原哲夫・堀江信彦原作、八津弘幸脚本、山田俊明作画『義風堂々!! 疾風の軍師 黒田官兵衛 4』は青山の戦いと土器山の戦いが描かれる。この戦いの背景には赤松家の内紛、浦上家、宇喜多家、織田家と様々なアクターが入り乱れている。土器山の戦いには英賀城主の三木通秋も黒田方で参戦している。後に羽柴秀吉の播磨侵攻で英賀城は落城する。この三木氏の一族が林田で帰農し、林田藩の大庄屋になる。

本作品では黒田官兵衛と赤松政秀の戦いに単純化している。赤松政秀は輿に乗って出陣する。今川義元と同じく名門意識があるのだろうか。官兵衛にとっては復讐戦である。官兵衛は恨みを忘れていなかった。

竹中半兵衛が登場する。半兵衛は理知的な人物として描かれる傾向がある。これに対して本作品の半兵衛は無頼なイメージがある。座って髪の毛をいじるところは、『DEATH NOTE』のニアを連想する。

織田信長があっという間に勢力を拡大する。信長の物語ならば、信長包囲網など何度もピンチが繰り返されるが、播磨から見ると、あっという間になるのだろう。