2017年09月

日本海賊TVで江東ナンバー

9c3a58c6.png
インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年9月27日、「江東ナンバーをご当地ナンバーに検討」を取り上げた。コメンテータは小野寺通(緑のハーモニー調布代表)、山内和彦(元川崎市議会議員)、林田力(希望の塾第一期生)、田淵隆明(公認システム監査人)、石川公彌子(政治学者)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。

これまで私のテーマは「今週の東急」「今週の佼成病院」という形で取り上げてきた。今回は趣向を変えて「今週の江東区」とした。ここで使用した資料は林田力TV第3回(2017年9月26日)でスライドショーとして放送した。

「ご当地ナンバー」は希望のまち東京in東部市民カフェ第166回「生活支援サービス事業」(2017年9月28日)でも話題になった。東部地区では葛飾区でも「ご当地ナンバー」を検討している。経済効果が不明確である、無駄な税支出をするのではないかという疑問の声も出ている。「金八アゴラ」では他に以下の話題を取り上げた。
・希望の党、リセットして代表は小池百合子氏
・明日、衆議院、加計隠し解散
・小池氏衆議院比例に出馬か、どうなる新都知事
・ビットコインは詐欺通貨?波紋広がる
・都公明、都民ファーストに絶縁状
・ナチス政権による参議院廃止
・若狭勝の一院制はどうなる
http://www.hayariki.net/koto/koe.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

読書会第52回「企業と社会のマネジメント」

希望のまち東京in東部読書会第52回「企業と社会のマネジメント」
重本直利『もしマルクスがドラッカーを読んだら資本主義をどうマネジメントするだろう』(かもがわ出版、2012年)から第4章「企業と社会のマネジメント」以下を取り上げます。
日時:2017年10月28日(土)午後2時??4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は本を紹介しながら話し合うスタイルです。発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。
http://www.hayariki.net/tobu/
10月7日14日21日の読書会は休みです。

希望のまち東京in東部読書会第51回「ドラッカーの目標管理・自己管理」のレポートです。
希望のまち東京in東部読書会第51回「非営利組織の戦略」が2017年9月30日(土)、東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催された。重本直利『もしマルクスがドラッカーを読んだら資本主義をどうマネジメントするだろう』(かもがわ出版、2012年)から第2章「ドラッカーの目標管理」、第3章「ドラッカーの自己管理」を取り上げた。
http://www.hayariki.net/tobu/mtg.html

希望のまち東京in東部事務所の蔵書の書評です。
鳴く虫の捕り方・飼い方
http://www.honzuki.jp/book/253746/review/186158/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/


消えた修道女上巻

#書評 #小説 #歴史
日本海賊TVでは衆議院の解散が話題になった。私は首相の解散権を制約する意見に賛成した。議会の解散は国王大権に由来する。国王が言うことを聞かない議員を全員首にできる権限である。君主制の名残であり、主権在民にふさわしくないためである。
同様に歴史的に見れば一院制も頭ごなしに否定されるものではない。日本の二院制は明治憲法に由来し、貴族院は華族制度を前提とした。既得権やしがらみを否定する政治勢力が一院制を唱えることは、それなりに筋が通っている。

『消えた修道女』は中世アイルランドを舞台とした歴史小説である。ローマ・カトリックやゲルマンと異なるアイルランドの法制度が物語の背景にある。それは現代人には馴染みが薄い。そこは異国の僧侶であるエイダルフが読者の代わりに質問する役割を果たしている。
エイダルフは、良きワトソン役になっている。医学の心得のある点もワトソンと重なる。長旅に疲れ果てて弱音を吐く描写は、一緒に旅するフィデルマのタフさを浮かび上がらせる。
フィデルマは理知的な人物である。端から見ると非情な判断も下す。面白い点は、恐怖に心を乱されていると冷徹になることである(274頁)。

機動戦士ガンダム漫画レビュー

3d776b54.jpg
#ガンダム #機動戦士ガンダム #マンガ
東急リバブル東急不動産エフ・ジェー・ネクストをリセットしよう。
メッセージはメールが使えないところで使っているだけです。メッセージの回答を求めるものではありません。
治療に対する意識の違いとして、たとえ本来的意味の延命治療であったとしても説明義務を果たしていないという考えがあるかもしれません。それは考えとしては正しいですが、延命治療ならばハードルが低くていいという考えが相手にあると相手の土俵に乗ってしまうことになります。また、説明義務ではクリアしても回復の見込みがないことになるので損害賠償が厳しくなります。
教科書的な法律論は論理の世界であり、予備的請求は予備的請求として主位的請求を判断した後で判断しなければならないものです。学問的には論理の機械に徹することが良い裁判官となりますが、所詮裁判官は人間です。予備的請求をすると負けを認めたと扱われるのではないかと思われ、予備的請求は避けるべきと言えるかもしれません。
ただ、そこを極めると尊厳死や安楽死の判例から説明することの是非も考える必要が出てきます。

[だまし売り]
林田力ページ
https://www.facebook.com/hayariki/
●Youtube
https://www.youtube.com/user/tokyufubai
FJネクスト不買運動へのクレーマー
http://hayariki.hatenablog.com/entry/2016/01/29/000923
FJネクスト不買運動を優待
http://tokyufubai.exblog.jp/22309457/
林田力 東急不動産だまし売り裁判
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/
東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った
http://hayariki.zero-yen.com/
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/

林田力『機動戦士ガンダム漫画レビュー』は『機動戦士ガンダム』シリーズを中心としたアニメや漫画のレビュー集である。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告の立場からのレビューである。
東急リバブル東急不動産に苦しめられた立場から観ると、『機動戦士ガンダム』シリーズは地球連邦の腐敗が目に付く。地球連邦は官僚主義や縦割り行政、事なかれ主義が蔓延した組織である。
地球連邦のような巨大な政府は政治的には中央集権、経済的には巨大な収奪と浪費、社会的には停滞をもたらす。地球連邦がスペースノイドを苦しめるようなことをしなければ、戦争は起きなかった。地球連邦を倒すことが先決と思えてくる。

