林田力 だまし売りのない世界へ

マンション問題や警察不祥事、書籍や漫画の書評など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。江東住まい研究所長。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。 http://www.hayariki.net さいたま市の話題は林田力@さいたま市桜区ブログ

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

2018年06月

東急不動産だまし売り裁判

私の東急不動産だまし売り裁判は新築分譲マンションですが、東急リバブルの中古物件の仲介でもトラブルは良く聞きます。実際、東急不動産だまし売り裁判の直前に東急リバブル迷惑隣人説明義務違反事件がありました。
私の東急不動産だまし売り裁判の経験では不利益事実を説明しないということで売買契約を取り消しました。
購入した住宅を全否定するつもりはなく、業者にきちんと修繕させたいというお気持ちの方は多いですが、やる気の無い業者にきちんとやらせることは至難の業です。無駄なコミュニケーションの繰り返しに嫌気が差し、契約を白紙にすることを追求しました。不誠実な業者の物件は一事が万事と考えたためです。
雨漏りは重大な問題であり、売買契約の解除や消費者契約法による売買契約取り消しを主張されてもおかしくないと思います。

Amazonアカウント検証を騙る詐欺メール

Amazonアカウント検証を騙る詐欺メールにご注意ください。

アラート:あなたのアカウントは閉鎖されます。
タイムセール
| アカウントサービス | Amazon.co.jp
アカウント検証
検証番号: 348-0602791-965xxxx
ご注意ください!
大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした、これは、力ードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

Amazonをご利用いただきありがとうございますが、アカウント管理チームは最近Amazonアカウントの異常な操作を検出しました。アカウントを安全に保 ち、盗難などのリスクを防ぐため、アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。
24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。
アカウント検証

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?
この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に送信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサ ービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。
Amazonカスタマーサービス

またのご利用をお待ちしております。
Amazon.co.jp

やぶからし

山本周五郎『やぶからし』(新潮文庫)は江戸時代を中心とした時代小説の短編集である。他の短編集では町人や遊女の物語があるが、本書は武家の物語で構成されている。但し、最後の短編「ばちあたり」は現代が舞台である。

表題作「やぶからし」は「女心のひだの裏側をえぐった」と紹介される。しかし、本書の多くの短編は武士の精神を描いたものである。人情物よりも侍物が好きな読者に向いている。

主人公の侍達は世間的な優等生ではなく、逆に同輩から嘲られもするが、ある種の人物である。時代小説であるが、窮屈な組織に苦しむ現代人に重ね合わせることができる。「「こいそ」と「竹四郎」」では警察の裏金作りのようなことが行われている。山本周五郎は昭和の大衆文学であるが、21世紀人にも響く。

「やぶからし」は、やぶからしのように役に立たない人間と自嘲している。樹木の「あすなろ」になぞらえた「あすなろう」と類似する。紹介文には「幸せな家庭や子供を捨ててはしる」とあり、どうしようもない人間の話かと思ったが、紹介文がミスリーディングであった。

失敗の本質

戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』(中公文庫)は、十五年戦争の日本軍の失敗を分析した書籍である。ノモンハン事件やミッドウェー海戦、インパール作戦などを取り上げる。

本書の優れた点は個々の戦場の分析に特化していることである。このために、そもそも巨大な米国と戦うことが無理であったという逃げに走らない。たとえ米国に勝つことが無理ゲーであったとしても、個々の戦場で日本軍は明らかに無駄な戦い、稚拙な戦いを展開して兵力を消耗した。その失敗に学ぶことは教訓になる。むしろ戦争目的が正しいか否かという大きな議論以上に日常生活における決断の局面では役に立つだろう。

本書を読んで感じたことは、日本軍の失敗が現代の公務員的な無能と重なることである。失敗を重ねた軍人のメンタリティは、責任逃れを重ねる無能公務員のメンタリティに重なる。現代の日本は戦前の反省を活かせていない。これは恐ろしいことである。

無能公務員的メンタリティの改善策は、情報共有の徹底になる。都合の悪い情報、不利益事実を共有することが重要である。そのためには全ての情報を共有させるようにすべきである。

目の前の火を皆で協力して消すことに邁進する日本的集団主義が個々の失敗を隠蔽することに働く。むしろ失敗を見える化することが大事である。やはり情報公開が改革の一丁目一番地である。

1型糖尿病をご存知ですか?

