東急リバブル東急不動産不買運動がアルス横浜台町、アルス東陽町、東急ドエルアルス南砂サルーテ等で行われた東急リバブル東急不動産騙し売り事件を公にする目的は私事を公衆の面前に曝すためではない。卑劣な騙し売り事件に関する正確な記録を残すことに尽きる。それ故、一切誇張も省略もせずに理路整然と記述するように努めた。
東急リバブル東急不動産不買運動は文学上の成功を収めようというつもりもなければ、典雅な文章を書きたいとも思わない。ましてや出来事の配列に技巧を凝らし、東急リバブル東急不動産の騙し売りに濃い陰影を投げかけたいとも思わない。
東急リバブル東急不動産不買運動の最大の願いは東急リバブル東急不動産騙し売り事件について何がしか知っている人が小文を読み、一言一句に至るまで真実に何も付け加えず何も削っていないことを誠心より認めてくれることである。その願いが適うならば文学的試みの成果に十二分に満足して心を安らげることであろう。
言葉は物と同じで対象に明確な形を持たせてくれる。抽象的な有毒ガスのままではなく、思考を不快な立方体に結晶させ、手の中で転がして、不愉快な側面をじっくり検分できるようにしてくれる。