エンタメ

世界史

875dabea.jpg
#Amazon #歴史 #世界史
マンションだまし売りを許すことは、「死んでも構わない」と言うことと同じであった。マンションだまし売りの東急不動産が誠実に振る舞う確率は地球と冥王星がランデブーする確率より低い。マンションだまし売り被害者の絶望は計り知れない。

林田力『世界史』(アマゾンKindle)は世界史に関する作品のレビュー集である。

【書名】世界史/セカイシ/World History
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

『ヒストリエ』古代ギリシアの風俗
『ハンニバル戦争』
『ガリア戦記 (まんがで読破)』
東急不動産だまし売り裁判とテルマエ・ロマエ
『テルマエ・ロマエ II』
『テルマエ・ロマエ III』
テルマエ・ロマエの長編化に賛否両論
『テルマエ・ロマエ V』
『テルマエ・ロマエ VI』
『アンヌウヴンの貴公子』
『三国志40人の名脇役』
『SOUL 覇 第2章』
『女王の花』
『女王の花 2』
『女王の花 3』
不寛容への怒り『秘密の巻物』
『女教皇ヨハンナ』女性を抑圧したキリスト教の家父長的性格
『修道女フィデルマの探求 修道女フィデルマ短編集』
『翳深き谷』
『消えた修道士』
『オクシタニア』
『ヴィンランド・サガ』
『傭兵ピエール』弱さと熱い感情
『預言者ノストラダムス』歴史上の預言者を描く
『ルネサンスの偉大と退廃』
『チェーザレ〜破壊の創造者〜』
『黒王妃』
『ハプスブルクの宝剣』
『かの名はポンパドール』
『二都物語』
『革命のライオン』少しの勇気が革命を起こす
『バスティーユの陥落』口火を切る勇気
『聖者の戦い』怪物タレイラン
『議会の迷走』
『王の逃亡』人を馬鹿にした嘘への怒り
『フイヤン派の野望』ジャコバン・クラブの分裂
『ジロンド派の興亡』生存権
『小説フランス革命XI 徳の政治』
『小説フランス革命XII革命の終焉』
『バスティーユの陰謀』
『マリーアントワネットの遺言』ブラック士業
『マリー・アントワネットの料理人』
『象牙色の賢者』
『青年将校ジョージ・ワシントン』
『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』
『エジンバラの古い柩』
『家政婦は名探偵』
『憂国のモリアーティ』
『乙嫁語り』
『濡れた魚』
『ゴールドスティン』
『オリーブも含めて』
『火星からの侵略』
『スターリン秘史 巨悪の成立と展開 3』雇われ左翼批判
ナチス批判
欅坂46のハロウィン衣装がナチス酷似
『若き日の哀しみ』
『ダライ・ラマ自伝』
『ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち』
『パレスチナ・そこにある日常』
『イスラム国の野望』
パレスチナ問題
『緑の資本論』
『冬の兵士』
『バーニー・サンダース自伝』
『アメリカ帝国衰亡論・序説』
『探偵は壊れた街で』
『観光コースでないシカゴ・イリノイ』
『中国は民主主義に向かう』
『アジアに架ける橋―ミャンマーで活躍するNGO―』を読んで
『雪』
『ソマリアの海賊』
『マンガでわかる! 世界最凶の独裁者18人』
『世界国勢図会』
『BILLY BAT(7)』ケネディ大統領暗殺の裏面を描く
『BILLY BAT(8)』
『BILLY BAT(9)』アポロ計画の嘘に挑む
『BILLY BAT(10)』

『火星からの侵略』

ハドリー・キャントリル著、高橋祥友訳『火星からの侵略 パニックの心理学的研究』(金剛出版、2017年)はラジオドラマ『宇宙戦争』によるパニックを研究した書籍である。戦間期の米国で『宇宙戦争』がラジオ放送され、パニックを引き起こした話は有名である。多くのリスナーが現実に火星人が攻めてきたと受け止めてパニックになった。しかし、有名な割には細部まで知られていない。

