かわぐちかいじ『ジパング 36』(講談社、2008年7月23日)は「みらい」乗員が大和に乗り込み交戦する。草加拓海は「みらい」で得た情報を元に原子爆弾を極秘に開発し、戦艦大和に搭載した上で、大和を乗っ取った。「みらい」乗員は草加の原爆の使用を阻止しようとする。

アメリカ合衆国も草加が核兵器を開発した可能性に気付き、ルーズベルト大統領が決断を下す。この決断が良くも悪くも世界を導く大国アメリカらしい内容であった。斬新な計画を反乱という形でしか実現できない日本と、トップが謎の解明を積極的に命じるアメリカは非常に対照的である。

同じ著者の『沈黙の艦隊』では日本初の原子力潜水艦の乗員になった自衛隊員らが反乱を起こし、独立国家「やまと」を名乗る。「やまと」という国名が象徴するとおり、当初は対米従属のままでいる日本政府に変革を求める要素が強かった。

しかし物語の進展によって明らかになった作品の主題は核戦争の廃絶という普遍的なテーマであった。ここには原潜の国名が「やまと」である必然性は存在しない。実際、物語の終盤では米国や国連が舞台となり、重要な決断を下したのも米国大統領であった。

たとえ日本人による日本人向けのマンガであっても、大きなテーマで現実味を持った作品を描く上で日本という社会は卑小である。本作品のタイトルは『ジパング』であり、日本という国がテーマである。その本作品においてもアメリカの動きが興味深く映ることに日本とアメリカの越え難い差を感じてしまう。

タイムスリップ物は歴史のifを追求するものだが、歴史を根本的に変えてしまうと作品の現実味が失われてしまうという二律背反の世界である。『ドラえもん』のようにタイムマシンで過去に戻ったことが織り込み済みで現在があり、それが伏線になっていたという話がタイムスリップ物では上手なまとめ方になる。

これまで『ジパング』では個々の戦闘は歴史と異なる結果となっているが、大局的には太平洋戦争の経過通り、日本が追い込まれつつある。一方で原爆開発だけでなく、中国では満州国皇帝暗殺や毛沢東との会談など歴史を大きく変えかねない動きが展開している。

最新鋭の装備の大半が損壊した「みらい」は、この先、長期に渡って戦いを続けることは難しくなった。物語が佳境に入ったことは確かである。今の戦いを解決しただけでは物語としてはまとまらない。風呂敷は大きく広がっている。どのような形で本作品がまとまるのか注目していきたい。