柴咲友香『待ち遠しい』は異なる世代の女性3人の近所付き合いを描く小説。主人公は39歳の北川春子。住み心地のいい離れの一軒家で一人暮らしを続けている。母屋には夫を亡くしたばかりの63歳の青木ゆかりが越してきた。裏手の家には25歳で新婚の遠藤沙希が暮らしている。

春子は就職氷河期世代である。その春子が異なる世代とコミュニケーションを重ねることで理解し合おうとする物語である。就職氷河期世代は時代の不合理を被った世代である。ところが、それを他の世代は理解せず、本人の努力や頑張りの問題とされてしまう。その噛み合わなさが良く表れている。

氷河期世代は他の世代とは競争条件が異なる。競争条件が異なるのに本人の努力や頑張りで何とかしろということはフェアではない。仮に頑張った人がいても、それは余計な努力を強いられたことになる。氷河期世代の全員が苦しい状況にある訳ではないが、苦しい状況にない人も含めてアンフェアな状況の被害者である。

氷河期世代は皆と同じようにしなければという同調圧力に苦しめられてきた。集団主義が当たり前の上の世代とは噛み合わないが、下も世代も逆に集団主義に先祖帰りする傾向がある。氷河期世代は特殊な立ち位置にある。

本書はコミュニケーションによって異なる価値観の異なる人々が距離を縮めていく。ゆったりした物語であるが、実は春子には心ない言葉が投げかけられている。春子は憤激して良い。しかし、春子は怒るよりも、相手が何故そのような発言をしたのか知ろうとする。

それは結構な姿勢であるが、他の世代が同じように氷河期世代の価値観を知ろうとする姿勢があるかが問題である。それがなければ相互主義は成り立たない。本書はコミュニケーションを重ねて理解し合おうとすることの大切さを訴える物語に感じる。しかし、むしろ異なる世代間の理解を進めるためには、氷河期世代の側が相当我慢しなければならないという現実を感じてしまった。