林田力 だまし売りのない世界へ

マンション問題や警察不祥事、書籍や漫画の書評など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。江東住まい研究所長。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。 http://www.hayariki.net さいたま市の話題は林田力@さいたま市桜区ブログ

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

2018年01月

私本太平記

吉川英治『私本太平記』は太平記を題材にした歴史小説である。足利尊氏を主人公とする。NHK大河ドラマの原作となった。皇国史観では南朝を正統とし、尊氏は逆賊・大悪人に位置づけられていた。それ故に尊氏を主人公として描くことは画期的なことであった。但し、皇国史観の洗礼を受けていない私は尊氏にマイナスイメージを持っておらず、画期性にピンとこない。勤皇思想もないので、尊氏が建武の新政から離反することも無理がないという感覚である。

尊氏は後醍醐天皇を嫌悪している訳ではないが、後醍醐天皇を擁する体制が合わない。尊氏にも煮え切らなさがある。そこに勤皇で一刀両断する皇国史観から攻撃される素地がある。本書は尊氏の抱える矛盾を丁寧に描いている。

本書は皇国史観が当たり前だった人々にとっては新鮮な尊氏像を提示したが、そうでない人々には婆娑羅(バサラ)の佐々木道誉という強烈なキャラクターが印象に残る。もっとも、道誉が政治的に活躍した時期は二代将軍義詮の補佐としてである。道誉を主人公とした物語も読みたくなった。

太平記では兄弟の活躍が目立つ。足利も新田も楠木も個性の異なる兄弟が活躍している。それ故に足利尊氏と直義の兄弟が対立した観応の擾乱は痛恨時であった。これは室町幕府の基盤を弱体化させた。

この時代は足利兄弟以外も一族の争いが多発した。分割相続から長子単独相続への移行期にあったことが原因である。長子への権限集中に反発する一族の人間が長子とは異なる旗印として南北朝の対立する側を掲げて争った。これは南北朝の騒乱が長期化した原因である。皇国史観が主張するほど勤皇思想は重要ではなかった。この後、日本は長子単独相続に移行していくが、分割相続の方が個性を活かせ、社会に活気が出たのではないか。

アンナチュラル

石原さとみ主演のドラマ『アンナチュラル』が2018年1月12日から放送される。解剖医達が不自然な死の死因を明らかにするドラマである。タイトルは不自然な死(unnatural death)から来ている。
立正佼成会附属佼成病院の死亡患者のカルテでは9月7日に「午前6時family(息子)callの上naturalの方針を確認」とある。医師が患者の長男に電話して自然死の方針を確認したとある。患者本人や他の家族の意見を確認せずに自然死させるとした。本来は不自然なところがないから自然死である。「naturalの方針」とは論理矛盾ではないか。

ルサルカは還らない

#劇画 #マンガ #漫画
御厨さと美『ルサルカは還らない』は国際謀略物の漫画である。アメリカの大統領直属の日系人中心チームと日本の秘密組織が極東アジアを舞台とした国際的な謀略に立ち向かう。
主人公を麻薬捜査官にした点が絶妙である。違法薬物を憎む正義感が時には自国の権力に歯向かうことを正当化する。何しろ権力側が薬物密売組織と癒着している。警察や軍では頼りにならない。単純に正義だ悪だと割りきれるものではないが、薬物の売人は悪と断じてよい。
本作品では日本は謀略の被害者の立場である。しかし、ロシア極東の独立にしても北朝鮮の北進にしても中国の分裂にしても、戦前の日本軍の謀略を早期する。ロシア極東の独立はシベリア出兵で起きた。満州事変では朝鮮軍が中国に独断で越境した。さらに満州国など日本は中国の分断を進めた。戦前の日本が進めそうな陰謀を外国を加害者にして描く。日本人ならではの作品である。但し、本書は朝鮮の分断に日本の責任があると丁寧に説明しており、日本を美化してはいない。
本書は日本や朝鮮半島を犠牲にしてシベリアを豊かにする陰謀が描かれる。シベリア抑留と同じく日本から見たロシアの他者を犠牲にして自国の利益を図るイメージである。但し、奪いたいほど羨ましがられている、それだけ日本が相対的に豊かであるという点はある。日本が他国に何もしていなくても他国から狙われる可能性はある。

少女 犯罪心理捜査官セバスチャン

M.ヨート、H.ローセンフェルト著、ヘレンハルメ美穂訳『少女 犯罪心理捜査官セバスチャン』上下巻(創元推理文庫)はスウェーデンの警察小説である。主人公セバスチャンは国家刑事警察殺人捜査特別班に属するプロファイラーである。殺人捜査特別班はトシュビー市で起きた一家四人の殺人事件を捜査する。殺害された一家と揉めていた男性が被疑者に浮上した。所轄の警察が拘束したものの、彼にはアリバイがあった。捜査は行き詰まり、殺人捜査特別班が呼び出される。

