埼玉県警機動隊「水難救助隊」の新人隊員・佐々木俊一巡査(享年26)が2012年6月29日に朝霞市の機動隊のプールで潜水「訓練」中に溺死した。「水深3メートルのプールの底まで繰り返し力ずくで沈め、動かなくなると引き上げて放置する。殺人、または拷問死というほかない残虐な事件が埼玉県警で起きた」(三宅勝久「裁かれる埼玉県警機動隊の“殺人訓練”――何度もプールに沈め溺死に」週刊金曜日2015年7月24日号)。

「佐々木巡査は、はしごを何度もつかむなど訓練をやめようとしたが、複数の指導員が、佐々木巡査のマスク付近を足で押したり、肩を両手で押したりして水中に戻すことを繰り返したという」(「水難救助訓練の機動隊員水死…何度も水中に戻す」2013年1月17日)。

「Yahoo!知恵袋」では集団リンチ殺人事件、訓練と称したイジメ、拷問、水責めと形容された。警察組織のパワハラ体質は批判されるが、その中でもブラックなパワハラである。根性論とパワハラ全開の組織である。佐々木俊一巡査は気が狂うぐらい苦しかったろう。埼玉県警機動隊は佐々木巡査の人生を摘み取り、踏みにじった。

埼玉県警は安全管理を怠ったとして、指導する立場だった警部ら男性警察官6人を業務上過失致死容疑でさいたま地検に2013年1月17日に書類送検する。取り締まる側が犯罪を犯した場合、この程度で有耶無耶にするのか。

さいたま地裁(栗原正史裁判長)は2016年9月7日、業務上過失致死罪に問われた県警巡査に禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)の有罪判決を言い渡した。栗原裁判長は「(佐々木巡査に)息継ぎの余裕を与えず、繰り返し水に沈めた過失の程度は重い」と述べた(「機動隊員水死 訓練の33歳巡査に有罪判決 さいたま地裁」毎日新聞2016年9月7日)。

弁護側は「責任は被告だけでなく、適切な救命措置を施さなかった部隊全体にもある」と主張していた(「機動隊員水死で巡査有罪 指導の過失認める」産経新聞2016年9月7日)。「Yahoo!知恵袋」では警察が一番恐れる言葉は「責任」と指摘された。誰も自己の責任を認めようとしない。

「機動隊員水死 訓練の33歳巡査に有罪判決 さいたま地裁」毎日新聞2016年9月7日
https://mainichi.jp/articles/20160908/k00/00m/040/048000c
「機動隊員水死で巡査有罪 指導の過失認める」産経新聞2016年9月7日
https://www.sankei.com/affairs/news/160907/afr1609070019-n1.html
これって・・・訓練と称したイジメでは???
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12100421577
おいおい、これ殺人だろ?何が書類送検だ馬鹿
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10100414745
訓練中の死亡事故、埼玉県警機動隊 警部ら書類
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13100415213