林田力 ブログ

書籍や漫画の書評、マンション問題や消費者問題、警察不祥事など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

怒り・告発

LINEを騙る詐欺メール

LINEを騙る詐欺メールです。
[LINE一Corporation]安全認証
こんにちは。あなたのLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。ご本人のアカウントの安全のために、ウェブページでの検証をお願いします。
こんにちは、このメールはLINEで自動送信されています。
下記のURLをスマホにコピーして、スマホブラウザーにて開けてください。
※URLの安全認証有効期限は毎日9時から19時までです。
───────────────
LINE
LINE Corpsrationi

中野相続裁判さいたま地裁第4回口頭弁論

中野相続裁判さいたま地裁(平成30年(ワ)第552号)の第4回口頭弁論が2018年11月30日10時30分から、さいたま地方裁判所C棟一階105法廷で開かれました。この法廷の直後に熊谷6人殺害国賠訴訟の第1回口頭弁論が開かれました。

中野相続裁判は平成19年9月8日に亡くなった母親(東京都中野区)の生前贈与や遺贈が無効であるとして長女が長男と配偶者を訴えた訴訟です(平成20年(ワ)第23964号 土地共有持分確認等請求事件)。中野相続裁判は母が亡くなった一年後に始まりました。この裁判によって長男が入院中の母親の経鼻経管栄養の流入速度を勝手に速めたことや治療を拒否したことが明らかになり、立正佼成病院附属佼成病院事件につながりました。

中野相続裁判さいたま地裁事件は、長男夫婦が長女に対して平成30年1月30日付で母の遺産(共有物)の分割を求めて提訴したものです。長女は長男夫婦に相続人や受遺者を主張する資格があるか訴えます。

第4回口頭弁論で長女側は反訴状を提出しました。不当利得の返還請求です。長男夫婦が長女の同意を得ず、母親の預金を引き出したり、株式を売却したりしているためです。長男側は第4準備書面で「反訴又は別訴を提起すればいい」と書いており(5頁)、反訴は長男側も歓迎するところでしょう。

長女の代理人は長女側の主張が全面解決に資すると主張しました。長女の持分の主張には根拠があります。長男側の主張が権利実体と異なり、形式論で押し通すことは権利濫用です。長男側には入院中の母親の経鼻経管栄養の流入速度を勝手に速めるなど色々な問題があります。

長女側は証拠として乙第25号証から乙第42号証までを提出しました。長女本人が書いた「陳述書(2)」や入院診療計画書、医師記録、看護記録、『「尊厳死」に尊厳はあるか』、『メルクマニュアル第18版日本語版』、『メルクマニュアル医学百科家庭版』、「立法問題としての終末期医療」判例時報2373号138頁、「治療中止をめぐって立法による問題解決は可能か」判例時報2374号111頁、「延命中止、意思確認に力点自民、新法検討」、「ICUにおける末期医療のコンセンサス」などです。

「陳述書(2)」は長男夫婦が母を大切にしていなかったことなどを書いています。遺体を家に帰さなかったなど遺体まで大切にしませんでした。「陳述書(2)」は「通常人が被相続人であるとしたら、長男夫婦のような行いをした人物に相続させたいと思うでしょうか」で結んでいます。長女は当事者尋問に応じる意思で陳述書を書いたとします。

陳述書以外の文書は、陳述書の理解に必要なもので、長男の権利濫用を裏付ける事実です。長女が陳述書で書いた内容が長女だけが考えているものではなく、根拠のあるものであることを示す事実です。口頭弁論終了後の報告集会では「相続財産は全て相続人に明らかにしなければ不味いのではないか」との意見が出ました。
http://www.hayariki.net/nakano.html
nakano

