林田力 ブログ

書籍や漫画の書評、マンション問題や消費者問題、警察不祥事など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

エンタメ

ギャラリーフェイク 5

細野不二彦『ギャラリーフェイク 5』(ビッグコミックス)は「ペルシャの秘宝」がサブタイトル。ラスター彩復元の実話を下敷きにしながら、イスラム原理主義が広がる中東情勢を絡める。藤田とサラの絆が深まる。

「学芸員物語」が印象に残る。公立美術館の話である。学芸員は真面目に働いているが、館長は学芸員資格を持たず、美術に関心の低い他部署の人間が就いている。業者にリベートを当然のように要求し、縁故で学芸員を採用する。腐敗した公務員である。藤田の逆撃は痛快である。それによって、公立美術館の運営もまともになった。

その分野に意識がなくてもローテーションと称して異動する公務員の人事制度に欠陥がある。ゼネラリストを育成すると言えば聞こえが良いが、肩書きがなければ何もできない人である。

私は2017年2月15日の東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の意見陳述で以下のように指摘した。「組織の中で様々な部門をたらい回しにして、あれもこれも仕事をさせてどれも中途半端です。しかも、他の組織に出入りすることがないために、狭い世界しか知りません。結果、ゼネラリストもスペシャリストも育ちません」

外部から公募するなど公務員に民間感覚を採り入れるべきだろう。勿論、不透明な公募がコネ採用の隠れ蓑になる危険がある。透明性のあるプロセスが必要である。

ギャラリーフェイクという言葉はギャラリーとフェイクを繋げただけであるが、不思議な響きがある。冨樫義博『HUNTER×HUNTER』の念能力の名前に使われたほどである。偽物を扱いながらも、本物への意識は人一倍高い。しかし、今ではフェイクニュースによってフェイクという言葉はミステリアスな雰囲気を失った。

センター試験By the way, who's the woman beside you?

大学入試センター試験の時期です。
2018年度の英語のリスニング第1問はカップルと思しき男性と女性の会話でした。
M: Look! This picture is from last spring.
W: What a beautiful garden!
M: Amazing, isn't it? And the skyscrapers in the distance.
W: Uh-huh. By the way, who's the woman beside you?
男性が昨年春に撮影した写真を女性に見せています。最後に女性が「(男性と一緒に写っている)隣の女性は誰」という会話で終わり、修羅場になりそうな展開でした。リスニング力の高い人の方が笑ってしまって試験に集中できなくなってしまったのではないでしょうか。

夢の雫、黄金の鳥籠

篠原千絵『夢の雫、黄金の鳥籠』(小学館)はオスマン帝国皇帝スレイマン1世(大帝)の妃ヒュッレムを主人公とした歴史漫画である。アレクサンドラは東欧の小村で育ったが、遊牧民にさらわれ、奴隷として売られてしまう。奴隷の買い主にヒュッレムの名を与えられ、スレイマンのハレム(後宮)に入る。スレイマンはオスマン帝国最盛期の皇帝である。最盛期ということは、その後は下り坂を意味する。ヒュッレムの介入が宮廷を乱したとされる。

ヨーロッパではロクセラーナの名前で知られ、悪女として有名である。日本では日野富子に相当するだろうか。日野富子を主人公とした大河ドラマ『花の乱』は、日野富子を悪女と描かず、不人気であった。本作品も主人公はふてぶてしい悪女ではない。むしろ、後宮の体制が問題である。主人公は抑圧される側である。

主人公が権力を握った後は変わってしまうのか注目である。史実ではイブラヒムはスレイマンに処刑される。この処刑にはヒュッレムの暗躍があったとする説が有力である。これまでの展開では、とてもそのようになりそうにない。どのように描かれるか。

世界中でヒットしたトルコ発のテレビドラマ『オスマン帝国外伝 愛と欲望のハレム』もスレイマンとヒュッレムを描く。オスマン帝国は国際色が豊かである。日本は西欧中心主義に影響され、イスラム世界を後進的と考える風潮があるが、オスマン帝国をもっと再評価しても良いだろう。

