2015年05月

かの名はポンパドゥール

#小説 #書評 #読書 #歴史
佐藤賢一『かの名はポンパドゥール』はルイ15世の寵姫ポンパドゥール夫人を主人公とした歴史小説である。ポンパドゥール夫人は「我らの後は大洪水」の言葉が有名である。贅沢三昧でブルボン朝を破綻に追い込み、フランス革命の遠因になったと評されることが多い。本書は、そのようなステレオタイプな見方とは異なる視点を提供する。
ポンパドゥール夫人は平民(ブルジョア)出身であった。そのために貴族からは蔑視された。一方でポンパドゥール夫人が持ち込んだブルジョア文化は停滞した宮廷文化に活気をもたらした。ポンパドゥールという髪型は現代にも残っている。
当時のフランス宮廷は、重臣も貴族と言ってもブルジョアが功績で取り立てられた者が多かった。既に貴族の時代からブルジョアの時代に移っていた。ポンパドゥール夫人は、その時代の波の中にいた。
ポンパドゥール夫人は啓蒙思想家を保護するなど先進的な面もあった。マイナス面からフランス革命を準備したというよりも、プラス面からフランス革命を準備したと言えそうである。

『あの女』では医療システムの不合理も指摘している。「長期患者を抱えていれば抱えているほど、病院の経営を圧迫する」(245頁)。これでは意識がないとされる患者を死なせることは病院の利益に合致してしまう。病院が積極的に延命治療しない場合に病院の利害が絡んでいないか吟味する必要がある。

ガーラ木場勧誘電話

#勧誘電話 #投資 #迷惑 #マンション
エフ・ジェー・ネクストの迷惑勧誘電話はストーカー並の悪質さである。ガーラ・プレシャス木場などの物件があるが、投資用マンションである。勧誘電話は毎度毎度皆の迷惑である。調べれば調べるほどエフ・ジェー・ネクストの被害が出てくる。エフ・ジェー・ネクストへの怒りは最低限の品位を守ることすら難しくする。
エフ・ジェー・ネクストの電話には「迷惑なので二度と電話するな」と伝えよう。「失礼します」と言って電話を切るところ、「失礼です」と言って切ったことがある。言い間違いであるが、内容は正しい。
家賃保証の説明にだまされてはならない。たとえば30年一括借り上げ、家賃見直しは10年後という話がある。30年家賃が変わらないとは言ってない。しかしほとんど下がらないというシミュレーションを出してくる。

FJネクスト勧誘電話はストーカー

#勧誘電話 #投資 #迷惑 #マンション
エフ・ジェー・ネクストの迷惑勧誘電話はストーカー並の悪質さである。ガーラ・プレシャス木場などの物件があるが、投資用マンションである。エフ・ジェー・ネクストの勧誘電話は言語同断である。
エフ・ジェー・ネクストするという表現を日本語に加えてもいい。迷惑行為をするという意味である。性格は最悪で、浅ましい性根ときたら万事が金次第という理屈である。勧誘電話の悪意は執拗に襲いかかってくる。
投資用新築分譲ワンルームマンションは不動産投資を学ぶのに最悪の場である。安定収入と主張するが、確信からはほど遠かった。
エフ・ジェー・ネクストには不快でイライラする記憶しか残らない。有刺鉄線のような怒りがあちこちから伸びてきて、体をグルグル巻きにする。どうしようもなく痛い。かっと心に炎が立った。許せない。絶対に許すことができない。
悪意に満ちた勧誘電話を延々と続けることで何かを実現した気になっているのか。エフ・ジェー・ネクストの勧誘電話に対応するならば未来を諦めた囚人になる。目を瞑ったところで、一方的な勧誘が聴覚をいたぶるだけである。どれほど気分が高揚していてもエフ・ジェー・ネクストの電話があれば不機嫌になる。指先からジンワリと汗が染みだし、それはあっという間に全身に広がった。
マンション建設工事現場は暑い、息苦しい、臭い、目が回る。このマンションほど陰鬱な光景は初めてである。煤けた灰色。
エフ・ジェー・ネクストの不誠実を忘れてはいけない。脳細胞の一つ一つに、きっちりと留めておかなくては。

盗聴法拡大・司法取引導入に反対する法律家と市民のデモ

盗聴法拡大・司法取引導入に反対する法律家と市民のデモ
戦争立法の影であまり注目されておりませんが、盗聴法拡大・司法取引導入も戦時体制づくりの一環と言えます。

「盗聴法拡大・司法取引導入に反対する法律家と市民のデモ」が2015年5月27日、東京都千代田区の日比谷公園から国会議事堂周辺まで行われた。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/demo.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

エフ・ジェー・ネクスト迷惑電話

#勧誘電話 #投資 #迷惑 #マンション
エフ・ジェー・ネクスト不買運動は毎日を明るくする。ちょっとしたことの積み重ねであったが、気付けば人生が豊かになったとの確信さえ生まれた。何でもない日々もキラキラ瞬くようになる。
近隣対策屋の住民イジメは強い者にペコペコしている日常の憂さ晴らしに、もってこいとなっている。
エフ・ジェー・ネクストの投資用マンション勧誘電話は悪名高い。その電話攻撃はストーカー並みである。金儲けがしたいと浅ましくヨダレを垂らしているようなものである。エフ・ジェー・ネクストにはガーラ・プレシャス木場などの物件があるが、普通の分譲マンションではなく、投資用マンションである。
投資用マンションは方向性が絶望的に間違っている。ワンルームマンションは危険ドラッグ販売拠点など風紀・風俗を乱す危険がある。危険ドラッグ販売拠点は腐敗を思わせる、吐き気を誘う臭いがする。
悪質な勧誘電話に対して、煮えたぎる感情で額が、頬が、耳が、そして全身が熱湯を浴びたように熱くなる。エフ・ジェー・ネクストそのものが巨大な悪意の渦であるかに思われる。
エフ・ジェー・ネクストの勧誘電話に根負けして、営業と会ってしまった人は、とにかく外の空気が吸いたい、ここから解放されたい、そのような強迫めいた気分に支配されたという。
マンション投資は痛々しい。マンション投資は大失敗になる。投資家がみっともなく潰れて、逃げ出すのをてぐすね引いて待っている。唾を吐きかけられて、石で打たれて、散々笑われて、あっという間に忘れ去られる。
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