本書は冒頭で、そのラジオドラマの脚本を掲載する。脚本を読んでみるとラジオドラマは巧みである。本物の臨時ニュースのような構成になっている。

この事件はラジオというマスメディアが発達したために起きたものである。情報社会を象徴する事件である。しかし、21世紀の高度情報化社会では起こりにくいものと感じる。それは他のチャンネルやメディアで確認することができるためである。

一つの放送局で臨時ニュースをしていても、他の放送局でしていなければパニックにはならないだろう。本書の研究でも他局の番組を確認した人がパニックに陥らなかった。情報の多様性、選択肢の多さが大切であると感じた。

現代はフェイクニュースが問題になっている。その対策は信頼できるメディアを絞り込むのではなく、多様なメディアに接することが大切だろう。

本書で認識したことに『宇宙戦争』がハロウィンに放送された点がある。制作側にはハロウィンのイタズラ感覚があった。現代日本でもハロウィンでばか騒ぎする人々と、それに眉をひそめる人々のギャップは存在する(63頁)。この放送が大きな問題になったところには、ハロウィンのイタズラ感覚への意識のギャップもあるのではないか。

本書はラジオの短所として時間の柔軟性に乏しいことを指摘する(99頁)。放送時間にラジオを聴いていなければならない。紙媒体のように好きな時間に読むことができない。この短所はTVにも該当する。

これだけでは古い紙媒体が新しい放送媒体を叩いているだけになりかねないが、より新しいインターネットは時間の柔軟性が高くなっている。YouTubeのようなオンデマンド配信ならば短所を克服できる。より受け手(消費者)本位のメディアが普及すればパニックは起きにくくなるだろう。少し話を脱線するが、この時間の柔軟性は仕事において電話よりもメールを求める心理と重なる。電話は相手の時間を拘束することになるためである。

林田力の本

spa

林田力『温泉旅行』江東住まい研究所、2017年11月30日
林田力『NARUTOとBORUTOレビュー』江東住まい研究所、2017年11月11日
林田力『東急不動産問題』江東住まい研究所、2017年11月10日
林田力『経済経営書評』Amazon Kindle 2017年11月4日
林田力『東急ハンズ問題』Amazon Kindle 2017年10月31日
林田力『買ってはいけないFJネクスト』Amazon Kindle 2017年10月13日
林田力『だまし売り』Amazon Kindle 2017年10月7日
林田力『韓国ドラマレビュー』Amazon Kindle 2017年10月3日
林田力『働き方改革』Amazon Kindle 2017年9月30日
林田力『機動戦士ガンダム漫画レビュー』Amazon Kindle 2017年9月23日
林田力『立正佼成会附属佼成病院裁判』Amazon Kindle 2017年9月18日
林田力『ONE PIECEレビュー』Amazon Kindle 2017年9月8日
林田力『立正佼成会附属佼成病院裁判』Amazon Kindle 2017年9月7日
林田力『ドラマレビュー』Amazon Kindle 2017年9月3日
林田力『東急不動産だまし売り裁判と市民社会』Amazon Kindle 2017年8月20日
林田力『東急電鉄問題』Amazon Kindle 2017年7月29日
林田力『東急不買運動と日本海賊TV』Amazon Kindle 2017年6月4日
林田力『東京外環道と東急不買運動』Amazon Kindle 2017年5月3日
林田力『佼成病院裁判と院内感染』Amazon Kindle 2017年4月29日
林田力『FJネクスト不買運動旅行記』Amazon Kindle 2017年4月8日
林田力『東急不動産だまし売り裁判と東京外環道』Amazon Kindle 2017年3月31日
林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』Amazon Kindle 2017年3月25日
林田力『東京外郭環状道路陳述』Amazon Kindle 2017年3月18日
林田力『東京外環道と自動運転車』Amazon Kindle 2017年3月4日
林田力『投資マンション不買運動』Amazon Kindle 2017年2月4日
林田力『東京都議選争点』Amazon Kindle 2017年1月6日