偉人はそこまで言ってない。 歴史的名言の意外なウラ側

堀江宏樹『偉人はそこまで言ってない。 歴史的名言の意外なウラ側』(PHP文庫、2017年)は世界史に出てくる名言への虚実を明らかにする書籍である。歴史上の有名人のゴシップ的な話題もある。

本書は以下の名言を取り上げている。ナポレオン「余の辞書に不可能の文字はない」、ガリレオ・ガリレイ「それでも地球は回っている」、ユリウス・カエサル「ブルータス、お前もか」、クラーク博士「少年よ大志を抱け」、明智光秀「敵は本能寺にあり」、板垣退助「板垣死すとも自由は死せず」、キング牧師「I HAVE A DREAM.」

フランス王妃マリー・アントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」は、食糧難で苦しむ庶民の感情を逆なでする言葉として悪名高い。パンが食べられなくて困る庶民がケーキを食べられる筈がない。

一方でマリー・アントワネットの言葉ではないとの説もある。マリー・アントワネットを悪く見せるための濡れ衣、冤罪であると。マリー・アントワネットは啓蒙専制君主マリア・テレジアの娘であり、ルイ16世やフランス貴族達よりは相対的には庶民生活を理解していた。

逆に「お菓子」をパンよりも粗末な代用品とする解釈がある。この場合、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」は、食糧難の解決策を提示した発言になる。当時は政府の統制によってパンの材料などが規制されていた。規制緩和によって消費者の選択肢を増やす賢明な発言との解釈もある。

しかし、「お菓子」を食べられたものではない食品と解釈するならば、日本の「貧乏人は麦を食え」と同じ暴言になる。これは「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」のポピュラーな解釈である無邪気な無知とは対極にある。

本書はマリー・アントワネット以前の人物の発言とする。本書は浪費家という一般的イメージとは異なるマリー・アントワネット像を提示する。マリー・アントワネットは贈答品の返礼をしないなど村社会的ルールに縛られない自由な感性の持ち主であった。そこが嫌われた要因ならば、むしろ好感が持てる。

レプリカたちの夜

一條次郎『レプリカたちの夜』(新潮文庫、2018年)は混沌と理不尽の世界を描く小説である。主人公の往本は、動物のレプリカを製造する工場に勤めている。残業中の深夜に動くシロクマを目撃する。前半は意味不明な工場の指示に振り回される。何のためか説明されない。後半になると世界そのものが崩壊する。私はカフカの作品を連想した。台詞の中に自我や実存についての哲学的な主張が出てくる。

新潮ミステリー大賞受賞作であるが、近未来SF作品である。空想世界の話として読むならば良いとして、前半の意味不明な仕事内容が現実の労働経験から来ているとしたら、深刻である。大きな組織の歯車であったとしても、自分の仕事が組織にどのように寄与しているか私は理解して働いているつもりである。それがなくなれば労働は苦痛になる。SFでは管理社会のディストピアが描かれるが、ガチガチに管理しなくても、仕事の意味を教えなければ人間が疎外されたディストリアの支配体制が作れることを示した。

これが日本の労働の多くの現実ならば、うつ病や過労死が多いことも納得である。トップがビジョンやミッションを共有せずに生産性が上がるとは思えない。だから昭和的な体質の日本組織は低迷するのだろう。上の顔色をうかがう忖度ばかりの公務員組織は、本書のような感覚かもしれない。その場しのぎの説明や約束で、後から変遷させる公務員組織の不誠実は、このようなところにあるのではないか。

面白い点は主人公が電話を信用できなくなっていることである。「電話なんてなんの意味があるのだろう。ただの音声。ただの合成シミュレーション」(231頁)。電話よりもメールを優れたコミュニケーション手段と考えている人々は自分の要求を一方的に押し付けたいだけではないか。

