藤子・F・不二雄『ドラえもん 43』(小学館、てんとう虫コミックス)は「仙人らくらくコース」を収録する。「仙人らくらくコース」は仙人の修行ができる秘密道具である。仙人のロボットが登場して修行を指導する。「らくらくコース」の名前とは裏腹に仙人の修行は厳しい。逃げ出すことは許されない。

「仙人らくらくコース」は厳しい修行に耐えることで得るものがあったという教育的な話ではない。厳しい修行を押し付ける仙人ロボットが実は俗物で、そこから逃げられて目出度し目出度しという話である。仙人ロボットの失墜は、久米仙人の伝承を下敷きにしていると思われる。

この仙人ロボットの修行は現代人の感覚ではパワハラである。のび太が厳しい修行で成長するという話にしないことは21世紀にも通用する。流石、22世紀から来たロボットの話である。

「仙人らくらくコース」はテレビ朝日系列のアニメ『ドラえもん』で2018年8月31日に放送された。奇しくも体操選手のパワハラ告発が大きな話題になっている。パワハラを告発された側は「指導であった」と正当化している。タイムリーな放送であった。