和田心臓移植から50年 加速されるいのちの切り捨て

シンポジウム「和田心臓移植から50年 加速されるいのちの切り捨て」が2018年11月18日(日)、専修大学神田校舎で開催された。共催は臓器移植法を問い直す市民ネットワーク、日本消費者連盟、DNA問題研究会、バクバクの会〜人工呼吸器とともに生きる、脳損傷による遷延性意識障がい者と家族の会「わかば」。患者を置き去りにした医療の実態が浮かび上がった。林田医療裁判と重なる問題である。

小松美彦「和田移植とその歴史的構造」では和田心臓移植の問題として、自発呼吸も心音もあるのに絶望的と判断され、生きているうちに心臓を摘出された蓋然性が高いことと指摘する。心臓移植は、それ自体が是非が問われるが、現実の和田心臓移植は心臓移植の進め方としても問題がある。

ここに現実の医療問題を追及する場合の難しさがあると感じた。「心臓移植は許されない」と「心臓移植の要件や手続きから逸脱している」という二つの方向からの批判が成り立つ。これら二つの論点をそれぞれ独立して吟味すれば良いが、ごっちゃにされがちである。追及される側は意図的にごっちゃにして、批判側が論理矛盾しているように見せて責任逃れする。この克服が大きな課題である。

「和田移植とその歴史的構造」は、和田心臓移植は七三一部隊や九州大学医学部生体解剖事件とつながっているとも指摘する。この種の指摘は珍しくない。一方で「和田移植とその歴史的構造」は戦争に帰してはならないとも主張する。全ては医療・医学の構造的問題であり、人間の命と体への権力問題である。患者は実験材料であった伝統が医学にある。

現代医療の闇を七三一部隊などの延長線上に位置付けることは、安易に過去を水に流す非歴史的な日本では重要な視点である。しかし、そのような論調は戦争が悪いで終わってしまいがちである。「和田移植とその歴史的構造」の視点は新鮮である。

児玉真美「グローバルに進むいのちの切り捨て」は「死ぬ権利」論と「無益な治療」論が両輪になって命の選別と切り捨てを加速していると主張する。

「死ぬ権利」論の恐ろしいところは、それがデフォルトになってしまうことと感じた。もともと「死ぬ権利」は自己決定権が根拠になっている。それならば生きたい人には生きる自己決定権を尊重することが相互主義である。

もっと恐ろしいものは「無益な治療」論である。患者や家族が望んでいても、治療の一方的な停止や差し控えの決定権を問答無用で認める論拠になっている。日本では、この「無益な治療」論による医療サイドの押し付けが深刻である。死ぬことだけ自己決定権を持ち出すことは片寄っている。結局、日本は昔から集団主義の村社会であり、個人の自由を認めていないだけである。本当の意味での自己決定権が対抗する拠り所になるのではないか。

守田憲ニ「脳死と判定された人は生きている」では、基準に基づかない粗雑な脳死判定がなされていると指摘する。脳死判定を誤る原因として薬物の影響がある。麻酔や鎮痛剤は脳神経の機能を低下させて脳死と似た状態をもたらす。脳死判定から長時間生存し、循環や呼吸、内分泌機能が良好な状態に保たれていれば、薬物が排泄され、脳死判定基準を満たさなくなる患者が増えるとする。

質疑応答で私は家族の意見が分かれる場合について質問した。家族の総意が必要との回答であった。

LinkedInを騙る詐欺メール

LinkedInを騙る詐欺メールです。
Account High Restricted
Dear LinkedIn Customer, Our system has detected irregular activity related to your Account, as a precautionary measure, certain limitations may be placed on your account in accordance of the user agreement and privacy policy.
To regain access without any interruption to LinkedIn account, please Click Here to login your Account, you will be redirected by our Security / Customer support to help you re-validate and keep your Account safe for potential risk.
Please follow Instruction given to you precisely to make sure you continue having the best experience possible on LinkedIn. This Email is Subject to mandatory follow, Failure to comply would lead to Permanent closure of Account. Thanks for helping us keep your Account safe. Regards, Your LinkedIn Customer Experience Team LinkedIn Trust & Safety

