林田力 だまし売りのない世界へ

書籍や漫画の書評、マンション問題や消費者問題、警察不祥事など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。江東住まい研究所長。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

リフォーム問題

平成30年7月豪雨

平成30年7月豪雨により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。台風7号および梅雨前線等の影響で2018年(平成30年)6月28日から7月8日頃にかけ、西日本を中心に広範囲で大雨災害が起きています。過去の豪雨災害と比べても大きな降水量でした。
大変なる御心痛、御苦労があるかと存じます。お亡くなりになられた多くの方々の御冥福を衷心よりお祈り申し上げます。ご遺族の皆様に対し深くお悔やみを申し上げます。一人でも多くの命が助かりますことをお祈り申し上げます。
私はマンションだまし売り被害者として、災害に乗じた悪質な業者への注意を喚起します。災害につけ込んだ詐欺や悪徳商法が多発しています。点検商法や悪質リフォームの次々販売などです。

君の名はガーラ木場不買運動

君の名はガーラ木場不買運動。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は他人の人生を翻弄し、負債を負わせる。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、いささかも自己省察を施さない。信頼のない企業など存在価値はない。

ガーラマンションの纏う空気は禍々しく陰鬱なものである。ワンルームマンションの形は不自然で無様である。ワンルームマンションは電源が切れた冷蔵庫のような妙な閉塞感が漂う建物である。度重なるワンルームマンション建設は資源の浪費である。FJネクストは説明責任を果たしていない。ガーラ木場新築工事は誰も責任を取らない無責任プロジェクトの結晶である。

FJネクストのマンションから近隣住民に向けて糞を投げるとの書き込みがインターネット掲示板でなされた。FJネクストのマンションでは糞便にまみれて生活しているのか。

ライトノベル『とある魔術の禁書目録』のシスターズ流に言えば「FJネクスト不買運動するとミサカは宣言します」となる。打ち止め(ラストオーダー)流に言えば「ミサカはミサカはFJネクスト不買運動してみたり」となる。

アマゾン 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 東急不動産で買ってはいけない ブログ FJネクスト江東区東陽マンション建設工事騒音

江東住まい研究所

33bc8d3c.jpg

江東住まい研究所は不動産問題を中心に消費者や住民の直面する問題を研究します。不動産購入は一生に一度あるかないかの買い物であり、だまし売り被害に遭ったら深刻ですが、個人の問題と扱われ、中々共有されません。問題事例を見える化して注意喚起します。

空き家(部屋)の実態調査と、空き家(部屋)の有効活用を進めます。空き家問題が大きく取り上げられる以前の2014年9月10日に江東区議会に「若者の自立支援政策を目的とした区内の空き家の実態調査とそれに基づく施策策定を求める陳情」を提出しました。
空き家をシェアハウスなど低所得者向け住宅として活用します。空き家(部屋)のシェアハウスへの転用や家賃補助などで、若者をはじめ低所得層の住まいの確保を進めます。空き家の多くはファミリー世帯向けで、住まいの貧困に苦しむ若者単身者とのミスマッチという問題がありますが、シェアハウスへの転用は一つの解になります。
空き家の増加は大きな問題です。空き家活用をするか否かは既に問題ではなく、いつ、どこで、何をなすべきかが議論の重点です。最早誰も否定できません。空き家問題と住まいの貧困を一挙に解決したいと考えております。
住宅は供給過剰です。新築中心から既存住宅の活用に転換します。古い建物もリノベーションして耐震性、耐久性を高め、使い続けていきます。
住まいは人権です。住宅政策は命の問題につながります。住まいの貧困をなくし、安心して住み続けられるまちにします。若い世帯に家賃助成を。高齢者が自宅で過ごせ、地域で見守り、助け合える街へ。

