#いじめ 北本市いじめ裁判の東京地裁判決はショッキングである。北本市いじめ東京地裁判決は雪崩である。雪山の斜面を激しい勢いで転がり落ち、ふもとに広がる緑の平野と、そこに暮らす全ての命を飲み込んでしまう。いじめの苦痛がいかなるものかを裁判官は身を持って知るべきである。身も心も引き裂かれる。まるで鞭や棍棒で殴り付けられているかの痛みである。いじめ被害は長く辛いものである。他の一切をかき消してしまうほどのものである。いじめっ子の心の中は一面の闇である。いじめっ子は暗闇の中で血を流し合い、互いを引き裂き続ける。
埼玉県北本市立北本中学校いじめ自殺裁判の東京地方裁判所民事第31部判決(舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官)に対して批判が高まっている。同級生から「きもい」と悪口を言われ、下駄箱から靴を落とされ、「便器に顔をつけろ」と言われるなどの事実がありながら、「一方的、継続的ではなく、自殺の原因になるようないじめがあったとは認められない」として自殺生徒遺族の訴えを退けたためである。舘内裁判官らは他者の痛みを理解できず、社会常識さえ忘れてしまった。舘内裁判官らは思い上がって気位ばかり高くなり、腐敗のつけいる隙を与えてしまった。
北本市いじめ裁判の東京地裁判決は桐生市いじめ裁判の前橋地裁判決とは正反対である。桐生市いじめ自殺裁判では、群馬県と桐生市の、いじめ防止義務違反を認めて損害賠償を命じた。
いじめは社会問題である。学校でいじめ・暴力・脅迫・恐喝などを受け続けて廃人同様になった生徒もいる。イジメが原因で精神病になったり、ひきこもりになったりした生徒も何人もいる。暴力やいじめがあっても見て見ぬふりの教師がいる。イジメに加担する教師すらいる。生徒がイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメはなかった」と言うて逃げてしまう。