上回る。安倍晋三は嫌いという有権者にどのように訴求させるかがポイントになる。回答者には自民党公明党以外の政権を選択せず、その他を選択し、共産党政権と答えた人もいた。いわゆる野党連合と共産党支持の間の溝の深さを感じた。野党協力の形が見えたことで盛り上がる人々がいることは確かであるが、野党連合か自民党公明党かの二者択一になったら盛り下がる人々が出ることも否めない。

    #ブラック士業 #ブラック企業 #裁判 #士業 ブラック士業は倫理観が欠けている。苦しむ人々への共感能力もない。強者に媚びて弱者に強圧的なダブルスタンダードである。自分達の犯罪の現実をろくに見ていない。天使が善を目指しても、ブラック士業は堕落する。
    ブラック士業は金の亡者である。嫉妬と欲望がブラック士業の原動力である。求めるものは報酬であり、短期的利益である。
    ブラック士業の手口は何とかの一つ覚えである。ブラック士業は依頼人から命令されれば、嘘をつくことも、何かを盗むこともいとわない。何しろ自ら公正中立ではないとホームページで宣言しているくらいである。嘘を糊塗するために嘘を繰り返す。ブラック士業の言葉をナイフのように感じた。無意識のうちに腹を手でかばった。
    ブラック士業が本気で破壊を望んでいることが問題である。被害者は胃を締め付けられる思いをさせられた。被害者はボロボロであった。叩かれ、切られ、焼かれ、凍っている。黙らせられたら負けである。

    #希望のまち東京IN東部 #墨田区 #錦糸町 #選挙 希望のまち東京IN東部「選挙に行こうプロジェクト」。
    今回の工夫は回答によって貼るシールの色を統一したことである。見やすくした。但し、望ましい政権を尋ねる設問は回答選択肢自体に分かりにくい点があり、改善が必要である。
    雨のために高架下で実施した。途中から晴れたため、北口駅前の広場で実施した。やはり晴れた状態の駅前広場の方が反応はいい。
    錦糸町は南口と北口で雰囲気が異なる。南口の反応は低調であった。
    亀戸や北千住は雨天決行。雨でも活動できる場所がある。雨天の可能性を考慮して立石にする。立石の商店街にはアーケードがある。
    シール投票の意見。選挙にかかる費用は無駄である。
    アベノミクスで収入が増えた人はシール投票なんかやらない。
    トヨタ自動車が利益をあげているのに税金を納めていないのは不公正である。
    給料が減った。共産党政権を望む。わざわざ遠くからシールを貼りに来た。
    民主党政権を望む。
    カメラ回ってないと確認して共産党政権を望むと答えた人もいた。
    以下は私見である。シール投票結果はアベノミクスで収入が減ったと答えている人が多かった。アベノミクスの是非は争点隠しではなく、正面から対抗軸を打ち出す必要を感じた。逆に経済政策を無視して脱原発や護憲ばかりを言い立てる方が国民の生活から遊離することになる。
    一方で少数であるが、アベノミクスで収入が増えたと力強く答える人もいた。アベノミクスが持続可能な政策であるかという視点も重要である。
    民主党への不信感の強さが印象に残った。自民党公認候補の集まりに参加したが、そこでも「あの民主党政権に戻していいのか」との論調であった。シール投票ではマスメディア流の野党連合への反発からか共産党政権を希望すると明言する声もあった。日本海賊テレビで論じられたように野党共闘への期待が高まっていることも事実であるが、自民党公明党連立政権か野党連合かの二者択一は有権者のニーズを拾えず、その選択肢を狭めてしまう面もあると感じた。

    #希望のまち東京IN東部 #解散 #衆院選 #投票 希望のまち東京IN東部「選挙に行こうプロジェクト」は錦糸町でシール投票などを実施した。アベノミクスで収入が増えた44中5、変わらない15、減った22、その他2。その他はアベノミクスが分からない。
    現状11、自公以外14、安倍晋三以外の自民党8、その他11。その他には分からない、共産党などがあった。
    回答選択肢を次回から帰る。自公政権(安倍首相)、自公政権(安倍首相以外)、野党政権、その他。共産党政権の回答は「その他」に分類する。「シール投票をやっています」「選挙に行きましょう」のボードを用意する。置いておいて自由に貼ってもらう。
    意識調査のボードは良かった。何だろうと思ってくれた。
    民主党政権は自民党に足を引っ張られたことを分かっていない人が多い。
    ネットだけでは情報が片寄る。

    以下の意見が寄せられた。
    誰がやっても変わらない。
    中小企業経営者で経営が苦しい。
    株関係に携わっており、収入が増えた。長い目で見て欲しい。
    国そのものが変わらないと変わらない。上だけ変わっても変わらない。

    希望のまち東京IN東部・錦糸町シール投票意見。国そのものが変わらないと変わらない。
    安倍晋三首相は悪くないが、押しが弱い。
    消費税が上がったら、やっていけない。しかし、どこが政権をとっても上げざるを得ない。
    安倍晋三首相から別の人に変わったならば、また一からやり直しになる。
    現状以外の政権を望むが、具体案は考えていない。
    年金が減った。夫婦で減った。
    七百億円をかけて選挙するならば福祉に回して欲しい。困っている人は沢山いる。
    安倍晋三首相になってメチャクチャになった。
    希望を持てるのは安倍首相のみ。安倍晋三首相は好き。自民党全体には何だかという思いがある。家族は自民党と共産党に分かれた。共産党は、ある程度存在した方がいい。
    民主党は信じられない。民主党政権は信じていなかった。マニフェストは実現したらいいとは思っていたが、現実性がないと思っていた。
    消費税増税は早すぎたと思うが、インフレが進めば消費税分は進む。
    マスメディアは不公平である。公平な報道の要請は当然である。小渕大臣や松島大臣の問題は大したことないが、マスメディアはバッシングする。枝野氏がテロリスト集団の革マルから献金を受けていた問題は騒がない。小学四年生を詐称したサイトも民主党関連が指摘されている。
    供託金が高額のため、金持ち同士の戦いになる。