防災と住み続けられる街を両立します。防災は大切です。しかし、防災を大義名分として生活がないがしろにされる傾向があります。道路の拡幅や木造密集地域の解消によって、住民が住み続けられなくなるならば本末転倒です。災害から何を守るかを忘れて、守るべき住宅すら防災のために立ち退かなければならないことは理不尽です。人は誰でも大切な住まいを手放したくないものです。個々の住宅の耐震化を進めて道路の拡張によらない防災都市を目指します。
車優先の道づくりはやめて、自転車レーンや歩道を整備し、車椅子で移動できる街にします。
既存店舗を活性化します。個性ある店づくりを支援します。地域の文化資源を活用して、特徴ある商店街の創造を支援します。

大型開発は格差を拡大させます。大型開発は待機児童や災害リスクを増大させます。箱ものを作ればいいという発想は時代遅れです。住民の生活を踏みつける開発優先の政治を止めなければなりません。
土建国家を改革します。従来型の土建国家は住民ニーズに応えられておらず、限界に達しています。コンクリート・ジャングルの無機質さは、どこか恐ろしく感じます。一軒一樹、土のある景観づくり。日本経済は利権政治と無意味な規制によって健全な成長を妨げられています。

奴隷労働さながらのブラック企業問題に取り組みます。ブラック企業・ブラックバイトを一掃します。ブラック企業やブラックバイトをなくします。区独自の相談窓口をつくり、雇用環境の実態を明らかにします。
事業所の実態調査を行い、ブラック企業の違法な働かせ方を根絶します。長時間労働を抑制する取り組みを推進します。ブラック企業や貧困に苦しむ若者達の声こそ政治に反映させなければなりません。
孤立した貧困者や若者が参加できる新産業・コミュニティービジネスを育成します。空き店舗の活用を促進します。
事務処理は最小の経費で最大の効果を発揮させます。サービス低下・コスト増大の逆効果になる外部委託は見直します。継続的な業務について、雇用の安定に努めます。自治体がブラック企業化するブラック自治体にはしません。

林田力とは で検索した人は、こんなキーワードでも検索しています
林田力とは 東急不動産 林田力とは 裁判 林田力とは マンション 林田力とは 購入 林田力とは 東急 林田力とは facebook 林田力とは 新築 林田力とは 著者 林田力とは twitter 林田力とは 通風 林田力とは 悪質 林田力とは hayachikara 林田力とは 2009 林田力とは 万円 林田力とは 被害者
林田力とは 交流 林田力とは tweets 林田力とは 物件 林田力とは 隣地 林田力とは リバブル 林田力とは 利用 林田力とは 建設 林田力とは 眺望 林田力とは enjoy 林田力とは 運営会社 林田力とは 日本 林田力とは ガーラ 林田力とは follow
http://saitamashi.blog.jp/ #さいたま市桜区

FJネクスト住環境破壊Take Me Home
https://youtu.be/GcgBK_QGGjs
FJネクスト不買運動(蛍の光)
https://youtu.be/nh6eQB8sTzo
FJネクスト仮囲いを外して悪質工事
https://youtu.be/QYiDXWa2krM
輸入雑貨店リガーズは店長が薬物犯罪で逮捕されていた。

空き家

Amazon.co.jp: 何故、空き家活用か eBook: 林田力: Kindleストア - アマゾン
林田力『何故、空き家活用か』は空き家活用の必要性を論じた書籍である。希望のまち東京in東部が江東区議会と足立区議会に提出した空き家活用陳情や関連資料も収録した。空き家が再び輝きを取り戻すことが地域を明るくする。 空き家の増大江東区の状況 ...

空き家をシェアハウスに | 林田力 | 不動産 | Kindleストア | Amazon
林田力『空き家をシェアハウスに』は空き家を若年層など住まいの貧困に苦しむ人々向けのシェアハウスとして活用することで、空き家問題と住まいの貧困の解決を提言する。若者の自立支援政策を目的とした空き家の実態調査とそれに基づく施策策定の陳情の ...

