林田力 だまし売りのない世界へ

マンション問題や警察不祥事、書籍や漫画の書評など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。江東住まい研究所長。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。 http://www.hayariki.net さいたま市の話題は林田力@さいたま市桜区ブログ

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

ガンダム

機動戦士ガンダムZZ

『機動戦士ガンダムZZ』(MOBILE SUIT GUNDAM ZZ)は『機動戦士Zガンダム』の続編である。『機動戦士Zガンダム』は『機動戦士ガンダム』の続編であるが、物語中では長い時間をあった。これに対してZZはZ直後の物語である。第一次ネオ・ジオン抗争を描く。少年達中心で物語が進むことが特徴である。巻き込まれ型である点は初代ガンダムやZと同じであるが、少年達は自分達で考えて行動する主体性が増している。これは後の『新機動戦記ガンダムW』を彷彿させる。

しかし、ZZでは主人公達の行動は大枠では地球連邦がネオ・ジオンを鎮圧する戦いの一環でしかなく、地球連邦という体制に貢献するものでしかなかった。ここに宇宙世紀ガンダムの限界を感じる。主人公達のようなコロニー下層民は地球連邦政府から何の恩恵も受けていない。圧政の元凶である地球連邦のために戦う理由はない。組織を絶対視する昭和よりも個人主義が発達した後の時代からは理解し難いことである。

ZZが地球連邦を否定しきれなかった背景には、Zが当初のコンセプトを貫徹できなかったことにあるのではないか。初代ガンダムは単純な勧善懲悪の物語ではない。主人公達の属する地球連邦に大きな問題があることを描いた。一年戦争ではジオン公国を倒した。その続編では地球連邦を倒す展開が筋が通る。そのための反地球連邦組織エゥーゴだろう。そこにジオンのエースであったシャア・アズナブルも加わり、地球連邦打倒という共通の目的のために戦う。胸が熱くなる展開である。

ところが、反地球連邦が反ティターンズに矮小化されてしまった。地球連邦軍のエリート部隊の筈のティターンズが地球連邦から浮いてしまい、ティターンズ打倒の戦いが地球連邦の利益になった。これは面白くない。シャアが希望を持てなくなって身を隠したくなる気持ちも理解できる。

平和の国

矢立肇、富野由悠季原作、後藤リウ著『機動戦士ガンダムSEED 3 平和の国』 (角川スニーカー文庫) はアークエンジェルが海路、アラスカの地球連合軍本部を目指す。それをザフトのアスラン、イザーク、ディアッカ、ニコルが追う。

政治的複雑さが物語の現実感を高めている。地球連合軍と言っても大西洋連邦やユーラシア連邦というように一枚岩ではない。宇宙世紀ガンダム作品の地球連邦は官僚主義や腐敗という負のイメージで描かれたが、組織的な複雑さまでは描かれなかった。冷戦後の民族紛争などを経験した立場には地球連邦は現実性のない中央集権組織に映る。

本作品では占領軍に抵抗するレジスタンスや中立国も登場する。しかも中立国オーブは一年戦争のサイド6のような脇役的位置付けではなく、重要な役回りを果たしそうである。アークエンジェルの製造元であり、味方であるはずだが、真意がどこにあるか分からない謎の組織である。これは『新世紀エヴァンゲリオン』を想起させる。社会現象にまでなった作品であり、制作者が影響を受けていても不思議ではない。

ザフトの最高意思決定機関がプラント評議会という合議体であるのも興味深い。宇宙世紀ガンダム作品では敵軍は独裁政権であることが普通だった。勿論、敵軍も独裁者のリーダーシップに盲従するような単純な輩ばかりではなく、反発する勢力が登場する。ファーストでは親が子、兄が妹に殺された。ZZではグレミー派が反旗を翻し、F91では鉄仮面一派の暴走に対し、内部で自浄作用が働いた。

独裁者を実行力あるリーダーと盲目的に評価する独裁者待望論があるが、そのような幼稚な政治認識にはリアリティーのかけらもない。本作品ではマスメディア向けの公式発表の草稿を用意するシーンもあり、政治の現実を感じさせる。思いつきで暴言を吐くような政治家では務まらないだろう。