セバスチャンはプロファイラーとしては優秀であるが、感情移入したくなる人物ではない。他人に反感を抱かれるような言動が多い。嫌われることをしておきながら(上巻76頁)、相手が自分の話を聞くようになると、ようやく自分の話を聞く気になったかと思っている(上巻166頁)。かなり身勝手な人物である。

視点人物はセバスチャンだけではない。チーム内の人間関係は複雑であり、最初は物語を読み進めることに苦労する。セバスチャンに感情移入したくないが、ある面では他の刑事よりもセバスチャンがまともだから単純ではない。セバスチャンは行方不明の少女の心の傷に配慮し、時間をかけて丁寧に接している。これに対して他の刑事は行方不明の「少女の無事よりも、少女が捜査にどう役立ってくれるかのほうが大事だった」(上巻257頁)と人間性を無視している。

北欧は福祉国家のイメージが強く、北欧人には理知的というステレオタイプを抱いていた。しかし、本書にはラテン的な感覚の人もいれば粗暴な人物もいる。かつてはバイキングの国であった。当たり前であるが、色々な人がいることを再確認した。

下巻に入ると、開発目的、不動産目当ての企業犯罪・経済犯罪の可能性が出てくる。日本でも地上げ屋の犯罪は馴染みがあり、分かりやすい。本書の刑事達も経済犯罪の可能性が出たことで、張り切りだす。「七つの大罪の中で、犠牲となる人の数がもっとも多い罪といったら、まずまちがいなく強欲だろう」(下巻56頁)。推理小説では殺人犯の動機が根深い復讐であることが定番であるが、現実は金儲けが動機となる犯罪が最も多い。本書の展開は現実的である。

ミステリーとしては、どんでん返しの展開がある。そこは物語として優れている。但し、開発問題が企業の思惑通りになってしまう点は面白くない。鉱山による環境破壊の実態も描いておきなあら、物語の善悪の観点という点では中途半端になる。開発による環境破壊よりも土地の売却による障害者の生活の安定を価値判断として優先したか。それは福祉国家らしいとは言える。

最後に本書は警察ものとして見過ごせない問題がある。本書の警察は人権尊重の点からは大問題である。誤認逮捕を連発している。推理物としては至上稀に見る無能な警察である。

警察が安易に人権侵害となる強制捜査を行っている。警察は動機があるというだけで、拘束や家宅捜索を実施する。しかも、検察官が反対しても強行している。救い難いことに刑事には人権侵害の自覚はない。厚かましいことに刑事は家宅捜索に行った家でコーヒーを求めようとしている(下巻95頁)。人間として最低である。さすがに口には出さなかったが。

さらに刑事には仕事の恨みを取調べでぶつけるという私怨で警察権力を使っているところもある。取調べ中に相手の前で自分だけコーヒーを飲むという幼稚な見せびらかしすらしている。他者を痛めつけることが好きだから警察官をしているようなものである。

本書によると、スウェーデンでは裁判所の令状なしで、警察の判断だけで家宅捜索を行うことは合法とされる。逆に本書の刑事は「家宅捜索に入るのに書類を振りかざしてみせなければならないのは、アメリカ映画の中だけだ」と思っている(下巻92頁)。恐ろしいことである。この点では日本がヨーロッパ大陸の国ではなく、アメリカ合衆国に占領されたことは幸運であった。

日本では英米(アングロサクソン)法制度と大陸法制度を対比すると、前者が弱肉強食的と批判され、後者が社会の統合を考えていると評価される傾向がある。特に新自由主義批判の文脈では顕著である。ところが、警察権力から市民の人権を尊重する視点では英米法制度に優れている点が多々存在する。「日本は英米の真似ばかりするな」と言われがちであるが、逆にもっと英米を見習わなければならない。

但し、公平の為に付言すると日本より優れている点はある。被疑者が弁護士を要求すると取り調べがストップし、取り調べは弁護士到着後に弁護士同席の中で行われる。この点では日本と比べて被疑者の人権が尊重されている。

また、検察官が警察の暴走を抑える役回りを果たしている。被疑者にアリバイがあると分かると、検察官は警察の反対を押し切って被疑者を釈放する。検察官はプライバシー侵害になるとして警察の家宅捜索にも反対する(下巻81頁)。警察と検察が一体化して冤罪を生み出すと批判される日本とは状況が異なる。