林田力 『空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法』マンション投資は ...
空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法』マンション投資はハイリスク. 林田力. サーファー薬剤師『空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法』(技術評論社、2015 年)は地方の戸建て住宅を対象とした不動産投資の魅力を説明した書籍である。

林田力 東急リバブル不買運動
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った - 林田力/著 ... 東急不動産消費者契約法違反訴訟において、東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして ... 空き家をシェアハウスに

林田力 はやしだりき
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った - 林田力/著 ... 空き家をシェアハウスなど低所得者向け住宅として活用します。空き家を借り上げ、公営のシェアハウスとし、住まいの貧困に苦しむ人々に廉価な住宅を提供します。 空き家の増加は大きな問題です。

林田力 世田谷区の空き家活用
世田谷区の空き家活用. 林田力. 東京都世田谷区は空き家活用に取り組む自治体として注目されている。平成20年住宅・土地統計調査によると、世田谷区には34709戸の空き家、空き室が存在している。そのうち、腐朽・破損のある住宅を除い ...

林田力さんのページ(8ページ目)【本が好き!】
【本が好き!】レビュアー林田力さんのページ 林田力は『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『二子玉川ライズ反対運動』の著者。東急不動産消費. ... 書評 空き家 活用 (希望のまち東京in東部記録) by 林田力. 投票×2. 書評 集団的自衛権シール投票 ...

FJネクスト悪質マンション建設工事2/15 - YouTube
... 都江東区東陽1-16-21)は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用 ワンルームマ ...

枕石堂 林田力『東急不動産だまし売り裁判』
林田力『何故、空き家活用か』Amazon Kindle 林田力『裏事件レポート』Amazon Kindle 林田力『絶望者の王国』Amazon Kindle 林田力『歌手』Amazon Kindle 林田力 『蘇我善徳』Amazon Kindle 林田力『北本市いじめ自殺裁判』Amazon Kindle 林田力『 江東 ...

林田力 だまし売りのない世界へ (@hayachikara) | Twitter
The latest Tweets from 林田力 だまし売りのない世界へ (@hayachikara). 『 #東急不動産だまし売り裁判 』著者。マンションだまし売り被害者。みんなの未来(あした)を守る会代表。#さいたま市桜区 をもっと楽しく。#悪徳商法 マンション投資の #迷惑勧誘電話
空き家をシェアハウスに
林田力
江東住まい研究所
2017-12-12



FJネクスト仮囲いを外して悪質工事
https://youtu.be/QYiDXWa2krM
エフ・ジェー・ネクスト不買運動jupiter
https://youtu.be/BHwPWOPR8H8
FJネクスト不買運動
https://youtu.be/3kQD-ufMTmE

INAXよりもTOTOに軍配

日経BP社の「プロの評価とトレンドがわかる建材設備ガイド」では温水洗浄器一体型便器は「INAXよりもTOTOに軍配」とレビューする。汚れの付きにくさ、セフィオンテクト、プロガードでは、TOTOに軍配が上がるとする。


ビバホーム須賀川南店の自動ドアで顧客が骨折

鏡石町の「ビバホーム須賀川南店」で2006年12月、天栄村の女性=当時(64)=が出入り口自動ドアに挟まれ、左足骨折などの怪我をしたとして、天栄村の女性=当時(64)=がトステムビバ(本社・埼玉県上尾市)などを相手取り、慰謝料など約2750万円の損害賠償を求める訴えを地裁郡山支部(小川直人裁判官)に起こした。
第一回口頭弁論が007年12月3日に行われ、トステムビバ側は争う姿勢を示した。次回は2008年1月28日。訴えによると、女性は昨年12月24日、夫と同店を訪れた。買い物を終えて屋外に出ようとした際、閉じてきたセンサー開閉式の自動ドアに衝突。左足を折るなどして後遺症が残った(「「自動ドアで足骨折」と損害賠償訴え/天栄」KFB福島放送2007年12月04日)。

