山本周五郎『樅ノ木は残った』は江戸時代前期の伊達騒動を描いた長編時代小説である。新潮文庫で上中下3巻になっている。NHK大河ドラマにもなった。

主人公は仙台藩宿老の原田甲斐である。原田甲斐は悪役・奸臣と位置付けられがちですが、本書では真っ当な人物として描かれる。但し、原田甲斐には何を考えているか分からないところがある。そのために読者はじれったく感じることがある。

伊達騒動では伊達兵部派と反伊達兵部派の対立と分析されるが、本書では原田甲斐が自己の立ち位置を見せないようにしているため、敵味方もはっきりしない。また、本書では伊達綱宗が酒と女に溺れているとして藩主を退かされたとの説も否定する。

本書を読むと仙台藩は有力家臣が各々領地を持っており、独立の気風が強い。仙台藩の藩祖の伊達政宗は戦国大名として領土を拡大しながら、新時代に適応できた人物である。しかし、政宗個人に適応力があった分、仙台藩の体制は中世的なままと感じた。他の藩が藩士をサラリーマン化して一円支配を進めたこととは異なる。伊達政宗は芯から戦国大名だったと感じた。

この家臣が独立領主になっている点は御家騒動が激化する要因と説明されがちであるが、それは結果論である。サラリーマン化して藩内の地位が全てになる方が権力闘争が激しくなる。自分の領地で内政に励んだり、悠々自適に暮らしたりする選択肢がなくなるためである。徳川将軍家も領地を持たない御三卿ができてから、将軍後継争いが激化した。