林田力 だまし売りのない世界へ

マンション問題や警察不祥事、書籍や漫画の書評など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。江東住まい研究所長。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。 http://www.hayariki.net さいたま市の話題は林田力@さいたま市桜区ブログ

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

林田力

林田力『東急不動産だまし売り裁判』ノスタルジック

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』PVをYouTube動画加工ツールで「ノスタルジック」風にしました。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』PV
https://youtu.be/9dCCJdH0jw4
東急不動産だまし売り裁判クロスプロセス
https://www.youtube.com/watch?v=wnjyEt5p8-Y
東急不動産だまし売り裁判HDR
https://www.youtube.com/watch?v=WYxV5i_bka4
東急不動産消費者契約法違反訴訟お祭り風
https://www.youtube.com/watch?v=U5-HhziL-5c
林田力『東急不動産だまし売り裁判』セピア
https://www.youtube.com/watch?v=uQkUsZpkRRE
林田力『東急不動産だまし売り裁判』お化け
https://www.youtube.com/watch?v=sMo8IjSmsCc

新刊JPに書評掲載

J・G・バラード著、南山宏訳『ハロー、アメリカ』(創元SF文庫、2018年)の私の書評が新刊JPに掲載されました(「【「本が好き!」レビュー】『ハロー、アメリカ』J・G・バラード著」新刊JP 2018年6月22日)。
https://www.sinkan.jp/news/8636

ロッテリア絶品チーズバーガー

ロッテリアの絶品チーズバーガーです。ロッテリア(LOTTERIA)は大手ファーストフードチェーン店です。絶品チーズバーガーは絶品シリーズの元祖商品であり、代表商品です。絶品シリーズは上等な食材を使用した高級志向のハンバーガーです。
絶品チーズバーガーの見た目は想像していたよりも小さいです。マクドナルドのメガマックやクォーターパウンダーに馴染んでいると余計小さく感じられます。ボリュームではなく、凝縮された高級感で勝負している商品です。
絶品チーズバーガーはチーズと肉を前面に押し出します。味付けにはケチャップを使わず、サラダもはさみません。調味料の印象は薄く、肉とチーズを食べている感触です。素材で勝負という点で和食のエートスを持っています。国産ハンバーガーチェーンらしさが出ています。

裏てりやきマックバーガー
https://www.youtube.com/watch?v=3-OM0ltexcw

かき氷

かき氷は夏の代表的なスイーツです。氷を砕いたシンプルなスイーツです。東京都江東区南砂で、かき氷を作りました。2018年最初のかき氷です。氷が大きすぎると砕けません。コーヒーかき氷として食べました。アイスコーヒーを飲んでいる感じでした。
7月7日は七夕です。私は寺遊祭成功を短冊に書きました。

北面天満宮

北面天満宮は佐賀県佐賀市六座町の長崎街道の道筋にあります。菅原道真が祭神です。北面天満宮の名前の通り、鳥居と社殿は北側に面しています。これは神社として異例です。
北面天満宮は六座町の守護神です。六座町は穀物座、縫工座、煙硝座、木工座、金銀座、鉄砲座の六つの座で構成されていました。佐賀藩祖の鍋島直茂が鍋島から商人を呼び寄せて、独占的な商人の集団「座」を設けた場所です。北面天満宮も肥前の国府鍋島町蛎久から移されました。

のこぎり型家並み
https://www.youtube.com/watch?v=BxsS-6fssg4
築地反射炉
https://www.youtube.com/watch?v=ps5TZcslOio
白山アーケード七福神
https://www.youtube.com/watch?v=hm_KvC7kryw
幕末維新記念館・佐賀県立図書館
https://www.youtube.com/watch?v=KmQpw3A6Y5g

築地反射炉跡

築地反射炉は佐賀県佐賀市長瀬町にあった日本初の実用反射炉です。江戸時代の幕末に佐賀藩10代藩主・鍋島直正が鉄製の洋式大砲を鋳造するために築造しました。反射炉は燃料の熱を壁や天井の面で反射させて炉内の温度を上げ、鉄や銅などの金属を溶かします。跡地の日新小学校には模型とカノン砲が設置されています。
鍋島直正(鍋島閑叟)は役人の削減などの財政再建と大砲建造などの新技術の導入を両立させた藩主です。役人の削減は3分の1とも5分の1とも言われています。NHK大河ドラマ『西郷どん』では薩摩藩の島津斉彬が西洋の技術導入に熱心ですが、実父の島津斉興からは財政破綻を招くと批判されました。悪役の筈の島津斉興にも理があると感じてしまうほどでした。財政再建と新技術導入を両立させた鍋島直正は恐るべきものがあります。

白山アーケード七福神

白山アーケード(白山名店街)は佐賀市のアーケード商店街です。佐賀駅南口を出て中央通りを南に進みます。佐賀城の外堀にあたる十間堀の近くを中央通りから東に延びています。佐賀城と佐賀駅の中間くらいです。長崎街道が通っていました。
この白山アーケードはFree WIFIが提供されている点で先進的です。アーケードもモダンな立派なものですが、閉まっている店が多く、空洞化する地方商店街という印象を与えます。
白山アーケードのメインは中央通りを東に伸びる道ですが、途中で北に伸びる支線的なアーケードもあります。ここに七福神の宝船の山車が置かれていました。