トステム関連企業で過労死続出

建材メーカーのトステム(住生活グループ)関連企業で過労死される従業員が続出しています。トステムは就職ブラック企業として悪名高い会社です。トステム綾部のトステム綾部工場では中田衛一が22才の若さで急性心停止により死亡しました。両親がトステム綾部と裁判中です。
トステムビバのスーパービバホーム豊洲店ではクルーが死亡しています。サービス残業による過重労働と豊洲店長によるパワーハラスメントが原因と考えられています。スーパービバホーム豊洲店長は高圧的な態度で嫌味を言う人物で、辞める人も多いとのことです。しかしトステムビバの発表では不倫や借金を苦にしての自殺とされています。因みにスーパービバホーム豊洲店は芝浦工業大学豊洲キャンパスの近くにあります。
ところでアルス東陽町301号室騙し売り裁判での東急不動産の弁護士は井口寛二(第二東京弁護士会、井口寛二法律事務所)でした。井口寛二は上記騙し売り裁判で改竄した証拠を提出したり、原告本人尋問を当日になって延期させたりと東急不動産を敗訴させないためだけに悪行の限りを尽くしました(結局、東急不動産が敗訴しました)。井口寛二弁護士の怪しい関係については既に何度も、お伝えした通りです。
この井口寛二はトステムやトステムビバが訴えられた裁判での弁護士でした。トステム建材産業振興財団の評議員でもあり、トステムと深い関係にある弁護士と言えます。井口寛二は労働法を専門としています。トステムの人事労務がブラックだから井口寛二のような出鱈目な弁護士と関係を持つのか、井口寛二と関係を持ったからブラックになったのか。

トステムで過労死相次ぐ

トステムで過労死相次ぐ
建材メーカーのトステムで過労死が相次いでいる。トステム綾部株式会社のトステム綾部工場では中田衛一が22才の若さで急性心停止により死亡した。両親がトステム綾部に対して損害賠償を求めて京都地裁に提訴した。
トステムビバ株式会社ではスーパービバホーム豊洲店クルーが死亡している。サービス残業による過重労働及び豊洲店長によるパワーハラスメントが原因との見方が強い。

スーパービバホーム豊洲店クルー過労死か

スーパービバホーム豊洲店クルーの死亡原因を過労死とする見方が有力である。2007年6月に死亡した豊洲店クルーはサービス残業による過重労働で過労死したとする。豊洲店長によるパワーハラスメント(パワハラ)も過労死の要因とする。過労自殺とする見解もある。
豊洲店クルーの死亡に対するトステムビバ株式会社の姿勢は不可解である。当初、トステムビバは急性心不全と虚偽の発表をした。しかし真実を隠蔽することはできず、ビバホームは7月26日に死亡原因を「不幸な事故」に変更した。自殺を強く推測させるものである。
問題はトステムビバが取締役名義で従業員向けに発表した自殺の原因である。「不幸な事故の原因の主たるものは、私生活におけるトラブルだと思われます。ご家族とは別に、親しい方と生活を共にするかどうかで悩んでおられた。経済的にも多額の個人借財があった」とする(取締役上席執行役員ホームセンター事業部長「スーパービバホーム豊洲店クルーの皆様へ」2007年7月26日)。
トステムビバの発表内容は自殺したクルー(既婚者)の名誉を大きく損なうものである。故人の私生活の一部をトステムビバが公開することは許されるのか。トステムビバに対する反発は当然のことながら強い。保身のための無責任な主張と憤っている。
http://goldn.livedoor.biz/archives/50689859.html
http://kappa.visualclip.net/article/4956303.html
http://newtvdramainfo.blog113.fc2.com/blog-entry-281.html
http://koushinnetukanko.blog114.fc2.com/blog-entry-236.html

