井上靖『蒼き狼』は至上空前の大帝国を創業した鉄木真(テムジン)を描く歴史小説。鉄木真は成吉思汗(チンギスカン)として名高い。モンゴルを統一し、ヨーロッパまで及び遠征を企てた。主人公の超人的な活躍を描く作品と思われたが、意外にも社会的背景を重視している。「蒼き狼」は卓越した個人への尊称と思っていたが、民族に対するものであった。

本書は鉄木真が視点人物である。鉄木真は農耕民族の統一王朝と比べた遊牧民族の後進性を自覚する。部族単位から民族的統一、有力者の連合体から君主の専制、常備軍を取り入れることを認識する。これは中華帝国の模倣になる。

世界史の知識では遊牧騎馬民族は農耕民族よりも軍事的な優位性がある。モンゴル帝国の強みは、むしろ中華帝国の真似をしないことであった。そこからすると意外であった。

本書は良くも悪くも昭和の価値観が反映された作品に感じる。部族レベルから民族レベルも大きくなることで発展するという昭和の規模の経済信奉を感じる。20世紀末からの分離独立の流れからすると一時代前の発想である。部族の利益より民族全体の利益と言えば聞こえが良いが、自分の支配を強化するために相手を服従させるか絶滅させることである。実際、鉄木真が最初にしたことは反抗的な弟の殺害であった。

昭和の日本的な集団主義は全体が発展しているように見えて、誰かを犠牲にしたり、我慢させたりしている欺瞞がある。個人の意識が高まり、その種の欺瞞に耐えられなくなったことが、うつ病や自殺の増大だろう。

ジンギスカンの血統はチンギス統原理として後の中央アジアで重視されたが、本書のテムジンは首領の長男であるものの、血筋に疑いのある存在である。実は貴種であったとの話の逆パターンである。実は貴種パターンは昔の日本の物語の定番であるが、格差社会の21世紀も人気である。人気漫画の『ONE PIECE』も『NARUTO−ナルト−』実は貴種であった。この点も立身出世主義が生きていた昭和を感じる。