厚生労働省が終末期医療ガイドライン改定へ

厚生労働省は「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」(2007年)の改定を検討する。「人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会」が2018年1月17日に開かれ、改定案「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」が提示された。厚生労働省はパブリックコメントを募り、3月に改定の見通し。
「07年の指針は、患者本人の意思決定を基本とし、主治医の独断でなく、医師以外のスタッフも入ったチームで判断するとした」(野中良祐「人生最期の医療、繰り返し話し合うべき 指針改定へ」朝日新聞2018年1月18日)。立正佼成会附属佼成病院裁判も、このガイドラインを根拠に争っている。主治医の独断で決められたことを問題視している。
改定案は患者や、家族、医師らが治療方針などを繰り返し話し合うことを求めた。「時間の経過、病状の変化、医学的評価の変更に応じて、また患者の意思が変化するものであることに留意して、その都度説明し患者の意思の再確認を行うことが必要である」
「患者本人の気持ちや病状の変化に応じて繰り返し話し合い、継続的に見直すことが特徴だ」(「終末期医療指針改定へ 厚労省 患者の思い 家族ら共有」読売新聞夕刊2018年1月13日)
「患者の意思は病状や時間の経過によって変わり得るため、意思決定については繰り返し話し合う必要性を明記した」(「<終末期指針>在宅も適用の改定案 延命意思、何度も確認を」毎日新聞2018年1月18日)
「患者本人の延命治療などに対する考え方が変わる可能性があることを踏まえ、医師らは柔軟な姿勢で患者と繰り返し話し合うことを求めた」(「終末期の治療方針、指針改定案を提示 病院外でのみとりにも活用へ」日本経済新聞2018年1月17日)
一度の意思表示で終わりではない。契約書にサインしたから認めたというような悪徳商法的な自己責任論とは一線を画す。この考えは立正佼成会附属佼成病院裁判でも重要である。佼成病院が病状が変わっても新たな説明をしなかったことを問題としているためである。この点は『金八アゴラ』「佼成病院裁判が判例時報に掲載」(2018年1月24日)で説明した。
改定案は「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」に取り組むよう医療従事者らに求めると報道されている。但し、ガイドライン本文にACPという言葉がある訳ではない。検討会では木村厚・全日本病院協会常任理事から「言葉を入れないと普及啓発にならない」との意見が出た(大西裕康「終末期医療GLを年度内にも改訂へ、厚労省がたたき台を公表」m3.com 2018年1月17日)。
kosei

伊達政宗

#歴史 #日本史 #戦国時代
山岡荘八『伊達政宗』は歴史小説である。戦国時代の奥州の暴れん坊・伊達政宗の一生を描く。NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』の原作である。地方大名を全国メジャー化した作品と言うべきか。
伊達政宗と言えば戦で領地を拡大した戦国大名のイメージが強いが、戦国大名から近世大名に脱皮した存在でもある。何しろ徳川家光の時代まで生きている。家光の「生まれながらの将軍」発言のエピソードにも政宗は登場する。本書は戦国期の活躍だけでなく、政宗の長い人生を丁寧に描く。遊郭・吉原のルール作りにまで関与している。
政宗は豊臣秀吉の朝鮮出兵を最初から無益な戦と見抜いていた。派手な軍勢もサボタージュのためであった。政宗が豊臣に忠誠心を持たなくても当然である。
山岡荘八と言えば『徳川家康』である。本書も政宗の目を通して家康の大人物ぶりが描かれる。最初はケチな田舎大名と感じていた。派手な豊臣秀吉に比べれば、とても天下人の器ではないと。ところが、徳川幕府の構想は、明を征服して帝を北京に移そうとした秀吉の構想(妄想)すら小さく見えるものであった。政宗が家康に心服したことも納得できる。

幕末

87448e40.jpg
#歴史 #日本史 #明治維新
高層マンションは住民の心理や生理について全く考えずに建てられ、そこから様々な問題が発生している。

幕末や明治維新に関する作品の書評レビュー集
【書名】幕末/バクマツ/Final Years of the Edo Period
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