トステム社員のアルバイト侮辱発言に反発

トステム社員を名乗る人物がインターネット掲示板「2ちゃんねる」にアルバイト労働者を侮辱する書き込みをした。書き込み内容は以下の通りである。
------------------------------------------------
12 :トステム社員:2007/07/26(木) 23:59:29 ID:cWev9KiJ
時給800円で必死に働いてるおやじに8万やるから靴舐めろって言ったら本当に舐めやがった
俺様が指示を与えなきゃお前らなにも出来ないよなぁ?俺様の気分次第でお前らゴミクズをクビに出来るんだぞ?分かったら言われたとおりにしてろよゴミ。
------------------------------------------------
トステム社員に対する反発の声は強く、「ニュース&天候実況++@2ch掲示板」に「【クズ企業】トステム社員は死ね【人権侵害】」のスレッドが立ち上げられた。

トステム(現リクシルLIXIL)のスーパーウォール工法で欠陥住宅裁判

トステムTOSTEM(現リクシルLIXIL)のスーパーウォール工法で欠陥住宅裁判が起きた。建築主は住宅建築に当たり、トステムのスーパーウォール工法の採用を決めた。そのため、トステムがその販売施工を許可した認定工務店「株式会社川上住建」(大分県中津市)と建築請負契約を締結した。

ところが工事の欠陥をめぐり、トステム及び川上住建と訴訟になった。建築主の告発サイト「トステムのSW(スーパーウォール)工法によって建設されている住宅の欠陥についてのトステム及び認定店蠕郛綵桟の対応について」開設当時(2007年)、住宅は建築途中で放置されたままであった。

欠陥トラブルの発端は棟上げである。一階二階とも全ての柱の土台や梁との取り付け部分に約2センチの木片を取り付けていた。これはまるで柱が全部下駄を履いたようなものであった。しかし川上住建はそのままパネルの取り付け工事を実施した。この際、トステムからは一級建築士I氏が派遣され、施工の指導を行っていた。トステムのスーパーウォール工法のパネルの長さが2718ミリであるのに対し、柱のプレカットが2700ミリで行われた結果、悪質な施工が行われたとされる。

建築主は抗議し、工務店の社長とトステム営業所長M氏と協議した。その結果、木片を取り除きトステムが柱にあわせた2700ミリの特注パネルを製造してパネルを付け替える工事を行った。建築主は具体的な工事計画書の提出を要求したが、無視された。建築主はM大学のN先生に鑑定を依頼したところ、基礎や構造等、20箇所以上の欠陥が判明した。

基礎の根入れが全くない。

外側の基礎の下に割栗石がない。

内側の基礎の下に割栗石がない。産業廃棄物であるコンクリートを砕いた再生砂利が使用されている。

基礎の鉄筋の配筋やコンクリートの被りの不足、吹き抜け部分の構造耐力上の不足、古材・廃材の使用、ベランダ部分や軒天の雨漏り、外壁の膨らみ、基礎の立ちあがり部分の無数の亀裂。

問題は他にもある。建築途中でベランダの下にカビが群生していた。その後、ベランダに水を貯めて雨漏りがないかどうか検査を行ったところ、滝のようにベランダの下の外壁をつたって水が流れた。家の内部にもサッシや天井から水が漏れ出ていた。スーパーウォールとは気密性、断熱性に優れた住宅と謳っているが、気密性が高いどころか雨露もしのげないようでは何にもならない。

しかし、川上住建は欠陥を認めず、一方的に工事を中止した。トステムは「川上住建に建材を販売しただけ」と責任逃れの態度に終始した。しかも裁判ではトステムは「部材の指定はしていない」とまで主張した(答弁書)。公式の場で平然と虚偽の主張をすること自体が信じ難い。最終的に施工ミスを認め、和解が成立したとされるが、それならば当初の態度との矛盾が批判される。