知略を養う 戦争と外交の世界史

出口治明『知略を養う 戦争と外交の世界史』(かんき出版、2018年)は戦争と外交の歴史を取り上げた書籍である。著者は立命館アジア太平洋大学学長。本書のタイトルはリアルポリティックス色を強く感じるが、戦争を止めるため、防ぐために外交という手段を駆使してきたというスタンスである。

実際、本書は都市国家が分立したイタリア半島に奇跡的な平和をつくった「ローディの和」を評価している。この時代のイタリア史では、その後に力と権謀術数での統一を志向したチェーザレ・ボルジアが注目されがちである。しかし、外交で平和を達成した「ローディの和」の方が現代に学ぶところが大きいだろう。

本書はヨーロッパ中が驚愕したマリア・テレジアの外交革命を取り上げる。ハプスブルク家のオーストリアが宿敵の関係にあったブルボン家のフランスが同盟関係になった。マリア・テレジアは、女性にハプスブルク家の継承資格はないと難癖をつけ、シレジアを奪ったプロシアのフリードリヒ大王が許せなかった。この外交革命は建前よりも本音で動いた外交の典型例と評される。

「革命」と形容されるほど驚かせた出来事であったが、本書の評価は低い。ドイツの人々にとってフランスはカトリック国でありながら、三十年戦争でプロテスタントを支援するなど、ドイツに介入する信用できない国家であった。そのフランスと同盟関係になったことは、オーストリアの求心力を下げ、プロシアをドイツ統一の主役とする結果にしたとする。

しかし、オーストリア人はドイツ人と民族や言語は同じも、別国家意識が高いことを踏まえれば、ドイツでの求心力を下げる選択は、それほど悪手ではないだろう。また、本書はマリア・テレジアの才覚をあまり評価しないが、ハンガリー人の支持を集めてオーストリア継承戦争を戦い抜いた。後の二重帝国もマリア・テレジア路線の延長線上と言える。やはりハプスブルク帝国はドイツ国民国家よりも中欧の多民族国家として輝く存在である。

ときめきトゥナイト 3

池野恋『ときめきトゥナイト 3』(集英社)は江藤蘭世と神谷曜子が友情を育むという驚きの展開である。「昨日の敵は今日の友」「強敵と書いて友と読む」など少年漫画にも通じる展開である。

正直なところ、少年漫画の「昨日の敵は今日の友」展開には食傷気味である。深刻なイジメ問題を抱える現代の子ども達に支持されるとは思えない。鬼畜と罵った敵国を戦争が終わったら同盟国と呼ぶような非歴史的な日本人好みの展開である。それでも、散々いがみ合った江藤蘭世と神谷曜子の友情は新鮮である。安直な昨日の敵は今日の友展開の少年漫画は本作品に学ぼう。

序盤は王子の卑怯な手口の続きである。見ていられないというサンドと同じ気持ちになる。真壁俊に誤解されることは、恋愛を進める上で不利益になる。これを取り戻すことは大変である。このような実害を考えない身勝手な王子に腹が立つ。

江藤蘭世は黒髪であるが、コミックスの表紙では金髪になっている。この巻はドタバタギャグのラブコメであるが、シリアス長編の設定も少しずつ出てきている。

Yakisoba; Japanese Fried Noodles

Yakisoba is a classic Japanese stir fry noodles with meat and vegetables served with sweetish sauce. There are plenty of vegetables such as cabbage, bean sprouts, carrots and mushrooms. It is extremely delicious. It tastes great! I enjoyed the taste of it.

