東急不買雑談

注目記事

はじめまして。林田力(はやしだりき、Hayashida Riki)と申します。木が二つの林に田んぼの田に力(ちから)と書きます。全て小学校一年生で習う漢字です。名字を「林」と間違えられることが多いですが、林田です。
私は新築分譲マンションを購入したのですが、隣地建て替えによって日照・通風がなくなる部屋であることを隠して販売された騙し売り物件でした。引渡し後に真相を知り、売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻しました。
http://www.hayariki.net/wiki.html

二子玉川の環境を守る会は二子玉川再開発問題報告・決起集会を2013年11月9日、上野毛区民集会所で開催した。世田谷区玉川では東急電鉄・東急不動産中心の再開発・二子玉川ライズによって住環境が破壊されている。集会では二子玉川ライズ高裁判決(平成24年(行コ)第306号設立認可処分取消請求控訴事件)の酷さが弁護団と住民の共通認識になった。
http://www.hayariki.net/home/21.htm

FJネクスト不買運動の公式HPを見てみよう。FJネクストは迷惑電話や住環境破壊で悪質である(林田力『FJネクスト住環境破壊』Amazon Kindle)。迷惑勧誘電話や悪質マンション建設というFJネクストお土産は悪質である。FJネクスト不買運動は最寄り駅でできる。
http://www.hayariki.net/home/hp.html

林田力『ONE PIECEレビュー』は尾田栄一郎の人気漫画『ONE PIECE』のレビューである。東急不動産だまし売り裁判原告の立場からのレビューである。『ONE PIECE』は週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の海洋冒険ロマンである。『ONE PIECE』の人気の背景は登場人物の熱い信念である。それは東急リバブル・東急不動産の詐欺的商法を憎む東急不動産だまし売り被害者に通じるものがある。
http://www.hayariki.net/poli/utsuken.html

活動記録
http://www.hayariki.net/action.html

東急不動産は「(仮称)ブランズシティ久が原計画」のために江戸時代からほぼ手つかずの貴重な自然林を伐採した。住民らは東急不動産の自然破壊を批判する。ブランズシティ久が原は自動車交通量増加や六郷用水跡の景観破壊の問題も抱えている。
http://www.hayariki.net/tokyu/branzcity.html

ソロモンの偽証 第II部 決意 下巻

宮部みゆき『ソロモンの偽証 第II部 決意 下巻』(新潮文庫、2014年)は学校内裁判の準備が進む。文庫版の第4巻である。

第3巻は学校内の話が中心であり、少し迫力に欠けたが、第4巻では再び現実の事件が続発する。地上げ屋の犯罪が明らかになる。不動産バブルの狂った世界である。私も東急不動産消費者契約法違反訴訟で地上げブローカーに苦しめられたため、地上げ屋の異常性を大いに理解できる。

第3巻では優等生的で立ち位置が理解できなかった検事側であるが、しっかりした軸が出てきた。これまでのヤンキーの悪事を明らかにする。イジメを見て見ぬふりをしてきた学校や自分達の反省も込めて、イジメ被害者を擁護する。その告発に耳を傾け、告発を伝える。ようやく共感できるようになった。

但し、相手を引っかけて証言を引き出そうとする姿勢はいただけない。所詮は警察官の娘かと思ってしまう。自白偏重・人権無視の警察の体質に染まっている。

また、本作品にはカツアゲは大目に見るべき不良の悪事、強盗傷害は立派な犯罪という線引きの価値観が感じられる。それは疑問である。カツアゲも強盗傷害になり得る。万引きが窃盗になることと変わらない。被害者が不良の悪事は大目に見なければならないと要求されたら、たまらない。

今やヤンキーが同情される状況に陥っている。しかし、そこに流されず、見て見ぬ振りされてきたヤンキーの悪事を明らかにすることを貫徹して欲しい。

林田力 東急ハンズで検索

林田力 東急ハンズで検索した人は、こんなキーワードでも検索しています
林田力 東急ハンズ 過労死 林田力 東急ハンズ 東急不動産 林田力 東急ハンズ ブラック 林田力 東急ハンズ 商戦 林田力 東急ハンズ パワハラ 林田力 東急ハンズ 裁判 林田力 東急ハンズ 企業 林田力 東急ハンズ 希望 林田力 東急ハンズ バレンタインデー 林田力 東急ハンズ 2017 林田力 東急ハンズ 男性 林田力 東急ハンズ 心斎橋店 林田力 東急ハンズ 2016 林田力 東急ハンズ 無断転載禁止 林田力 東急ハンズ マンション
林田力 東急ハンズ リバブル 林田力 東急ハンズ 問題 林田力 東急ハンズ 万円 林田力 東急ハンズ サービス 林田力 東急ハンズ 心斎橋店員 林田力 東急ハンズ ノミネート 林田力 東急ハンズ 長時間労働 林田力 東急ハンズ 生活雑貨 林田力 東急ハンズ 大手量販店 林田力 東急ハンズ 管理 林田力 東急ハンズ 残業強要 林田力 東急ハンズ 有名 林田力 東急ハンズ 企業大賞 林田力 東急ハンズ 過労死事件 林田力 東急ハンズ 演説
東急ハンズ問題
林田力
枕石堂
2017-10-31