日本海賊TV出演歴

日本海賊TV『金八アゴラ』「東急田園都市線が視覚障害者の白杖を挟んで発車」2017年11月29日
日本海賊TV『金八アゴラ』「十条銀座で十条駅西口再開発など見直しアピール」2017年11月22日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急不動産アスクル火災倉庫購入と東急電鉄オレオレ詐欺」2017年11月15日
日本海賊TV『金八アゴラ』「治療拒否を忖度させる佼成病院」2017年11月8日
日本海賊TV『よくわかる今週の日経』「ISIS崩壊後の中東情勢」2017年11月3日
日本海賊TV『金八アゴラ』「佼成病院裁判の上告理由書提出」2017年11月1日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急ハンズ過労死と小池百合子知事の希望演説」2017年10月25日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急電鉄が一般人の写真を無断使用」2017年10月18日
日本海賊TV『金八アゴラ』「立正佼成会附属佼成病院事件記者会見」2017年10月11日
日本海賊TV『金八アゴラ』「中央防波堤埋立地の領土問題調停案」2017年10月4日
日本海賊TV『金八アゴラ』「江東ナンバーをご当地ナンバーに検討」2017年9月27日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急池上線乗り放題は経営危機の予兆か」2017年9月20日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急田園都市線に4歳児が接触して頭骨折」2017年9月13日
日本海賊TV『金八アゴラ』「二子玉川ハロウィンパーティーはヤンキー化促進」2017年9月6日
日本海賊TV『金八アゴラ』「立正佼成会付属立正佼成病院裁判上告」2017年8月30日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急不動産の十条駅西口再開発事業に取消訴訟」2017年8月23日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急不動産登記トラブル」2017年8月9日
日本海賊TV『金八アゴラ』「佼成病院裁判控訴審判決」2017年8月4日
日本海賊TV『金八アゴラ』「入院中の患者の虐待と佼成病院裁判」2017年7月28日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急田園都市線の時差Bizライナー」2017年7月21日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急バス交通事故」2017年7月7日
日本海賊TV『金八アゴラ』「ブランズシティ久が原反対」2016年12月30日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急電鉄の事故続発」2016年6月26日
日本海賊TV『金曜8時は今週のふりかえり』「東急不動産の奇跡の森伐採」2015年1月23日

『白竜HADOU(5)』日本企業より韓国企業がまとも

天王寺大著、渡辺みちお画『白竜HADOU(5)』(ニチブンコミックス、2017年)は「神の調合師」編の続きである。「神の調合師」編は日本人技術者の海外企業への引き抜きを扱う。

白竜は韓国企業のエージェントとなり、引き抜きを進める側で動く。日本人技術者の海外流出は「国益」という観点では好ましくないとされるが、個々の技術者にとっての幸福が重要である。滅私奉公を要求するようなものであってはならない。白竜はシノギのために行動するが、正義感を持っており、巨悪を叩く結果になることが本作品の魅力である。

この話に登場する企業経営者や官僚は、この上なく卑劣である。海外企業への引き抜きと正義感は見事に両立する。冤罪をつくる悪徳警官を暴力で脅す白竜が勧善懲悪のヒーローに見える。

企業経営者や官僚の愚かなところは、技術者が人間であることを理解していない。モチベーションによって能力を発揮する。無理やり会社に縛り付けて働かせたところで、業績が上げられるものではない。困難な状況でも頑張って最善の結果を出すという昭和の価値観は時代遅れである。

企業経営者は社内での自己の支配権確立しか頭にないため、刃向うものに容赦しないという強硬姿勢は、まだ理解できる。彼にとっては優れた燃料電池の完成は二の次だろう。しかし、官僚が悪徳警官を使って技術者を傷つけることは愚かである。それでは燃料電池の国際競争に勝てるものも勝てなくなる。

本書の韓国企業は明らかにサムスンをモデルとしているが、白竜に対して真摯に対応している。これまでの話で多くの日本企業の経営者が白竜に無礼な態度をとったこととは対照的である。白竜に無礼な態度をとり、痛い目に遭った経営者もいる。また、本書の韓国企業は日本市場の官僚主導体質も批判している。この点も引き抜きに感情移入したくなる。
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