宮川高一『1型糖尿病をご存知ですか? 「1型はひとつの個性」といえる社会をめざして』(ミネルヴァ書房、2018年)は1型糖尿病を紹介した書籍である。糖尿病には1型と2型がある。糖分の摂り過ぎなどでなるのは後者である。

1型はウイルス感染などを契機として自己の免疫システムが自己のインスリン分泌細胞を攻撃し、破壊することにより起きる病気である。本人の生活習慣や肥満とは無関係である(16頁)。本書はインスリンを摂取すれば非糖尿病患者と変わらずに生活できるため、1型は一つの個性と主張する。しかし、この点が知られておらず、1型糖尿病患者は社会の偏見などに苦しんでいる。私も本書で1型糖尿病を知った。

本書の特徴は医者の書籍であるが、患者や家族のブログ記事や手記を収録していることである。それによって医者だけの書籍では感じにくい患者や家族の思いを知ることができる。

興味深い患者の取り組みとして、患者をロールプレイングゲームのレベルで呼びあっている。たとえば発症から10年経った患者はレベル10である(144頁)。生き続けようとする意欲が湧いてくる。

怖いところには医者のレベルに大きな差があり、医者によって治療方針が区々なことである。医者でも1型糖尿病を知らない人がいる。戦後の日本は平均レベルに近づけることで対応してきたが、患者側にも多様なニーズがある現在、標準治療の底上げ一辺倒で解決できるかには疑問がある。説明と同意を徹底して患者の選択権を広げることが大切と感じた。

本書の対象は1型糖尿病であるが、その患者本位、患者ファーストの医療姿勢は全ての医療に適用されるべき普遍性を持つ。実際、「結びにかえて」で日本の医療には古い「知らしむべし、よらしむべからず」という家父長的体質が残存しているとしつつ、一番の変化は患者医療者関係であると指摘する(208頁)。本書の精神は他の医療分野でも見習う価値がある。

『樅ノ木は残った』下巻

山本周五郎『樅ノ木は残った』下巻。
伊達兵部は、これまで黒幕として描かれてきたが、下巻では冒頭から底の浅さを露呈する。兵部の悪評は広がっている。ここまで悪評が広がるならば、原田甲斐が兵部に取り入らず、正面から対抗できたのではないだろうか。逆に甲斐が兵部の与党と思われたために、前藩主に取り次いでもらえないという不利益も生じている。「敵を欺くには味方から」はメリットばかりではない。

下巻まで読むと、脇役の人情物が印象に残る。中巻までは、どうしようもない人達を描いていると思っていたが、下巻に入って実を結ぶ。本作品は原田甲斐の人に誇らない忠義を描きながらも、藩のために自己を犠牲にする虚しさも語っている。侍の道を否定する脇役を描くことは本作品にとって大きな意味があった。

自分は他人とは異なるという意識は、自我の確立を目指した純文学のテーマである。純文学は私という殻にこもって面白くないと批判されがちであるが、そのように批判する自称社会派達こそ集団主義的でメジャーな政治的争点を取り上げても、個人の抱える個別的問題に応えられないことが往々にしてある。本作品は大衆文学に分類されるが、私へのこだわりという純文学の問題意識と重なっている。私へのこだわりは現代の漫画やアニメ、ラノベにも引き継がれている。

AmazonとOakleyサングラスを騙る悪質メール

AmazonとOakleyサングラスを騙る悪質メールが送られています。ご注意ください。

【良いニュース】Oakleyサングラス今日限り活動特価2499円!80%の割引
親愛なる dorayama20140821 様
オークリー サングラス - 世界最高峰の眼部保護
男性用・女性用サングラス、ゴーグル、オークリー (Oakley)R日本オフィシャルウェブサイト
オークリー サングラス クリアランスセール 今日限り活動特価2499円
今すぐ購入あなたは85パーセントの割引を楽しむことができる
三つを買うなら、配達無料
詳細ページへ
利用期限は本日23時59分まで!お見逃しな
Copyright 2018 Oakley, Inc. All Rights Reserved

赤松健『UQ HOLDER!』第3巻

赤松健『UQ HOLDER!』(講談社)第3巻は本格的な戦闘が展開される。表紙には結城夏凜、近衛刀太、時坂九郎丸が描かれる。民間軍事警備会社・力の手(パワフルハンド)が襲撃する。
主人公は前向きな昔ながらの少年漫画の主人公タイプであるが、敵わないと感じたら躊躇わずに逃げる点は新しい。精神論だけで立ち向かうキャラクターではない。今時、主人公のような前向きキャラクターが一般受けするのかと思っていたが、この点は見直した。
魔法が使える世界では、強力な魔力を持ったキャラクターは無双状態になり、現実世界の物量の原則は通用しないことが多い。ところが、この巻では漫画の世界では雑魚キャラになりそうな兵士も主人公を追い詰める。それでも最後は強力なキャラクター達の無双で終わった。

『UQ HOLDER!』第2巻

赤松健『UQ HOLDER!』(講談社)第2巻は物語の本筋に入っていく。表紙には時坂九郎丸が描かれる。不老不死の吸血鬼となった近衛刀太は雪姫や途中で出会った九郎丸と都を目指して旅をする。都でドラマが展開されると思いきや、その前に雪姫が長を務める不死のグループ「UQホルダー」と出会う。ようやくタイトルのUQホルダーが登場した。
刀太は仲間入りを希望するが、試練を課される。これ試練では、たまたま助言者になる人物が居合わせる。これは御都合主義的である。助言者になる人物がいない独力であったとしたら、試練を乗り越えられただろうか。
主人公達は地上げ屋の手先から住民を守ろうとする。人々の生活を破壊する地上げ屋は敵勢力にふさわしい。日本にスラム街が広がっている設定は格差社会を反映しているが、世界の貧富の差が平等に反映されたとする説明は興味深い。今や発展途上国でも首都は高層ビルが林立している。どこの国にも富裕層もいれば貧困層も存在する。経済大国日本で一まとまりに考える発想は幻想である。

UQ HOLDER!

