怒り・告発

立正佼成会附属佼成病院裁判

立正佼成会附属佼成病院裁判の判決が2017年7月31日(月)13:10から東京高裁424法廷(霞が関A1出口1分)で言い渡される。

立正佼成会附属佼成病院裁判は母親の治療を十分行わず、苦しくないようにケアもせず、まだ生きられる母親の命を絶ったとして、長女が長男夫婦と立正佼成会を訴えた事件である。治療中止の決定は、患者本人を抜きにして長男夫婦と主治医だけでなされた。

患者の意思が確認できないかどうかの判断の前提として、患者本人に対して意思確認をなす努力が尽くされるべきである。しかし、本件では、患者本人に対して、患者の能力に応じたやさしくわかりやすい言葉で説明する努力を尽くした経緯はおよそ認められない(控訴理由書29頁)。

患者は、自分の体に何が行われるのか知る権利がある。本件は命の自己決定権を侵害された裁判である。医師が、医療水準にある医療行為をせず、過失ありと判断された場合、事実的因果関係が認められる。また、医療行為が適切に行われなかったこと自体が「期待権の侵害」になる。

そもそも患者の治療に先立って病院から、治療方法などの説明がなければ、家族が意思表示できるわけがない。まず、患者の現時点の病状を説明された上で、治療継続か中止かは、慎重に協議しなければならないのにそれがなかった。命のやり取りに関わる重大問題であるにも関わらず、しかるべき手続きがなされずに簡単に命を絶たれたことに憤りを覚える。

病院は、入院患者の安全を保障するべきであるが、佼成病院では、患者の経鼻経管栄養の管理が杜撰であった。病院の注意義務は意外な結果を起こさなくすることも含まれる。意外な結果を起こさなくする義務がある。

患者は、順調な経過と共に意識状態の改善も進み7月よりリハビリを始めた。その後の見通しとして療養型医療機関への転院の指示も受けた。被告長男は、「親の介護は地獄だ、親が先に死ぬのはいいのだ」等と、原告に同意を求めるかのように何度も話しかけてきた。しかし原告は、一度も共感したことはなく、同意もしていない。

その中で8月15日に被告長男は、「時間がかかりすぎる、リハビリに行くのが遅くなる、40分でいいのだ」との理由で患者の経鼻経管栄養の滴下速度を速めた。その後患者は、栄養剤を大量に嘔吐して誤嚥性肺炎になった。病院は、経鼻経管栄養の開始時間、終了時間を記録していなかったため、滴下速度を速められたことが、わからなかった。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

Re: 政治って意外とHIPHOP

ご指摘ありがとうございます。修正しました。
恐らくロゴマークの盾に引っ張られていたのだと思います。
http://www.hayariki.net/tobu/

ご指摘のとおり、若者をターゲットにしたいから使用したものと思います。そのこと自体は結構なことですが、そのセンスがイマイチと感じています。この違和感は自民党に対してもSEALDsに対しても同じように抱いており、その点では公平です。

これはHIPHOPという音楽を拒否しているのではなく、ヤンキー文化的な使われ方に対する拒否感です。これに対して、それを良いと思う層が自民党のコピーに対してだけ拒否感を持つことが論理として成り立つか。逆にSEALDsの使い方だけは良いという論理が成り立つかが問題です。

私はHIPHOPを野党側に独占する資格はなく、自民党がHIPHOPを用いる資格はあると考えます。自己を働き方改革の改革者、既得権益・岩盤規制の破壊者、戦後レジームからの脱却者と位置付けるならば、体制に抗う側です。勿論、「自民党の働き方改革は改革ではなく、改悪である」「戦後レジームからの脱却ではなく、戦前逆行である」などの批判は考えられますが、自民党にも自己主張の自由を認めなければなりません。

HIPHOPを野党的な反権力に限定してほしくない理由としてはエミネムの存在があります。白人ながら黒人中心のHIPHOP界でスターになりました。そこでは公民権運動的な人種差別とは逆に黒人至上主義的な人種差別を受け、それに抗ってきました。それも一つの反体制精神です。

これは決して小さな問題ではありません。私の属するロスジェネ世代は黒人文化としてのHIPHOPを知らず、エミネムによってHIPHOPを知った人が少なくありません。また、ロスジェネ世代は左翼リベラルの権威への反抗がカウンターカルチャーとなっている面があり、その意味でもエミネムと親和性が高いです。

私は上記のように考えますが、このテーマは話題提供者が提示したもので、2017年7月22日(土)の読書会で議論される予定です。話題提供者は「「市民」が与党排除は矛盾していないか」とも問題提起しています。

これを矛盾していないと正当化するためには、ご指摘のように考え方や信条の観点からの評価になると思います。この場合の問題点は考え方や信条が異なる人には何の説得力も持たないということです。普遍性を持った考え方や信条が成り立つか22日に考えたいと思います。