【書名】機動戦士ガンダム漫画レビュー/キドウセンシガンダムマンガレビュー/Mobile Suit Gundam and Comics Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

『機動戦士ガンダム』連邦の腐敗
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN第17巻』テレビ放送時との時代の相違
めぐりあい宇宙編
『ガンダム 0083 ジオンの残光』連邦の卑劣
『ミラーズ・リポート』連邦の非人間性
『機動戦士ガンダムUC』連邦の腐敗
『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』
『機動戦士ガンダム サンダーボルト』
『機動戦士ガンダム サンダーボルト5』
『機動戦士ガンダム サンダーボルト 6』連邦の軽薄
『機動戦士ガンダム サンダーボルト 7』連邦の野蛮
『機動戦士ガンダム アグレッサー』連邦の腐敗
『機動戦士ガンダム アグレッサー 2』
『機動戦士ガンダム アグレッサー 3』連邦のゲス
クロスボーンガンダム
『シャアの日常』
機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED(TBS 2003.2.1)
機動戦士ガンダムSEED(TBS 2003.3.22)
機動戦士ガンダムSEED(TBS 2003.4.12)
非科学的要素
『機動戦士ガンダム00』2ndシーズン放送開始
ガンダム新作『機動戦士ガンダムAGE』は原子力を描くのか
コードギアスR2第5話衝撃の結末
コードギアスに見る日本人の弱さ
世界に反逆する主人公『コードギアスR2』最終回
『新世紀エヴァンゲリオン』
『碇シンジ育成計画 第12巻』碇ゲンドウの活躍
『銀河英雄伝説 英雄たちの肖像』
『空母いぶき 7』
『デッドマン・ワンダーランド』第9巻、現実の先を行く絶望的な展開
『デッドマン・ワンダーランド』第10巻、理不尽さの際立つ展開
『デッドマン・ワンダーランド』第11巻、目を背けていた過去を直視
『黒執事』第12巻、ゾンビによるパニックと貴族精神
本田真吾『ハカイジュウ』第5巻
『インセクツ』
『FAIRY TAIL(30)』
『FAIRY TAIL(31)』格差社会では修業よりも仲間との絆
『FAIRY TAIL(32)』
『FAIRY TAIL(34)』
『エア・ギア』第31巻、ゴスロリ女装男子の絆
『エア・ギア』第32巻、努力と友情の力で天才に勝利
『エア・ギア』第35巻、上空よりも大地に価値を見出す
『エア・ギア』第36巻
テロと戦うサスペンス『BLOODY MONDAY 第8巻』
『BLOODY MONDAY Season 2 絶望ノ匣』
『BLOODY MONDAY Season 2』第6巻、ハッカーと工作員がラブラブに
『進撃の巨人』
『銀の匙 Silver Spoon 2』畜産農業の多様性
『銀の匙 Silver Spoon 3』主人公の個性
『ヨルムンガンド』第10巻、不気味な武器商人の意外な一面
『白竜LEGEND 38』ドラッグは悪
『ばくだん!幕末男子』
『無頼伝 涯』
『僕はビートルズ』
『青の祓魔師』
『マギ』
『マギ 15』
『魔法使いの嫁』
『魔法使いの嫁 2』危険ドラッグと重なる
『魔法使いの嫁 3』卑怯者への反撃はカタルシス
深夜アニメ

鳴く虫の捕り方・飼い方

d37dfe43.jpg
#書評 #昆虫 #昆虫採集
『鳴く虫の捕り方・飼い方』はキリギリスやスズムシ、コオロギなど美しく鳴く虫の捕り方と飼い方を解説した書籍である。私は子どもの頃に遊びで採集したことはあるが、大人の作業となると本格的で奥深い。
昆虫採集や飼育は生命を扱うものであり、責任がある。同じ場所で採取を続けると数が減少する危険が高いために複数ポイントの確保を求める(37頁)。プロの漁業者のような配慮である。
本書は捕らえた虫を棲んでいた所と別の場所で放すことを厳禁する(50頁)。遺伝子を撹乱し、生態系を乱すためである。一度飼い始めたら、最後まで責任をもって飼育することを求める。犬猫のペット引き取り屋が社会問題になったが、昆虫飼育でも飼育者の責任は重い。
怖い点は野菜を餌として与える際に残留農薬があると良くないために十分な水洗いを求めていることである(46頁)。虫の生育に悪いならば人間の体にも悪そうである。人間が食べる時も注意したい。
もう一つ怖い点は虫が死骸を食べてしまい、一度味を覚えたら、共食いの癖がついてしまうとの指摘である(50頁)。人肉食はタブーであるが、それがタブーであるのはタブーとされているからであって、食べてみたら癖がついてしまうかもしれない。
最後に子どもの遊びで昆虫採集した経験から振り返ると本書の昆虫採集は本格的であるが、遭難や害獣に噛まれるという危険と隣り合わせである。本書は危険の回避方法も丁寧に解説しているが、それで子どもが完全に避けられるとは思わない。これはマンション建設などコンクリート化で都市部の緑地が減り、遠方まで採取に出かけなければならなくなったことがあるのではないか。昔と比べて宅地が進んだことは著者もコラムで書いている(147頁)。それは著者よりも若いロスジェネ世代の私も実感している。

東急不動産は東急不動産だまし売り裁判で恥をさらすどころか上塗りした。東急リバブル東急不動産エフ・ジェー・ネクストは歴史を学ばないことに定評がある。
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