バトル漫画レビュー

バトル漫画のレビュー集
【書名】バトル漫画レビュー/バトルマンガレビュー/Battle Comic Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

キン肉マン
聖闘士星矢
ドラゴンボール超
僕のヒーローアカデミア
一瞬一瞬の心理描写が深い『HUNTER×HUNTER 第26巻』
『HUNTER×HUNTER』第28巻、老人のカッコよさと醜い悪意
『HUNTER×HUNTER 30』
家庭教師ヒットマンREBORN!
幻覚のドンデン返し『REBORN!第22巻』
『ジョジョの奇妙な冒険 (12)』
『STEEL BALL RUN』第24巻、主人公とラスボスの立ち位置が逆転
ジョジョリオン
ダイの大冒険
ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章 紋章を継ぐ者達へ
『ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章 紋章を継ぐ者達へ (7)』
『ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章 紋章を継ぐ者達へ (13)』
『ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章 紋章を継ぐ者達へ (14)』
『約束のネバーランド』
『約束のネバーランド 6』前向き過ぎる主人公
『FAIRY TAIL』魔法ファンタジー
『FAIRY TAIL』第26巻、キャラクターの過去が物語に厚み
『FAIRY TAIL』第27巻、大長編となったS級魔導士昇格試験編
『FAIRY TAIL(30)』
『FAIRY TAIL(31)』格差社会では修業よりも仲間との絆
『FAIRY TAIL(32)』
『FAIRY TAIL(34)』
『鋼の錬金術師』
脇役の活躍が光る『鋼の錬金術師 20』
マギ
進撃の巨人
『進撃の巨人』第3巻、驚愕の展開から主人公の内面へ
『進撃の巨人』第4巻、訓練兵時代の過去編で脇役をキャラ立ち
『進撃の巨人』第5巻、原点回帰の緊張感
UQ HOLDER!
『新 仮面ライダーSPIRITS』第4巻、往年のファンも納得のエピソード
『デッドマン・ワンダーランド』第9巻、現実の先を行く絶望的な展開
『デッドマン・ワンダーランド』第10巻、理不尽さの際立つ展開
『デッドマン・ワンダーランド』第11巻、目を背けていた過去を直視
『週刊少年ジャンプ』はコラボがブーム?
漫画は博打『週刊少年ジャンプ』がキャッチフレーズグランプリ発表
ボーナスで漫画単行本の大人買い
cover

バトル漫画レビュー
林田力
江東住まい研究所
2018-10-23

悪意の夜

ヘレン・マクロイ(Helen Mccloy)著、駒月雅子訳『悪意の夜』(創元推理文庫、2018年)1955年発表のアメリカのミステリー小説である。名探偵ウィリング博士シリーズの一冊である。このシリーズで日本で最後に翻訳された書籍になる。

原題は「The Long Body」。「長い身体」は本書で重要な意味を持っている。タイトルに相応しい言葉である。一方で邦題『悪意の夜』はサスペンスを盛り上げるタイトルである。

ウィリング博士が探偵役である。独特の存在感を醸し出している。真相究明のために重要な謎を解く。但し、一般の探偵小説の探偵役のような華々しい活躍はない。前半は全く登場しない。事件の謎解きの大半は手紙が明らかにする。正統派の探偵物と比べてキャラが立ちにくい役であるが、それでも印象に残る。作家の筆力のなせる技である。

英米のミステリーを読んで感心することは被疑者被告人の人権についての意識の高さである。親子の会話でも「この国の法律には有罪が立証されるまでは無罪と見なすという大原則がある」という台詞が出てくる(60頁)。本書は半世紀前の話であるが、現代日本よりも進んでいる。当時のアメリカには赤狩りがあり、決して人権保障の理想郷ではないが、何気ない会話に日本との差を感じる。日本ではアングロサクソンの法体系を弱肉強食的と否定的に捉える見解があるが、むしろ学ぶところが多い。

本書ではアメリカとメキシコの国境が取り上げられる。中南米はアメリカの裏庭と称されるが、それでも国境管理には緊張がある。トランプ大統領の国境の壁建設がクローズアップされているが、歴史のある問題と感じた。