一般の消費者にとって不動産は一生に一度あるかないかの大きな買い物であり、欠陥住宅をつかまされたならば、人生を狂わされるほどの被害を受ける。たとえ裁判で勝訴しても、それまでの時間と労力を考えれば「終わりよければ全てよし」などというナィーブな発言は出てこない。

スーパーウォール工法で欠陥住宅紛争が起きたことは事実に基づいたものである。「トステムのスーパーウォール工法で欠陥住宅裁判」削除要求は、単に自らに都合の悪い言論を抹殺しようとする意図のものに過ぎない。欠陥住宅被害者(建築主)から記事記載の事実が主張されたことは事実である。その内容の具体性、迫真性から真実と受け止めることに十分な理由がある。その真実性は工務店が施工ミスを認めて補修を行うなどしたとの説明とも裏付けられる。

欠陥住宅の情報は公共の利害に関する事実である。欠陥住宅紛争を紹介し、消費者に注意喚起することは公共の利益に資するものである。また、スーパーウォール工法欠陥住宅訴訟の内容は公共の利害に関する事実である。裁判は日本国憲法によって公開性が保障されている。

裁判で訴訟上の和解が成立したことも、裁判が数年前に終わったことも、スーパーウォール工法欠陥住宅紛争の事実を否定することにはならない。当初、不誠実な対応をとった事実を否定することにはならない。過去事例として消費者に有益な情報である。

スーパーウォール工法欠陥住宅紛争は終わった問題ではない。「Yahoo!知恵袋」では2012年2月23日にスーパーウォール工法で新築した住宅が欠陥住宅でないかとの質問「欠陥住宅と思われる我が家の今後の対応策を教えてください。」が寄せられている。

***

数年前にトステムのSW(スーパーウォール)工法とやらで新築しました。

初めての冬からとにかく寒く、言われたとおりにオール電化の畜暖を20度程度に設定しての自動運転をしてたのですが、夕方にはすべての畜暖機が完全に空になり、毎日寒い夜を過ごす日々です。(当たり前ですが、家の中が20度以上にならないために運転が止まらないのだと思います。)

ちなみに夏は窓枠のゴムパッキンとかが溶けて変形するほど暑いです。

何度かメーカーから来てもらいましたが、大した説明も改善もされず、このまま逃げられそうです。

自分は当初から窓枠からの隙間風がもの凄く寒かったために、そこら辺の原因究明を求めましたが、許容範囲だと・・・

最近になって確信したのですが、ほとんどの窓が隙間だらけで、酷いところは完全に外が見えます!

メーカーに無償交換を求めたら、使っていれば隙間もできてきますよ!と。部品交換をすれば直る「可能性」があるので、有償で交換しますよ!と・・・

呆れてものも言えません。

家の内側の窓枠が毎日のように凍っています。というよりも、ガチガチの固体になるほど凍っています!!

今日の午後9時現在も凍っており、30分以上入浴してきましたが、それでも浴室の氷は融けませんでした。

***

代理店営業を担当する40代前半の男性社員はLIXILには不正容認の雰囲気があると暴露する。「毎月の数字の詰めが厳しい。上からの必達指示に対して不正してでも達成させる雰囲気がある」(「建築・住宅関連5社が合併の「LIXIL」 トステム専制支配で悲哀のINAX、新日軽」企業インサイダー2012年5月14日)。

リクシルの問題は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)が端緒であった。東急不動産代理人・井口寛二(井口寛二法律事務所)はLIXILが設立したLIXIL住生活財団(旧トステム建材産業振興財団)の評議員を務めている。トステムが特許権侵害で訴えられた裁判のトステム側代理人である(東京地裁平成12年1月28日判決、平成7年(ワ)第1400号 特許権侵害差止等請求事件)。トステムビバ株式会社が意匠権侵害で訴えられた裁判のトステムビバ側代理人でもある(東京地裁平成11年8月27日判決、平成09(ワ)4986号損害賠償請求事件)。

