ブログネタ
今期の気になる連続ドラマは何ですか? に参加中!
ドラマ『ダンダリン 労働基準監督官』第2話「女ナメんな内偵24時! セクハラ社長に唸れ!!」は、名ばかり店長の問題を取り上げる。労働基準監督署の労働条件をめぐる段田凛(竹内結子)と土手山郁夫課長(北村一輝)の口論が、その後の相談事例の予備知識になっている。

今回のブラック企業経営者も同情の余地のない最低人間である。段田凛の暴走を叱責する土手山課長さえも「一人の大人として相手がクズでも殴ったらダメ」と言う始末である。労働者の人権という立場から描くドラマの姿勢に好感が持てる。

ブラック企業と戦う人物と言えば法律を駆使する理知的な人物を連想する。それに比べると段田凛の感情的暴走は現実離れしている。しかし、ブラック企業問題はブラック企業に対する怒りが出発点である。理知的に事件を扱う姿勢は「ブラック企業はどこにでもある」とブラック企業問題を放置することにつながりかねない。感情で暴走する段田凛の性格設定はブラック企業と戦うキャラクターとして意味がある。段田凛のハードな提案に最初に賛成した小宮瑠璃子(トリンドル玲奈)も怒りを抱えている人物であった。
http://hayariki.net/home/23.htm
労働基準監督署も制度的な制約で思うように規制できないことはある。それでも段田凛は「働く人間の権利を守ることが私達の仕事の根っこ」と主張する。仕事をしない理由として法律や制度を持ち出すのではなく、法律の趣旨の実現を目指す。これが公務員に求められていることである。

今回はブラック企業に指南するブラック士業も登場する。ブラック士業はブラック企業も食い物にしていると指摘されるが、ドラマでも描かれる。ブラック士業がブラック企業問題の根源である(林田力『ブラック企業・ブラック士業』「ブラック弁護士法人はブラック企業の指南役」)。ドラマでもブラック士業がラスボス的存在になりそうで、今後の展開に期待したい。