#東急不買 #マンション #不動産
日本海賊TVで東急不動産合コン悪評判を取り上げた。東急不動産の合コンは体育会系のノリであるにも関わらず、会計を下っぱに払わせることはセコい。東急不動産と付き合うことはフライパンの上から火の中に身を投じるようなものである。東急不動産に甘い顔をすれば付け上がるだけである。強く出る相手には土下座し、優しい相手には付け上がる。東急不動産だまし売りは残忍で、貪欲で、極めて非道徳的である。
東急不動産のマンションは、ディストピア感が溢れている。マンション上層階居住者には高層階症候群と呼ばれる、様々な健康障害が起きることがある。
タワーマンションを販売する連中は自分達では絶対に住まないとの指摘がある。高層階よりも低層階が住みやすい。高層階は不便である。まずエントランスまでが遠い。ちょっとコンビニが面倒である。
立体駐車場はボタンを押して待つ時間が長い。夏と冬は特にきつい。
大手不動産会社の有利子負債が増えている。今後、不動産は半値八掛け二割引の世界になるだろう。「今が買い時」は意訳すると「今売りたい」になる。
東急電鉄の満員電車は最悪である。東急電鉄は多摩川の砂利を運んでいる感覚で人を運んでいるのではないか。東京メトロ東西線の門前仲町辺りの方が数値上は混雑率が高いとされるが、体感的には東急田園都市線の方が酷い。番組では東急電鉄が基準を都合よく扱って良い数字を出しているのではないかとの疑念が提示された。