『ペリー』
小栗忠順と勝海舟の横須賀造船所論争評価に欠けた視点
『西郷どん』
『西郷隆盛その生涯』
高杉晋作
勝海舟と坂本龍馬の意外な共通点
大河ドラマ龍馬伝 あっさり過ぎた薩長同盟
大河ドラマ『龍馬伝』岩崎弥太郎はどこに行く
『龍馬伝』清風亭の対決に見る現代的リーダー像
『龍馬伝』いろは丸事件で魅せた坂本龍馬の魅力
『龍馬伝』岩崎弥太郎は主役を食うか
『龍馬伝』民権運動を生む土佐藩出身者の先見性
『龍馬伝』眉なし徳川慶喜の熱演
『龍馬伝』完結、民主主義を求めた龍馬の志
『龍馬を守った新撰組 禁断の幕末維新史』
『JIN-仁-完結編』気弱そうな大沢たかおが悩める医師を熱演
『JIN-仁-完結編』第2話、我が道を行く綾瀬はるかの切なさ
『JIN-仁-完結編』第5話、クオリティ・オブ・ライフを問う医療ドラマ
『JIN-仁-完結編』第6話、等身大の坂本龍馬に迫る内野聖陽
『JIN-仁-完結編』第7話、廓言葉で花嫁を演じた中谷美紀
『JIN-仁-完結編』第8話、患者本人と向き合う医療ドラマ
『JIN-仁-完結編』第9話、熱血教師を脱却した陰のある佐藤隆太
佐藤賢一と藤本ひとみ〜フランス歴史小説から幕末物へ
『ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ』
『幕末銃姫伝』頑迷な守旧派への無念
2013年大河ドラマ『八重の桜』の好テーマと不安
『お登勢』
『テンペスト』
ドラマ『テンペスト』
『AZUMI-あずみ-』第8巻、泥まみれの下層民のリアルな描写
『兵馬の旗〜Revolutionary Wars〜』現代感あふれる幕末物
『ばくだん!幕末男子』
『銀魂―ぎんたま― 24』信念を貫くキャラクターの清々しさ
『銀魂―ぎんたま― 25』吉原炎上編に突入
『銀魂―ぎんたま― 35』かぶき町四天王編が完結
『銀魂―ぎんたま― 40』人情味ある携帯メール依存症批判
『銀魂―ぎんたま― 41』ギャグ満載の長編と『SKET DANCE』コラボ
『銀魂―ぎんたま― 42』バラガキ編、携帯メール依存症は友達が少ない
『銀魂―ぎんたま― 43』ゼロゼロ物件業者への対抗価値
『銀魂―ぎんたま― 44』
『銀魂―ぎんたま― 45』
『銀魂―ぎんたま― 46』
『銀魂―ぎんたま― 57』
『銀魂―ぎんたま― 69』
『銀魂―ぎんたま― 70』
第六百四十九訓「数多の王」
『週刊少年ジャンプ』で『銀魂』が下書き同然の画に
アニメ「銀魂」掟破りの最終章
「銀魂」月詠篇突入で人気キャラ再登場

国策捜査

#国策捜査 #警察不祥事 #不当逮捕
青木理『国策捜査』は検察特捜部の捜査を中心に日本の刑事手続きの問題を明らかにした書籍である。警察や検察の不当捜査のターゲットになった人の話を聞くワークショップの内容を書籍化した。
問題は特捜部に限らず、警察の取り調べ全般に共通する。自分達が勝手に作った筋書き通りに供述調書を作ろうとする。村木厚子さんも「結論ありきの取り調べ」と指摘する(「時代の証言者」読売新聞2017年1月27日)。

注目記事

はじめまして。林田力(はやしだりき、Hayashida Riki)と申します。木が二つの林に田んぼの田に力(ちから)と書きます。全て小学校一年生で習う漢字です。名字を「林」と間違えられることが多いですが、林田です。
私は新築分譲マンションを購入したのですが、隣地建て替えによって日照・通風がなくなる部屋であることを隠して販売された騙し売り物件でした。引渡し後に真相を知り、売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻しました。
http://www.hayariki.net/wiki.html

二子玉川の環境を守る会は二子玉川再開発問題報告・決起集会を2013年11月9日、上野毛区民集会所で開催した。世田谷区玉川では東急電鉄・東急不動産中心の再開発・二子玉川ライズによって住環境が破壊されている。集会では二子玉川ライズ高裁判決(平成24年(行コ)第306号設立認可処分取消請求控訴事件)の酷さが弁護団と住民の共通認識になった。
http://www.hayariki.net/home/21.htm

FJネクスト不買運動の公式HPを見てみよう。FJネクストは迷惑電話や住環境破壊で悪質である(林田力『FJネクスト住環境破壊』Amazon Kindle)。迷惑勧誘電話や悪質マンション建設というFJネクストお土産は悪質である。FJネクスト不買運動は最寄り駅でできる。
http://www.hayariki.net/home/hp.html