保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主

中村彰彦『保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主』(中公新書)は会津藩祖の保科正之を論評した書籍である。保科正之は会津藩の初代藩主である。二代将軍・徳川秀忠の息子で、三代将軍・家光の異母弟である。家光と四代将軍・家綱を補佐した。武断政治から文治政治に転換し、江戸幕府の安泰に貢献した。人質の廃止、殉死の禁、末期養子の禁の緩和の三大美事が有名である。

江戸時代後半の名君は藩を豊かにしたが、正之は幕政への貢献が大きい。名知事であり、名宰相といったところである。ところが、戊辰戦争で会津藩が逆賊・朝敵となり、会津を貶めたい薩長藩閥史観によって、その業績は無視されてきた。

名君と言えば謹厳実直な人物という印象があるが、正之は実利思考であった。正之は明暦の大火で消失した江戸城天守閣を再建しなかった。太平の時代に無用の長物と考えるが、戦国の世でも天守閣が戦に活用されたことはないとも指摘する(70頁)。戦争のリアルも見据えている。

正之は市場原理を重視している。明暦の大火後に米の値段が上がった。これに対して幕府は江戸参勤中の大名を帰国させ、これから参勤する大名には参勤を延期させた(65頁)。需要を減らすことで米価を下げる政策である。ナイーブな心情的には明暦の大火という非常事態の後には多くの人を集めたいものであるが、それで江戸の人口が増えたら、米不足に拍車がかかる。現代の自然災害でもボランティアが集まり過ぎ、逆に被災地の負担が増え、逆効果になることがある。

正之は家臣を召抱える際に、千石の家臣を一人召抱えるよりも、二百石の家臣を五人召抱えることを好んだ。これは「藩というピラミッド組織を風通しのよいものにする利点があった」(94頁)。これは有力家臣の専横や離反・自立化を防ぐ上で効果的である。

但し、戦国時代は、ある程度は家臣団を有力家臣に束ねさせる意味があった。戦争は部隊単位で行うものであり、大名一人で全軍を指揮することはできない。独立的に動く部隊長が必要である。実際、徳川家康は旧武田家家臣を井伊直政に付けた。

これに対して平和な時代は大名が優秀な家臣を直接多く採用した方が良い。これは有力家臣から見れば中央集権的な大名権力の強化になるが、個々の家臣から見れば分散化という分権的傾向になる。

ONE PIECE 3

尾田栄一郎『ONE PIECE 3』(集英社、1998年)は道化のバギーとの対決の続き、ガイモンの話、ウソップの話である。サブタイトルは「偽れぬもの」。ルフィとゾロが表紙に描かれる。

バギーは悪魔の実の能力者であった。能力者同士の戦いは面白さがある。赤髪海賊団もバギーも悪魔の実を食べることはカナヅチになるデメリットが大きいと考えている。バギーは誤って悪魔の実を食べてしまった設定である。しかし、その後の話には海賊にも海兵にも悪魔の実の能力者は多数出てきており、悪魔の実を忌避する様子はない。黒ひげティーチは白ひげ海賊団の最大のタブー「仲間殺し」を犯して悪魔の実を得た。ゴールド・ロジャーの海賊団には悪魔の実を嫌う独特な文化があるのだろうか。

中盤のガイモンの話は面白い。著者がバトルだけでなく、不思議な世界を描く豊かな想像力を持っていることを示している。ここでのルフィの言動に味がある。バギー一味との戦いでの番犬シュシュの話と同じく、ルフィの人間性に惹かれる。

後半はウソップが登場する。バギーは、あからさまな侵略者であった。これに対して百計のクロは騙す存在である。マンションだまし売り被害者としては、こちらの方が許せない(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。卑劣な行為を許せないという感情が高ぶる。バギーは再登場しても、クロは再登場しない。この違いが反映されているのだろうか。
『 #東急不動産だまし売り裁判 』著者。マンションだまし売り被害者。みんなの未来(あした)を守る会代表。#さいたま市桜区 をもっと楽しく。#悪徳商法 マンション投資の #迷惑勧誘電話 #貧困ビジネス 危険ドラッグのない社会を目指します。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