2018 LinkedIn Ireland Limited. LinkedIn, the LinkedIn logo, and InMail are registered trademarks of LinkedIn Corporation in the United States and/or other countries.
All rights reserved.
This email was intended for this recipient only . Learn why we included this.
If you need assistance or have questions, please contact LinkedIn Customer Service.
LinkedIn is a registered business name of LinkedIn Ireland Limited.
Registered in Ireland as a private limited company, Company Number 477441
Registered Office: Wilton Plaza, Wilton Place, Dublin 2, Ireland

中二病ならぬ「社二秒」

若手社員には中二病ならぬ「社二秒」があるそうです。その第1位は「聞いてもいないのに「昨日、徹夜でさ」など寝ていないアピール」です(串守シャモ「イタすぎる若手社員“社二病”の特徴10「俺が新人のときは…」「昨日、徹夜でさ〜」」bizSPA!フレッシュ 2018年11月8日)。昭和のガンバリズムが先祖帰りしたようです。無駄な仕事をなくして長時間労働をなくす働き方改革を支持できる感性は大切です。

AVアラート詐欺メール

「AVアラート」や「すぐにお読みください!」「私はあなたのアカウントをハックしている」「あなたのアカウントは亀裂です」「あなたの心の安らぎの問題。」との件名で来る詐欺メールにご注意ください。

こんにちは!

あなたは私を知らないかもしれませんし、なぜあなたはこの電子メールを受け取っているのだろうと思っていますか?
この瞬間、私はあなたのアカウント(xxx@xxxx)をハッキングし、そこからメールを送りました。 私はあなたのデバイスに完全にアクセスできます!
実際に、私は大人のvids(ポルノ資料)のウェブサイトにマルウェアを置きました。あなたは何を知っていますか、あなたはこのウェブサイトを訪れて楽しんでいました。
あなたがビデオクリップを見ている間、インターネットブラウザはRDP(Remote Desktop)として動作するようになりました。
それは私にあなたのスクリーンとウェブカメラへのアクセスを提供するキーロガーを持っています。
その直後に、私のソフトウェアプログラムはあなたのメッセンジャー、ソーシャルネットワーク、そして電子メールから連絡先全体を集めました。

私は何をしましたか?
私は二重スクリーンビデオを作った。 最初の部分はあなたが見ていたビデオを表示しています(あなたは良いと奇妙な味を持っている)、2番目の部分はあなたのウェブカメラの記録を示しています。
まさにあなたは何をすべきですか?

まあ、私は$ 570が私たちの小さな秘密の公正な価格だと信じています。 あなたはBitcoinによる支払いを行います(これはわからない場合は、Googleの「ビットコインの購入方法」を検索してください)。
私のBTC住所: 18UytoFiFoJo9fqJA3T76oPvXHvmEvUMog
(それはcAsEに敏感なので、コピーして貼り付けてください)

注意:
お支払いを行うには2日以内です。
(この電子メールメッセージには特定のピクセルがあり、この瞬間にこの電子メールメッセージを読んだことがわかります)。

私がBitCoinを手に入れなければ、私は間違いなく、家族や同僚などあなたのすべての連絡先にビデオ録画を送ります。

しかし、私が支払いを受けると、すぐにビデオを破壊します。

これは非交渉可能なオファーですので、このメールメッセージに返信して私の個人的な時間を無駄にしないでください。

次回は注意してください!より良いウイルス対策ソフトウェアを使用してください!
さようなら!

