藤崎竜『封神演義 2』(集英社)では太公望が大きな挫折を味わう。ここで太公望は自分一人では強大な敵を倒すことができず、仲間を集めることが必要との教訓を導き出す。筋の通った展開である。集団主義・共同体主義の暑苦しさは無い。効率的に楽をして敵を倒す為に導き出された結論である。

敵サイドから見ると、太公望が第三者によって生命を救われただけでなく、別の第三者によって霊獣や宝貝まで取り戻される展開は、主人公に都合良過ぎる。最初は弱い主人公が最後に強大な敵を倒す長編バトル漫画では、よくある御都合主義的展開である。これはラスボスの油断や遊び、慢心と説明されることが多い。本作品の敵キャラも油断や遊び、慢心が似合っているが、本作品では意図的に逃がしたのだろう。敵キャラが姫昌を殺さなかった点も重なる。

その証拠として、この第2巻で「歴史の道標」との言葉が出てくる。殷周革命を成し遂げて物語を終わりにしない本作品の結末は、この段階で既に構想されていたのだろう。週刊少年ジャンプの打ち切りは容赦ないとされるが、物語を完結させたことは素晴らしい。