東急不動産だまし売り裁判での井口寛二は不誠実そのものであった。証人尋問を母の病気という個人的理由で延期させて、その間に証拠収集するなどである(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』「原告への陰湿な攻撃」)。原告に対する井口寛二の反対尋問は押し付けがましく、憎悪に溢れていた。まるで消費者契約法は空理空論であり、東急不動産だまし売り被害者は死ぬまで屑物件を抱えろとでも言わんばかりであった。

弁護士からの高圧的な削除要求も批判されている。「相手を圧迫・威圧することで違法行為を押し通すことができるのであれば、『弁護士がついている』『弁護士から書面を出す』といった行為は、まさに心理的に相手を追いつめる格好の手段となる」(今野晴貴『ブラック企業ビジネス』朝日新書、2013年、55頁)

たとえば南東京総合法律事務所・船島伸広弁護士からの削除要求が批判されている。「トラブル・苦情が多い業者を平気で弁護する船島 伸広弁護士にも注意が必要です。本来、弁護士というのは弱者の味方であるべきなのに、船島 伸広弁護士はお金さえもらえれば悪質業者でも弁護するのでしょうか?そのうち懲戒請求されますよ!」(「弁護士から削除依頼が来ました。」日本最大級の情報商材レビューサイト2013年8月24日)
http://tokyufubai.web.fc2.com/tostem.htm

トステムのSW(スーパーウォール)工法によって建設されている住宅の欠陥についてのトステム及び認定店蠕郛綵桟の対応について
http://members.at.infoseek.co.jp/mikyontari/
欠陥住宅と思われる我が家の今後の対応策を教えてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1381089173
建築・住宅関連5社が合併の「LIXIL」 トステム専制支配で悲哀のINAX、新日軽
http://careerconnection.jp/biz/studycom/content_309.html
トステムには徹底的に対応させましょう!!
http://ameblo.jp/jikenbo100/entry-10784703516.html
弁護士から削除依頼が来ました。
http://www.no1-reviewer.com/review/2013/08/post-804.php
【悲報】パカ弁、削除依頼メールを晒される (15)
http://r-2ch.com/t/livejupiter/1380020005/

虫の入るトステムの欠陥網戸批判

トステムの網戸は虫が入る欠陥品と批判される。平成13年12月に新築した家の網戸である。横引き網戸の上下のジャバラの隙間から虫が入ってくる。1匹2匹ならまだしも、電気の周りに集まる集まる。街灯のようであるという。
施主は販売店に問い合わせしたが、販売店は「トステムが取り合ってくれない」と回答。そのため、施主は直接、メーカーのお客様相談センターに電話した(7月12日)。「7月15日の週に調査に伺う」と約束したが、7月22日に調査催促の電話を入れるまで、調査に来なかった。7月23日、調査に来たが、メーカーとして、欠陥ではないと返事する。
施主はトステムの保証書も批判する。トステムの保証書は「通常の取扱によって生じた品質不良・性能の低下によるもので、かつ当社が認定したもの」と記載する。即ちトステムが認めなければ、いかに酷い欠陥であっても、トステムはいかなる補償もしなくて済むようになっている。消費者にとっては全く価値のない紙屑にしかならない保証書である。
施主は以下のように抗議する。「私は、あえて、トステムの欠陥網戸を使い続けます。そして、訴え続けます。メーカーが取り合ってくれないのなら、そのようなメーカーは、お客様相談窓口を作らない方がいい。その窓口のおかげで、不愉快な思いをいているのですから」。トステムは「世間一般の悪質業者より、悪いのがこのような企業ですね」と酷評された。
「メーカーは、私に今回の件で、トステムとしての回答書を送付すると言っていましたが、期限をまた守りませんでした。トステムという会社が、いかにいい加減か、よーく思い知らされました。工務店は、今回の件で、トステム一本の仕入れを辞めたそうです。欠陥を対応しない会社(トステム)は、早く淘汰されることを願いたいと、思います。」

お問い合わせ
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