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/


ブランズ明石町不買運動

買ってはいけないブランズ明石町。ブランズ明石町不買運動を優待しよう。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産の物件を買ってはいけない。

高層マンションは好ましくない。高層階に住むと1階まで降りるのがとにかく面倒である。高層階といわず6階以上は面倒である。出不精になる。6階以上に住む子供は5階以下に住む子供に比べて自立が遅いという。

長瀬智也は高層階が嫌いという。「俺、高所恐怖症じゃないんだけど、住むのは低層マンションがいいの。3階よりは2階がいい。タワーマンションはきっと無理」(「長瀬智也だけは事務所内派閥も治外法権! 草なぎ剛にガードを突破して走り寄り…」messy 2017年5月26日)
http://www.hayariki.net/tokyu/index2.html
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV (Hayashida Riki) (Japanese Edition) Edicion Kindle
https://www.amazon.com.mx/dp/B06XVXM8YH/
東急不動産だまし売り裁判と東京外環道 (林田力)(Kindle)
https://bookmeter.com/books/11820906
[asin:B00UQHN39M:detail]
[asin:B00V0RZLPG:detail]


希望のまち東京in東部第17回温泉部「箱根湯本温泉・天成園」

希望のまち東京in東部第17回温泉部「箱根湯本温泉・天成園」は2017年6月17日(土)である。天成園は4回目である。割引券の有効期限内の6月中に出かけた。

ロビーには天成園を訪れた芸能人の絵馬が飾られていた。コント『未亡人朱美ちゃん』内の「ダメよ??ダメダメ」が流行語になった日本エレキテル連合も2014年12月6日に訪れていた。絵馬に「安泰」と書かかれていたのが微妙である。

最初に入浴である。天成園は駅から少し離れた丘を登った場所にあり、露天風呂の開放感は格別である。最初に天成園を訪れた時は冬であった。寒い季節に露天風呂に入り、上は寒く下は熱いという状態はいい。これに対して夏の長湯は厳しい。今回は文庫本を持参し、源泉掛け流しの石風呂で寝ながら読書した。浴場には、ひげ剃り、シャンプー、頭をマッサージする道具などのアメニティも揃っている。

入浴後は浴衣に着替える。浴衣付きであることは賛否が分かれるだろう。余計なサービスであり、選択制にして安い料金で利用できるようにすべきという考えもあるだろう。一方で皆が浴衣を着ていることは旅館の雰囲気を良くする効果がある。

食事は、ざるそば、キリン生グラス、そば寿司膳、ビーフシチュー、豚ロースカツ重、たまだれ豆腐、ブレンドコーヒーを注文した。お土産に箱根力もちを購入した。食事後に再び入浴する。

この日はAKB48 49thシングル選抜総選挙の開票日であった。帰りの車中で開票結果を聞く。荒天でイベントが中止になるという前代未聞の総選挙であった。内容的にも「結婚します」宣言が出るなど前代未聞であった。天成園には宿泊施設もあり、今度は宿泊で行こうという話が出た。
http://www.hayariki.net/tobu/hakone.html
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV (Hayashida Riki) (Japanese Edition) eBook Kindle
https://www.amazon.com.br/dp/B06XVXM8YH/
東急不動産だまし売り裁判と東京外環道 (林田力) Kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XZ1N4B6/


政治って意外とHIPHOP

政治って意外とHIPHOP
今回の読書会のテーマと関連する問題提起として、とあるFacebookグループで自民党のウェブサイトが提示されました。若年層向けの政治塾の案内で「政治って意外とHIPHOP」などのコピーがあります。

これを見て私は自民党もSIELDsもヤンキー文化という点で似た者同士ではないかと感じました。ロスジェネ世代に属する私にとっては80年代のヤンキー文化は時代遅れの恥ずかしいものであり、克服すべきもの、忌むべきものという感覚があります。恐らく自民党もSIELDsもHIPHOPを新しい文化の象徴として用いているとお思いますが、むしろ古いヤンキー文化が先祖帰りしたように映ります。

インターネット上では自民党のコピーが批判されています。私も上記の観点から批判に同調できますが、理解に苦しむ点はSIELDsを支持するような層が自民党批判に利用していることです。これはダブルスタンダードと感じます。市民カフェ第155回「都議選後の市民社会論」では「「市民」が与党排除は矛盾していないか」「実は与党が多様性を尊重していることこそ野党共闘推進者は学ぶべきでは」と提起されました。読書会では本物の市民社会について議論を深めていきたいと思います。

希望のまち東京in東部読書会第43回「市民社会論」
市民社会について論じます。市民カフェ第155回「都議選後の市民社会論」の続編の位置付けです。取り上げる書籍は改めてアナウンスします。
日時:2017年7月22日(土)午後2時??4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は本を紹介しながら話し合うスタイルです。発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/


月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