林田力『ONE PIECEレビュー』は尾田栄一郎の人気漫画『ONE PIECE』のレビューである。東急不動産だまし売り裁判原告の立場からのレビューである。『ONE PIECE』は週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の海洋冒険ロマンである。『ONE PIECE』の人気の背景は登場人物の熱い信念である。それは東急リバブル・東急不動産の詐欺的商法を憎む東急不動産だまし売り被害者に通じるものがある。
http://www.hayariki.net/poli/utsuken.html

活動記録
http://www.hayariki.net/action.html

東急不動産は「(仮称)ブランズシティ久が原計画」のために江戸時代からほぼ手つかずの貴重な自然林を伐採した。住民らは東急不動産の自然破壊を批判する。ブランズシティ久が原は自動車交通量増加や六郷用水跡の景観破壊の問題も抱えている。
http://www.hayariki.net/tokyu/branzcity.html

暁のARIA 3

赤石路代『暁のARIA 3』(フラワーコミックス、2007年)は海原ありあが、自分の左手が動かなくなる可能性があることを知ってしまう。ピアニストとしては致命的である。才能があるだけに無念だろう。本人に説明しない西御門夏王は問題である。

登場人物に自主の気風があるように見えて、患者の自己決定権という概念がないところは戦前である。正しい情報が伝えられてこそ、正しい対応が可能である。自己決定権は医療において患者の最も重要不可欠なものの一つである。白雪先生の対応が正しい。白雪先生は病人を看病しており、病人の立場で考えられるのだろう。

夏王は歌唱に期待しており、ありあがピアニストの道が絶たれても、それほど重大とは考えていない節がある。しかし、ピアニストから声楽に方針転換することは大変なことである。もし方針転換するならば早めに準備した方がいい。その意味でも早期の本人への告知は必要であった。

夏王の周囲に新たな女性キャラが登場する。これが驚くほど性格が悪い。逆に亜耶子の性格が良くなっている。ありあはお嬢様育ちであったが、亜耶子からすれば妾の子であり、蔑まれる対象であった。その西御門家も別の名家から見れば新興成金と軽くみられる存在であった。エスタブリッシュメントの世界には嫌気がさす。羨ましいとも思えない。

この巻では関東大震災が起きる。浅草など東京の東部の被害が大きかったことは、文化面でも打撃であった。江戸時代も度々火災で甚大な被害を受けたが、社会が変容してしまうほどではなかった。近代建築は木造建築よりも災害に強いイメージがあるが、実は建て直しの手間やエネルギーが甚大なものかもしれない。

とりかえ・ばや 3

さいとうちほ『とりかえ・ばや 3』(フラワーコミックスアルファ)は主人公二人以外のキャラクターが活躍する。沙羅と四の姫の関係をどう思っていたかによって、石蕗の宰相の評価が分かれるだろう。上手くいっていたと思っていたか、遅かれ早かれ破綻すると思っていたか。もともと石蕗は四の姫に懸想しており、普通に結ばれれば幸せだったのではないか。一方で石蕗にとって多数の女性の一人に過ぎないとか、自分の性癖がノーマルであることを確認するために利用しただけと見るならば、石蕗が最低になる。実際、石蕗の行動は関係者皆を不幸にしている。

式部卿の宮が良い味を出している。フリーダムな世界である。さらに謎めいた吉野の宮が二人の理解者になりそうである。

ここまで驚くべき展開の連続であるが、基本的に原作通りであることに驚かされる。原作者の想像力には21世紀の人間も驚嘆する。原作は最後は収まるところに収まるという展開であった。この結末は、この巻でも示唆される。現代の価値観では性同一障害が間違っていることではなく、収まるところに収まるという結末は現代から見れば時代制約を感じる。本書がどのような結末にするかは注目である。

天は赤い河のほとり (3)

篠原千絵『天は赤い河のほとり (3)』(フラワーコミックス、1995年)は追っ手からの脱出の続きである。夕梨はティトの仇をとるために立ち向かうことを決意する。夕梨は鉄を知っているという点で周囲を驚かせる。タイムスリップした現代人ならではの活躍である。

ヒッタイトと言えば鉄器の使用が有名である。この巻ではヒッタイトが鉄器を使用する経緯が明かされる。そこには夕梨が絡んでいる。

ヒッタイトとハッティには混乱がある。「ヒッタイト=ハッティ」という理解がある。同じ言葉で読み方が異なるだけとする見解である。これに対して本書ではハッティは一部族名である。ハッティを先住民とする説に近い。ヒッタイトは外来の征服民族となるが、土着の民族と調和しつつ支配したように見える。篠原千絵と言えば『海の闇、月の影』のようなホラー作品が有名であるが、歴史作品もしっかりしている。
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