大分県警巡査を特別公務員暴行陵虐致傷容疑で書類送検

大分県警中津署の男性巡査(20歳代)が2018年9月中旬、職務質問中にもみ合いになった少年を負傷させたとして、2018年10月10日に特別公務員暴行陵虐致傷容疑で大分地検に書類送検された。巡査は依願退職した。巡査は職務質問に際し、少年ともみ合いになり、引き倒して顔に軽傷を負わせた疑いが持たれている。
県警は書類送検について公表していなかった。同署の隅田勝信副署長は「適切に処理しており、詳しい経緯はプライバシー保護の観点から公表できない」とする(「職質でもみ合いに、少年にけが…巡査を書類送検」読売新聞2018年10月31日)。警察官が職務質問で暴力をふるった事件であり、公表は当然である。警察官の氏名などを公表すべきだ。プライバシーが隠蔽の正当化に悪用されている。大阪府警都島警察署に連行中の男性がパトカー内で急死した事件でも、大阪府警の“隠蔽工作“としか思えない行動が報道された。
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/2091970.html

大阪府警巡査を拾得物の現金詐取で懲戒免職処分

埼玉県警草加署刑事課巡査が、急死した男性の遺族から約82万円を詐取した事件は警察官の立場を悪用した犯罪である。同じく警察官の立場を悪用した犯罪に大阪府警の警察官らが落し物の現金を詐取した事件がある。大阪府警南署警備課の巡査らは落とし主に成り済まし、拾得物の現金を詐取したとして逮捕された。
巡査は2017年11月から2018年6月に計12回、府警の落とし物管理システムで得た情報を知人ら2人(詐欺罪で起訴)に伝え、2人に落とし主を装わせ、10署から約305万円をだまし取ったという。金は飲み代などに使ったといい、「遊ぶ金がほしかった」と話している(「知人に落とし主装わせ…巡査、10署から詐取」読売新聞2018年11月2日)。
大阪地検は2018年10月31日、拾得金計53万円をだまし取ったとして、小林被告を詐欺、地方公務員法違反(秘密漏えい)の罪で追起訴した。起訴された額は計117万円となり、府警は残り188万円の詐欺容疑についても追送検する方針。
府警は2018年10月31日、南署警備課の巡査(24)を懲戒免職処分とした。監督責任を問い、前南署長(59)ら当時の上司6人を警務部長注意などとした。民間企業では当たり前になっているコンプライアンスや内部統制が機能しておらず、強い憤りを覚える。公判にも注目する。
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/2091460.html

都島警察署に連行中の男性がパトカー内で急死

大阪府で2018年10月20日に都島警察署に連行中の男性がパトカー内で急死した。大阪府警は22日に死因を「肺鬱血(うっけつ)」と発表した。目撃者が動画を撮影していたが、大阪府警は“隠蔽工作“としか思えない行動を繰り返していると報道された。

「事件翌日の21日、5度にわたり都島警察署から電話があったと目撃者は証言。府警からの電話の内容は、『動画をインターネットにアップするな』、『動画のデータを持って署まで来い』というもの。理由を聞いても『あなたのためです』と繰り返すのみで、「怖くなりました」と語っていた」(「大阪府警「死の連行」 パトカーに押し込まれた泥酔男が死亡」FRIDAY 2018年10月26日)

撮影や公開されて困る内容ならば、そもそも行き過ぎた対応があったと認めているようなものである。理由を明示されずに何かを要求されること、自由が侵害されることほど恐怖と怒りを覚えることはない。冷たいシャワーからもっと冷たい空気の中へ出たように、ふくらはぎも膝も歯もブルブルと震えたとしても不思議ではない。

広島県での不当逮捕が批判される事件でも「パトカー内でAさんのお腹にヒジ鉄を手錠越しに連発した(2週たっても傷跡)」と報告されている(8.6ヒロシマ弾圧救援会「不当逮捕を指揮したのはこの警官たち」2018年8月18日)。アメリカのように警察官にボディカメラを付け、弁護士などの請求によって情報開示すべきである。

