2017年04月

FJネクストは障害

de30b799.png
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は消費者や住民の障害である。迷惑勧誘電話でワンルームマンションを販売することはフィデューシャリー・デューティー(Fiduciary duty)に違反する。ワンルームマンションは住環境を破壊する。東京都千代田区の「六番町奇数番地地区計画」は「ワンルーム形式の集合住宅が集中することを避け、定住を目的とした住宅を供給するよう誘導する」と定める。

オラガ総研の牧野知弘社長は不動産が負債になると指摘する。「価格が一定以上下がってしまい、売ることもできず、貸すこともできず、かといって誰も使わないということになれば「負債」といっても過言ではありません」(柳生譲治「「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も」日経ビジネスOnline 2017年4月18日)

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設には暗黒的な邪悪さがある。迷惑勧誘電話の声の色は邪欲に満ちた鉛色である。目に見えるような邪悪な気配に包まれている。それは貪欲の子であり、不公正の兄弟であり、危難の父である。FJネクストのように消費者や住民を不幸にしながら、生き急ぐことに一体どのような価値があるというのか。短期間で金を稼ごうとすると、色々な人に負荷がかかる。

FJネクストの消費者感覚の欠如は異常である。あまりに悪徳不動産業者の常識を固持し続けている。全ての面において消費者感覚と正反対である。FJネクストの消費者無視の体質は、自社社員を乗せるために搭乗していた乗客を無理やり引きずり降ろした米ユナイテッド航空と重なる。迷惑電話や悪質マンション建設を繰り返すFJネクストに親切にする必要はない。
http://www.hayariki.net/poli/marx.html
[asin:B00OWSLBUE:detail]
[asin:B00P6L27O0:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B01N3BVU29/

共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法

共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法
インターネット動画放送局「日本海賊TV」では共謀罪(テロ等準備罪)の特集番組を放送します。私は「共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法」を担当します。
http://www.hayariki.net/poli/kanshi.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回「空き家活用」

希望のまち東京in東部読書会第38回「「世界史の構造」を読む」
希望のまち東京in東部は2017年4月29日(土)、読書会第38回「「世界史の構造」を読む」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『「世界史の構造」を読む』から「生産点闘争から消費者運動へ」を取り上げる。
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html

以下は予定ですが、テーマが差し替えられる可能性があります。

希望のまち東京in東部第39回読書会「世界共和国へ」
柄谷行人『世界史の構造』の最終章「世界共和国へ」を取り上げます。いよいよ最終章です。
日時:2017年5月13日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回「空き家活用」
希望のまち東京in東部の原点である空き家の活用を議論します。
▼とき:2017年5月11日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。時間がある方は参 加よろしくお願いします。お気軽にご参加ください。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

Re: 再配達問題、ヤマト運輸の疲弊

林田です。
昨日はプレ・プレミアムフライデーということにして、国土交通省にて外環道の意見陳述をしてきました。

一昨日は下記のように書きました。
> 外環道の陳述は明日も行いますが、そこでは再発立つ問題の取り組みを評価するスタンスは維持しつつも、そのあたりも触れたいと思います。

以下が陳述内容です。
***
環境省は再配達の負担を減らすために「COOL CHOICEできるだけ一回で受け取りませんかキャンペーン〜みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト」を始めました。そのキックオフイベントを2017年3月29日に開催しました。環境省に比べると、環境破壊の外環道建設に固執する国土交通省の古さが際立ちます。外環道は土地の合理的な利用ではなく、都市計画法に違反します。

再配達問題解決の取り組みは、外環道を建設して渋滞を解消しようとする国土交通省に比べれば、はるかに的を射ています。それでも現在の対策は、宅配ボックスを個人宅に設置させる、消費者に駅などの宅配ボックス設置場所に取りに来させるなど、消費者の負担と努力で問題を解決させようとしています。この点で依然として日本の官僚的な発想です。
これに対して企業間取引のEDIの世界ではAdvanced Shipping Notice; ASNというものがあります。従来は企業間の取引では商品と伝票が同時に送られていました。これに対してASNは事前出荷通知で、納品内容や納品日時を商品搬送前に電子的に送付します。商品を受け取る企業は納品内容と納品日時を把握できるため、事前に要員計画や準備ができ、効率的な商品搬入が可能となります。
個人宅への再配達が負担になっているならば、このようなシステムを消費者取引にも応用することで解決していくべきです。社会問題は、国民に理解と協力を一方的に求める官僚的な発想ではなく、サービス業の精神で解決していくべきです。
***

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東急建設の瀬上沢の自然破壊

東急建設の瀬上沢の自然破壊について話がありました。
過去に書いた記事です。

FJネクストと東急建設・上郷開発の自然破壊
FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)のガーラ・グランディ木場新築工事(江東区東陽)と東急建設の上郷開発(横浜市栄区上郷町猿田地区)は自然を破壊する。ガーラ・グランディ木場新築工事は緑地を10階建てワンルームマンション、上郷開発は里山を住宅地や商業地として開発する。
http://tokyufubai.web.fc2.com/kamigo.htm

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