幕末維新記念館・佐賀県立図書館

幕末維新記念館(市村記念体育館)は、肥前さが幕末維新博覧会のメインパビリオンです。幕末の佐賀藩の技術力や当時の佐賀藩主・鍋島直正の思いを紹介します。芝生広場には噴水があります。佐賀県では明治維新150年を記念して肥前さが幕末維新博覧会を開催します。佐賀城本丸歴史館、県立博物館・美術館、ながさき幕末維新館、徴古館、大隈重信記念館なども会場になっています。
幕末維新記念館の近くには佐賀県立図書館があります。県立図書館は鍋島家により建設された佐賀図書館が前身です。県立図書館も博覧会場の一つです。道路を挟んだ向かい側には佐賀県庁があります。

助野嘉昭『貧乏神が!』

助野嘉昭『貧乏神が!』は貧乏神と貧乏神に憑かれた女子高生の攻防を描くドタバタコメディ漫画である。タイトルは貧乏神の仕打ちに怒った女子高生の「この貧乏神が」という叫び声である。ジャンプスクエア連載作品。アニメ化された。

第1巻はドタバタコメディの名に恥じない抱腹絶倒の展開である。一方で巻が進むにつれて女子高生の人間的成長をサポートするという道徳的要素が強まっていく。それを物語の成熟とみるか、面白さの減少とみるかは評価が分かれるだろう。貧乏神が何を考えているか分からないから面白い。実は相手のことを真剣に考えていたとなると無理やり感動話にしようとしている感も出てしまう。笑えて泣ける話を狙っているのかと感じてしまう。それとも、さらなるどんでん返しがあるのだろうか。

とはいえ、現実世界には自己の責任逃れが第一で、相手に負担を押し付け、目の前の問題の解決しか考えない無能公務員的な存在が横行しており、多くの人が無能公務員に虐げられている。その種の無能公務員はコミュニケーションの輪の中に入れることすら嫌悪するのが人情である。無能公務員と話をするだけで全身に毛玉が涌きそうである。相手のことを考える存在でなければ、やり取りする資格すらない。本心を描くことで貧乏神は読者が受け入れられるキャラクターになる。

本作品ではプリクラがあったり、カラオケでモーニング娘。が歌われたりと世紀の変わり目の風俗が描かれる。ロスジェネ世代には懐かしさを覚える。

やぶからし

山本周五郎『やぶからし』(新潮文庫)は江戸時代を中心とした時代小説の短編集である。他の短編集では町人や遊女の物語があるが、本書は武家の物語で構成されている。但し、最後の短編「ばちあたり」は現代が舞台である。

表題作「やぶからし」は「女心のひだの裏側をえぐった」と紹介される。しかし、本書の多くの短編は武士の精神を描いたものである。人情物よりも侍物が好きな読者に向いている。

主人公の侍達は世間的な優等生ではなく、逆に同輩から嘲られもするが、ある種の人物である。時代小説であるが、窮屈な組織に苦しむ現代人に重ね合わせることができる。「「こいそ」と「竹四郎」」では警察の裏金作りのようなことが行われている。山本周五郎は昭和の大衆文学であるが、21世紀人にも響く。

「やぶからし」は、やぶからしのように役に立たない人間と自嘲している。樹木の「あすなろ」になぞらえた「あすなろう」と類似する。紹介文には「幸せな家庭や子供を捨ててはしる」とあり、どうしようもない人間の話かと思ったが、紹介文がミスリーディングであった。

『樅ノ木は残った』下巻

山本周五郎『樅ノ木は残った』下巻。
伊達兵部は、これまで黒幕として描かれてきたが、下巻では冒頭から底の浅さを露呈する。兵部の悪評は広がっている。ここまで悪評が広がるならば、原田甲斐が兵部に取り入らず、正面から対抗できたのではないだろうか。逆に甲斐が兵部の与党と思われたために、前藩主に取り次いでもらえないという不利益も生じている。「敵を欺くには味方から」はメリットばかりではない。

下巻まで読むと、脇役の人情物が印象に残る。中巻までは、どうしようもない人達を描いていると思っていたが、下巻に入って実を結ぶ。本作品は原田甲斐の人に誇らない忠義を描きながらも、藩のために自己を犠牲にする虚しさも語っている。侍の道を否定する脇役を描くことは本作品にとって大きな意味があった。

自分は他人とは異なるという意識は、自我の確立を目指した純文学のテーマである。純文学は私という殻にこもって面白くないと批判されがちであるが、そのように批判する自称社会派達こそ集団主義的でメジャーな政治的争点を取り上げても、個人の抱える個別的問題に応えられないことが往々にしてある。本作品は大衆文学に分類されるが、私へのこだわりという純文学の問題意識と重なっている。私へのこだわりは現代の漫画やアニメ、ラノベにも引き継がれている。

赤松健『UQ HOLDER!』第3巻

赤松健『UQ HOLDER!』(講談社)第3巻は本格的な戦闘が展開される。表紙には結城夏凜、近衛刀太、時坂九郎丸が描かれる。民間軍事警備会社・力の手(パワフルハンド)が襲撃する。
主人公は前向きな昔ながらの少年漫画の主人公タイプであるが、敵わないと感じたら躊躇わずに逃げる点は新しい。精神論だけで立ち向かうキャラクターではない。今時、主人公のような前向きキャラクターが一般受けするのかと思っていたが、この点は見直した。
魔法が使える世界では、強力な魔力を持ったキャラクターは無双状態になり、現実世界の物量の原則は通用しないことが多い。ところが、この巻では漫画の世界では雑魚キャラになりそうな兵士も主人公を追い詰める。それでも最後は強力なキャラクター達の無双で終わった。
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