    【原発再稼動】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「原子力規制委員会は、原発の再稼働に関する新たな安全基準を策定中です。今後の原発再稼働について、あなたの考えに近い方を選んで下さい」
    あきもと司「無回答」
    柿沢未途「再稼働は認めず、廃炉とすべきだ」
    吉田としお「再稼働は認めず、廃炉とすべきだ」
    http://hayariki.net/koto/tokyo15.html
    【原発ゼロ】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「2030年代の原発稼働ゼロを目指す政府の目標について、支持しますか、しませんか」
    あきもと司「支持する」
    柿沢未途「支持しない」
    吉田としお「支持しない」

    【復興予算】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「東日本大震災の復興予算について、被災地以外の防災対策に使うのを認めても構わないと思いますか」
    あきもと司「被災地に限定すべきだ」
    柿沢未途「被災地に限定すべきだ」
    吉田としお「被災地に限定すべきだ」

    【TPP参加】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「輸出入関税を原則ゼロにする環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加に賛成ですか、反対ですか」
    あきもと司「賛成」
    柿沢未途「賛成」
    吉田としお「反対」

    【TPP農業】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「TPPの農業分野への対応について、あなたの考えに最も近いものを一つ選んで下さい」
    あきもと司「コメなど可能な限り多くの例外品目を設けるべきだ」
    柿沢未途「非該当」
    吉田としお「農業分野の関税はすべて守るべきだ」

    【憲法改正】
    あきもと司「自らの国は自らで守るという「普通の国」を目指し、国民主権・平和主義・基本的人権の尊重を柱にしながら、国際貢献・教育・環境など現代社会に適合する概念を盛り込むべく、憲法改正の実現を目指します」
    毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「あなたは憲法改正に賛成ですか、反対ですか」
    あきもと司「賛成」
    柿沢未途「賛成」
    吉田としお「反対」

    【集団的自衛権】
    あきもと司「集団的自衛権の行使を認めるという事は普通の国であり、集団的自衛権の行使を認めていない国はわずかであるので、日本も国際社会の一員として、我が国国民の生命と財産を守るためにしっかりとした防衛力体制を求めるという事は当然の事であります」(今月のひとこと2014年05月)
    柿沢未途「集団的自衛権の過去事例はベトナム戦争、アフガン戦争といったもので今回の閣議決定が指し示す行為とはかけ離れている。国際司法裁(ICJ)ニカラグア判決も「他国防衛説」を採用し今回の閣議決定の根拠と見られる「死活的利益説」は少数派」(柿沢未途「日々是修行」「7月6日に投稿したなう」2014年07月07日)
    維新の党「憲法に定められた日本国民の平和的生存権や生命、自由及び幸福の追求権の趣旨を鑑みれば、仮に、我が国が直接的に武力攻撃を受けていない状況下であっても、密接な関係にある他国に対する攻撃の結果、我が国に戦火が及ぶ蓋然性が相当に高く、国民がこうむることとなる犠牲も深刻なものになる場合には、それを阻止し我が国を防衛するために「自衛権」を行使することは憲法解釈として許容されるものと考えられる」(「消費税・原発・自衛権に関する見解」2014年9月26日)
    吉田としお「戦争する国づくりストップ」
    日本共産党「集団的自衛権行使とは、日本の国を守ることでも、国民の命を守ることでもありません。アフガン・イラク戦争のような戦争で、米軍と自衛隊が肩を並べて戦争を行う――「海外で戦争する国」づくりこそその正体だということは、いまやはっきりしたのではないでしょうか」(「日本共産党の躍進で安倍暴走ストップ、政治を変えよう 解散表明を受けて 志位委員長の第一声」赤旗2014年11月20日)
    毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すべきだと思いますか」
    あきもと司「見直すべきだ」
    柿沢未途「見直すべきだ」
    吉田としお「見直す必要はない」
    Articles about Election and Politics (Japanese Edition) - Kindle edition by Hayashida Riki. Politics & Social Sciences Kindle eBooks @ Amazon.com.
    http://www.amazon.com/dp/B00P6L27O0

    #医者 #内科 #医療事故 #医療ミス 立正佼成会付属佼成病院(東京都中野区)で胃がんの内視鏡検査を受けた都内に住む女性(80)が、高濃度の検査薬を誤って投与され重体となった医療事故で、女性は死亡した。恐ろしい医療事故である。正当な批判に対する不当な抑圧は、専門家としての人生を棒にふり、自分達の誤りを証明するだけに終わる。悪役としてスポットライトを浴び、それを楽しむ人間は不愉快である。卑劣な自惚れ屋である。愚者は学習せず、反応するだけである。
    警視庁は業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査している。検査で死にいたらしめられることは、やりきれない。絶望感にさいなまれる。地雷原に立たされている気分になる。同じ病院では小児科医の過労自殺も起きた。
    女性は9月22日、胃の内視鏡検査を受けた際、男性内科医(34)から通常より高濃度の酢酸を検査薬として散布されたため容体が急変。消化管が壊死(えし)し、緊急搬送された病院で緊急手術を受け入院していた。高齢者にとって手術そのものが極めて危険である。本来ならばする必要がない手術を受けることになった。この内科医は早く検査を終わらせるために臭いで判断したという。悪魔的な振る舞いである。書類送検された時点で別の病院に内科医として勤務していたという。

    このページのトップヘ