ステーキ(Steak)は厚切りの肉や魚を焼いた料理です。フライパンなどの鉄板や金網を使用して焼きます。一般にステーキと言えばビーフステーキを指します。ビフテキはフランス語「bifteck」に由来し、ビーフステーキの略ではありません。魚肉のステーキとしてサーモンステーキがあります。
無性に肉が食べたくなる時があります。そのような時は株式会社ペッパーフードサービスのステーキ店が廉価で満腹感を味わえます。ここはステーキを焼く鉄板が皿になって供されることが特徴です。ステーキが鉄板でジュージュー焼かれて出されます。消費者は自分で焼き加減を確認して食べたい時に食べられます。
「炭焼ステーキくに」はペッパーフードサービスの運営するステーキレストランです。紀州備長炭を使用した炭焼きのステーキを目の前で好みの厚さにカットすることが特徴です。「炭焼ステーキくに」では毎回会計後に食事券100円をもらえます。食事券を使って会計しても新たに食事券をもらえます。食事券の無限ループです。
炭焼ステーキくに両国店は東京都墨田区横網にあります。両国店はペッパーフードサービスの最初の店舗です。昭和62年11月に開店しました。両国国技館の目の前に建ちます。道路を挟んで向かい側です。両国国技館では2017年10月12日にフェラーリの創立70周年を記念するイベント「Driven By Emotion」を開催しました。壁面が赤くなっていました。
ランチメニューにはジューシーカットワイルドステーキ300gがあります。ペッパーランチと異なり、かなり焼けている状態で出されます。そのために、ひっくり返す必要は、あまりありません。ランチの価格は「ペッパーランチ」や「いきなりステーキ」並です。同じくらいの値段でレストランの空間で味わえます。
ステーキにはステーキソースをかけます。創業者の一瀬邦夫社長がステーキとの相性を考え抜いた絶品のソースと言います。ステーキソースが先にテーブルまで運ばれます。熱い鉄皿にステーキソースをかけるので飛び散ってもいいように紙エプロンをつけて食べます。