天下り警察官が労働者に過酷聴取

自動車販売会社「京都トヨペット」から懲戒解雇処分を受けた男性(32)が懲戒解雇処分の無効や、顧問の元警察官から過酷な事情聴取を受けたことによる2500万円の慰謝料などを求めて提訴した。京都地方裁判所は2018年10月24日付けの判決で、聴取の行き過ぎを認め、会社と元警察官に12万円の支払いを命じた。懲戒解雇処分も重すぎるとして無効と判断した。

判決などによると、男性は2014年に車の売買を巡るトラブルで会社から調査を受けた。その際、会社顧問の元警察官から「京都府警の捜査官やぞ、わし」「なめとったらあかんど」などと詰問されたほか、元警察官が作成した下書きを基に自供書や反省文を書かされた。男性はその後、調査でうそをついたなどとして懲戒解雇処分になった。

藤田昌宏裁判官は判決で、「元警察官であることをことさら述べ、強い言葉で事情聴取を行った」として会社側の不法行為責任を認定。処分についても「懲戒解雇は、慎重に判断すべき」と判断した(「「府警の捜査官やぞ、わし」会社顧問が過酷聴取」読売新聞2018年10月26日)。天下りの弊害が現れている。公務員感覚は民間感覚からは非常識であるが、天下りは民間企業も腐らせてしまう。天下りは民間労働者の敵であることが如実に示された事件である。

脅迫メール:あなたのパスワードが侵害されました

不特定多数にばらまく脅迫メールです。

こんにちは!

私は数ヶ月前にあなたの電子メールとデバイスをクラックしたハッカーです。
あなたが訪問したサイトの1つにパスワードを入力君た。それを傍受しました。

もちろん、それを変更したり、すでに変更したりすることができます。
しかし、それは問題ではありません、私のマルウェアは毎回それを更新しました。

私に連絡したり、私を見つけようとしないでください。それは不可能です。 私はあなたのアカウントからメールをあなたに送ったので、

あなたの電子メールを介して、私はあなたのオペレーションシステムに悪質なコードをアップロードしました。
私は友人、同僚、親戚とのあなたの連絡先のすべてを保存し、インターネットリソースへの訪問の完全な履歴を保存しました。
また、あなたのデバイスにトロイの木馬をインストールしました。

あなたは私の唯一の犠牲者ではない、私は通常、デバイスをブロックし、身代金を求める。
しかし、私は頻繁に訪れる親密なコンテンツのサイトにショックを受けました。

私はあなたの幻想にショックを受けている! 私はこれのようなものを見たことがない!

だから、あなたがサイトで楽しむとき(あなたは私が何を意味するか知っています!)
あなたのカメラのプログラムを使用してスクリーンショットを作成しました。
その後、私はそれらを現在閲覧されているサイトのコンテンツに結合しました。

これらの写真を連絡先に送信すると素晴らしいことがあります。
しかし、あなたがそれを望んでいないと確信しています。

したがって、私は沈黙のためにあなたからの支払いを期待しています。
私は$730が良い価格だと思います!

Bitcoin経由で支払う。
私のBTCウォレット: xxxxxx

あなたがこれを行う方法を知らない場合 - Googleに「BTCウォレットに送金する方法」を入力します。 難しくない。
指定された金額を受け取ると、妥協しているすべての材料は自動的に破壊されます。私のウイルスはあなた自身のオペレーティングシステムからも削除されます。

私のトロイの木馬は自動アラートを持っています。私はこのメールを読んだ後でメッセージを受け取ります。

私はあなたに支払いのための2日間を与える(正確に48時間)。
これが起こらない場合 - すべてのあなたの連絡先はあなたの暗い秘密の生活からクレイジーショットを取得します!
あなたが妨害しないように、あなたのデバイスはブロックされます(また、48時間後)

ばかなことしないで!
警察や友人はあなたを確実に助けません...

p.s. 私はあなたに将来のアドバイスを与えることができます。 安全でないサイトにはパスワードを入力しないでください。

私はあなたの慎重さを願っています。
お別れ。

Hello!