原点 THE ORIGIN

安彦良和、斉藤光政『原点 THE ORIGIN』(岩波書店)は『機動戦士ガンダム』の作画監督である安彦の思想と半生に迫った書籍である。安彦は全共闘世代の活動家であった。バリケード封鎖で逮捕され、退学になった。全共闘世代であることを踏まえると『機動戦士ガンダム』から屈折した心情を読み取ることができる。

『機動戦士ガンダム』は当時としては画期的な物語であった。正義が悪を叩くという単純な構成ではないためである。主人公が属する地球連邦はエリート主義と官僚制で腐敗していた。宇宙移民を搾取し、一年戦争の原因を作った存在である。地球連邦が悪の存在と思えてくる。

『機動戦士ガンダム』を単純な勧善懲悪にしなかったところには、戦争はどちらも自分達の正義を主張するもので、正義の戦争はないという思いがあるだろう。それは勧善懲悪劇ばかりの中では画期的であったが、全共闘世代よりも個人主義が当たり前になった、その後の世代には不満がある。結果的に主人公が連邦という腐敗した組織に使われ、連邦を延命させることに貢献しているためである。

『機動戦士ガンダム』が全共闘世代を背景にしているならば、集団を否定しきれない全共闘世代の限界を感じた。ソ連という全体主義国家の崩壊を経験した後はもっと自由である。『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の主人公は地球連邦軍に唯々諾々と従うことを是とせず、軍人としては恥ずべき選択をする。

平成のガンダムである『新機動戦記ガンダムW』では少年達が主体的に世界平和のために行動する。21世紀のガンダムである『機動戦士ガンダムSEED』では主人公達が所属している軍を抜け独立勢力になる。続く『機動戦士ガンダムOO』では最初から主人公達は独立勢力である。

初代ガンダムのように主人公達が腐敗した地球連邦という組織に利用されて終わる展開では視聴者は夢も希望も持てない。腐敗した組織・集団からの脱走は恥ではない。脱走を主人公アムロ・レイの弱さ、成長の一過程と描く初代ガンダムとは大違いである。腐敗している集団・組織でも否定しきれない弱さは、「総括」「査問会」という全共闘世代の悪癖の裏返しではないか。

閃光のハサウェイ

富野由悠季『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は宇宙世紀ガンダムシリーズの一作品である。『機動戦士ガンダム』シリーズはアニメから始まったが、本作品は小説が出発点である。宇宙世紀ガンダムシリーズに共通する地球連邦の腐敗が色濃く描かれる。

最初の『機動戦士ガンダム』は中央集権的で官僚制の弊害が目立つ地球連邦と、やはり中央集権的な全体主義国家ジオン公国の戦争であった。連邦が中央集権的との説明は、本来ならば白い黒猫のような論理矛盾になるが、ソビエト連邦の例がある。地球連邦はソビエト連邦が健在であった時代ならではの設定であった。地球連邦にもソビエト連邦にも中央集権的で個人を抑圧するというマイナスイメージで共通する。

冷戦崩壊後の民族紛争を経験し、多様性を重視する立場からすると、地球連邦のような形で統合されること自体があり得ない。それはディストピアである。実際、21世紀の作品『機動戦士ガンダムUC』では反地球連邦勢力に民族主義が反映されている。冷戦崩壊後の作品らしい。これは本作品でも色濃い。本作品に登場する反地球連邦勢力はアフリカの反植民地運動の名を冠している。反地球連邦に感情移入したくなる。

反地球連邦に感情移入したくなる別の要素として、本作品にはマン・ハンターという地球連邦の組織が登場し、地球連邦の警察国家的体質を露骨に描いている点である。この組織は『ガイア・ギア』では「マハ」となり、ティターンズ的な存在になるが、元は警察系統の治安機関である。

軍隊と警察を比べると、日本では軍隊へのアレルギーが強いが、権力の犬となる性格は警察の方が強い。旧日本軍は近衛師団も含めて反乱を度々起こしている。それ故にソビエト連邦では軍隊とは別系統の内務省軍を持っていた。この点でも地球連邦は全体主義的な警察国家と位置付けられる。
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