赤松健『UQ HOLDER!』(講談社)は不死者となった少年を描く近未来バトルファンタジーである。第1巻は丸々導入部である。物語の本筋に入っていない。タイトルのUQホルダーもあまり分からない。絵柄からイメージしにくいが、根性物の要素がある。テレビアニメ化された。
舞台は未来の日本である。軌道エレベーターがあり、魔法が使える世界である。『魔法先生ネギま!』の続編の位置付けである。人口が減少し、過疎化が進んでいる。主人公・近衛刀太の暮らしている地域は、のどかな田舎である。刀太は「都に行って一旗揚げる」ことを夢としている。村長は育ての親の雪姫を倒しことを旅立ちの条件としていた。刀太は雪姫に挑戦しては敗北を繰り返していた。
主人公は鈍感なほど前向きという典型的な少年漫画の主人公タイプである。読んでいて恥ずかしくなるくらいである。今時の作品ならば、もう少し影があったり、ひねくれていたりする方が自然である。何故ならば前向きに頑張れば何とかなるという発想こそが個人に負担を押し付け、個人を苦しめる傾向になっているからである。それでも複雑な事情を背負ったキャラクターに対しては、主人公の鈍感な前向きさが救いになっている。

『樅ノ木は残った』中巻

原田甲斐は「敵を欺くには味方から」を実践している。この原田甲斐の姿勢では味方を失っても仕方がない。甲斐としては自分が犠牲になればよいと覚悟し、多くの人を巻き込みたくないのかもしれない。柿崎六郎兵衛のような胡散臭い人物には容易に腹の内を空かさないことは当然である。

一方で昔ながらの人物も膝詰めで談判し、自分には腹の内を明かしてくれるだろうという内々の特権意識が感じられる。甲斐はビジョンの共有や透明性に欠けていて現代のリーダーとしては通用しないと感じたが、周囲もどっちもどっちと感じた。

本書は伊達騒動を甲斐と伊達兵部の対決として描くが、甲斐の動きは見えにくく、日常描写も含まれる。これに対して兵部のターンは純粋に陰謀劇になっている。このため、伊達騒動という歴史事件を追う向きには兵部のターンの方が読み応えがある。

本書には甲斐とも兵部とも異なる立場の脇役のターンもある。これに結構紙数が割かれており、しかも歴史事件とは関係が薄く、人情物の色合いが色濃い。物語の展開を早く読みたい向きには異論があるだろう。中巻の後半で甲斐と繋がっていく。

話が進むにつれ、藩内の御家騒動という以上の陰謀が見えてくる。江戸幕府と外様大名というスケールの大きな話になる。甲斐の消極性はじれったく感じられるが、藩内に紛争を起こすこと自体が敵の狙いであるならば意味がある。

本書から仙台藩は有力家臣が各々領地を持っており、独立領主の性格を持つことが分かる。有力藩士は互いを各々の領地の地名で呼びあっている。原田甲斐は船岡と呼ばれている。仙台藩の藩祖の伊達政宗は戦国大名として領土を拡大しながら、新時代に適応できた人物である。しかし、政宗個人に適応力があった分、仙台藩の体制は中世的なままと感じた。他の藩が藩士をサラリーマン化して一円支配を進めたこととは異なる。伊達政宗は芯から戦国大名だったと感じた。

この家臣が独立領主になっている点は藩のまとまりを欠き、御家騒動が激化する要因と説明されがちであるが、それは結果論である。サラリーマン化して藩内の地位が全てになる方が権力闘争が激しくなる。自分の領地で内政に励んだり、悠々自適に暮らしたりする選択肢がなくなるためである。徳川将軍家も領地を持たない御三卿ができてから、将軍後継争いが激化した。

アッそうだ!ステーキ木場店

「アッそうだ!ステーキ」木場店でカットステーキを食べました。「アッそうだ!ステーキ」はステーキとハンバーグの店です。海鮮居酒屋はなの舞のチムニー株式会社が運営しています。
ステーキが熱された鉄板でジュージュー焼かれて出てくるところは、ペッパーフードサービスの「ペッパーランチ」や「いきなりステーキ」とコンセプトが似ています。肉の焼き方は注文時に聞かれます。ウェルダンで注文すると十分に焼けて出てきました。ライスとスープはセルフサービスです。メニューにはエビフライやチキンカツがあり、この点では「いきなりステーキ」などよりはレストラン的です。
木場店は江東区木場の首都高速の高架の近くの永代通りから少し入ったところにあります。木場駅至近の場所にありますが、永代通りから少し入る点が立地上の難です。私は永代通りに看板があったために気付きました。2018年4月28日からリニューアルオープン記念フェアを開催しています。
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