I'm a hacker who cracked your email and device a few months ago.
You entered a password on one of the sites you visited, and I intercepted it.

Of course you can will change it, or already changed it.
But it doesn't matter, my malware updated it every time.

Do not try to contact me or find me, it is impossible, since I sent you an ema
il from your account.

Through your email, I uploaded malicious code to your Operation System.
I saved all of your contacts with friends, colleagues, relatives and a complet
e history of visits to the Internet resources.
Also I installed a Trojan on your device and long tome spying for you.

You are not my only victim, I usually lock computers and ask for a ransom.
But I was struck by the sites of intimate content that you often visit.

I am in shock of your fantasies! I've never seen anything like this!

So, when you had fun on piquant sites (you know what I mean!)
I made screenshot with using my program from your camera of yours device.
After that, I combined them to the content of the currently viewed site.

There will be laughter when I send these photos to your contacts!
BUT I'm sure you don't want it.

Therefore, I expect payment from you for my silence.
I think $870 is an acceptable price for it!

Pay with Bitcoin.
My BTC wallet: xxxx

If you do not know how to do this - enter into Google "how to transfer money t
o a bitcoin wallet". It is not difficult.
After receiving the specified amount, all your data will be immediately destro
yed automatically. My virus will also remove itself from your operating system
.

My Trojan have auto alert, after this email is read, I will be know it!

I give you 2 days (48 hours) to make a payment.
If this does not happen - all your contacts will get crazy shots from your dar
k secret life!
And so that you do not obstruct, your device will be blocked (also after 48 ho
urs)

Do not be silly!
Police or friends won't help you for sure ...

p.s. I can give you advice for the future. Do not enter your passwords on unsa
fe sites.

I hope for your prudence.
Farewell.

神奈川県警警視がパワハラか

神奈川県警中原署の男性警視(58)が職務上、繰り返し大声で怒鳴ったり、差別的な態度を取ったりして、部下の複数の警察官らがパワーハラスメントの被害訴えていることが2018年10月19日、関係者への取材で分かった。精神的に追い詰められた署員が10人近くいたとみられ、うち1人は休職しており、もう1人も通院しながら勤務しているという。

県警は、署幹部を対象にした聞き取り調査を行い、男性警視に不適切な言動はあったもののパワハラまでは認定できないとして、署長が口頭注意していた(「【独自】神奈川県警警視がパワハラか 威圧や差別、休職者も」神奈川新聞2018年10月20日)。「署幹部を対象にした聞き取り調査」という点に警察組織が本気で真相を明らかにする意思のなさが現れている。パワハラ被害者は署の幹部ではない。パワハラ被害者に聞かなければ真相は分からない。パワハラなどハラスメントは受け手の受け止め方が問題である。警察組織は民間組織よりも一歩も二歩も遅れている。

理不尽に踏みにじられることがどのようなものかパワハラ警官は分っていない。このような警察官が拳銃を持って歩いているとは尋常ではない。強い権限をもった部外者による第三者機関が調査し、情報公開しなければパワハラは根絶されないだろう。

神奈川県警では女性のスカート内を盗撮したとして、県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで書類送検された秦野署の元巡査長の男性(28)が不起訴になった。横浜地検が2018年10月17日に不起訴処分とした。不起訴の理由は明らかにしていない。元巡査長は、6月に二宮町のJR二宮駅北口エスカレーターで女性のスカート内を撮影したとして、8月に書類送検されていた(「盗撮で書類送検の県警元巡査長を不起訴 横浜地検」神奈川新聞2018年10月17日)。身内に甘い体質を感じる。
『 #東急不動産だまし売り裁判 』著者。マンションだまし売り被害者。みんなの未来(あした)を守る会代表。#さいたま市桜区 をもっと楽しく。#悪徳商法 マンション投資の #迷惑勧誘電話 #貧困ビジネス 危険ドラッグのない社会を目指します。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