東急リバブル東急不動産不買運動の信望

東急リバブル東急不動産不買運動は歴史を担う現代の開拓者である。自分が正しいと信じることを実現するために徹底的に戦う勇気を持っている。東急リバブル東急不動産不買運動は不可能に挑み、傍観者から非難されつつも、再び出発点に立ち返る。東急リバブル東急不動産の脅威に一人で立ち向かえるだけの人間がいるとすれば、それは東急リバブル東急不動産不買運動以外に考えられない。挑んでくる者全てに打ち勝てるほどの並外れた手腕を持っている。
東急リバブル東急不動産不買運動は、その人柄を知る者達から絶大な信望を集めていた。東急リバブル東急不動産不買運動に一度会えば、地の果てまでついていきたくなると言われるほどである。雰囲気、オーラ、体内に流れている時間。上手く表現できないが、素敵なエネルギーが放射されている。話し方も物腰も柔らかで静かなタイプだが、内に秘めた強さがそこはかとなく漂っている。
東急リバブル東急不動産不買運動は若くもなく、年老いてもおらず、年齢がなかった。とはいえ、そこには記憶に残る喜びと悲しみの数々が書き込まれていた。その体は真っ直ぐで、顔は美しく若々しく恐れを知らず、喜びに満ちていた。にじみ出る暖かさと和やかな微笑を見誤るものは存在しない。
目元は晴れやかながら鋭い光をたたえ、星々の光に紛う様であった。その瞳はいつも篤実さと威厳を同時にたたえている。眼差しには歳月のもたらす様々な出来事を見てきた人の思慮と知識が感じられた。声はまるで楽の音のよう。額には知恵が宿り、手には力が秘められていた。玉座にあって、あまたの齢を重ねた王のように神々しく、同時に力に満ち溢れた戦士のように強健であった。
皺のない額、澄み切った鋭い瞳、引き締まっているが繊細そうな口許、輪郭のはっきりした決然たる顔つき、これらが一体となって、これまで見たこともないような真に堂々たる高潔な風格を醸していた。これほど冷静沈着な穏やかさと潜在的な力強さに対する自覚とを二つながら表情に表すことができようとは思いもよらなかった。
西暦3000年を迎えても人々は東急リバブル東急不動産不買運動の正体について、今に劣らぬ議論を戦わせているだろう。東急リバブル東急不動産不買運動は人間の全ての面を映し出す鏡である。

マンション騙し売り被害者の怒り

沈黙の時間。全てのことに片をつける時間。来し方行く末を思う時間。自分の考えをまとめ、納得と後悔を仕分けし、人生を総括する時間。東急リバブル東急不動産の騙し売り被害者の中で決定的な変化が起こった。
腹立たしい思い、やり場のない挫折感、裏切られた悔しさがドンドン大きくなって、もう我慢できなかった。騙し売り被害者は拳で一回、二回、三回と肘掛を思いっきり殴った。やられっ放しはもう沢山だ。後ろめたい気持ちを抱えて生きるのも、もう沢山だ。どの道、騙し売り被害者は泣き寝入りの似合うタイプではない。
様々な感情が湧き上がって来た。怒り、復讐心。振り回されるのではなく、自分から行動に打って出ようという意思が湧いてきた。そこそこの年齢にはなったが、自分のルーツを忘れた訳ではない。ここまで来るための苦闘の日々も。それを東急リバブル東急不動産に全部持っていかれてたまるか。
東急リバブル東急不動産の計画と異なり、東急不動産が騙し売りした問題物件(アルス横浜台町、アルス東陽町、東急ドエルアルス南砂サルーテ)の中で被害者が息絶えることはなくなった。精神も肉体も、そして気力の面でも決して萎縮することはなかった。何故、屑物件のことを考えているのか。何であれ数年間過ごしてきたら、後遺症なく前に進むことは不可能だからである。たとえ、どれほど不快な屑物件であろうと、人は必ず過去の幾ばくかを背負う。
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