林田力 ブログ

マンション問題や警察不祥事、書籍や漫画の書評など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。江東住まい研究所長。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。 http://www.hayariki.net さいたま市の話題は林田力@さいたま市桜区ブログ

     林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

    FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
    http://hayariki.x10.mx/
    東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
    http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

    タグ:マンション投資

    マンションなど住宅の購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物です。家を借りる場合も普通の買い物と比べれば大きな買い物です。毎週契約するようなものではありません。このため、家を買ったり、借りたりした時に失敗すると、消費者のダメージは他の取引以上に大きくなります。そのために失敗しないようにする必要があります。
    本書はマオポポの会が2018年6月2日(土)に江東区南砂で開催したプチセミナー「家を買う、借りるときに知っておくことで安心できるお話」の内容です。東急不動産消費者契約法違反訴訟(東急不動産だまし売り裁判)の経験に基づいて話しました。
    消費者契約法が改正され、不利益事実不告知の適用範囲が広がったことにより、東急不動産だまし売り裁判の重要性も増しています。東急不動産だまし売り裁判を通じて地道に一歩ずつ、マンションだまし売り被害者の希望を作っていきます。一人でも多くの方へマンションだまし売り被害を知っていただく機会になれば幸いです。


    【書名】家を買う、借りるときに知っておくことで安心できる話/イエヲカウ、カリルトキニシッテオクコトデアンシンデキルハナシ/Useful Knowledge When Buying or Renting a House
    【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
    【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

    はじめに
    サマリ
    知っていますか?消費者契約法
    不利益事実の不告知
    不誠実な対応
    虚偽証拠
    不誠実な応訴態度
    意義
    消費者契約法改正
    賃貸か分譲か
    新築か中古か
    マンションか戸建てか
    工夫できます。マンションの資産価値向上
    売る時は専任媒介か一般媒介か
    気をつけて!実際にあるんです。悪徳商法
    マンション投資は儲かるか
    サブリースはお得か
    マンション投資と消費者契約法
    住環境破壊
    江東区がワンルームマンション規制に逆行
    ゼロゼロ物件はお得か
    こんなに多い不動産購入トラブル
    不動産トラブルと言えば欠陥住宅
    不動産トラブルが多い理由
    不動産業者との闘いのポイント
    cover

    江東区は2018年10月1日に『マンション等の建設に関する条例』を改正します。江東区では専用面積40平米以上の住戸をファミリー世帯向け、40平方メートル未満の住戸をワンルームと定義しています。今回の改正によってファミリー向け住戸が151戸以上ある大規模なマンションでは、ワンルーム住戸を20パーセント以上にします(小川裕夫「人口減少日本でほんの一握り、流入続く江東区 対応手探り新マンション規制」THE PAGE 2018年4月17日)。
    ワンルームマンション規制の流れに逆行しています。江東区はファミリー向けマンションが増えたことでファミリー世帯が増え、保育園や学校の建設維持が負担になっています。そのための規制です。過去にも江東区は東急不動産が豊洲に建設した分譲マンション「プライヴブルー東京」に対して、学校への受入が困難であると公表したことがあります。プライヴブルー東京を購入して入居しても、その子どもが近くの小学校に入れるとは限らないと消費者に注意喚起しました。
    今回の改正はワンルームマンション規制を進める側には疑問です。住環境の多様性が改正の建前ですが、40平米未満のワンルームは単身者が住む以外に使い道がありません。多様性になりません。また、一人が住むとしても40平米は狭くないかという問題があります。逆に本当に寝るだけの単身者でしたら、3畳のワンルームなど超コンパクト物件があり、一般的なワンルームは中途半端です。
    また、大型マンションにワンルーム住戸を併設することは、マンション住民の階層化を進め、マンションを住みにくくします。既にタワーマンションでは上層階と下層階の格差が激しいと指摘されています。タワーマンションのカースト制度はテレビドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』で描かれました。画一性に対して多様性は素晴らしいことです。集団主義的で同調圧力の強い日本で多様性を強調することは大事ですが、平等者間の多様性である必要があります。違いが上下関係になる階層性は住みにくくします。
    このように江東区の条例改正はワンルームマンション規制の流れに逆行した感のある条例改正ですが、ワンルームマンション投資にとっては逆風になります。ファミリー向けマンションでワンルーム住戸を併設しなければならなくなるということは、ワンルームマンションの供給が増えることです。ワンルームマンション投資の空き家リスクが上昇します。

    FJネクストやEST、青山メインランドはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い。「エスト」「エス」「イーエスティー」などと名乗る。「03-4530-8233」から迷惑勧誘電話がかかってきた。不動産関係の営業電話で、同じ部署内の者達に何度もかけてくる。社用IP電話充てに連番しらみつぶしに電話をかけてくる。
    何処から番号を知ったのか聞くと名簿会社と答える。個人情報を流失ではないかと毅然と対応したところ話の途中でガチャぎりされた。逆ギレ系マンション勧誘迷惑電話である。未公開株の勧誘との報告もある。
    FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は悪意の渦がグルグルと追いかけっこしながら膨らんでいく。マンション投資の悪質勧誘は弱者を騙し脅し、金をむしり取る。詐欺師である。犯罪者と変わらない。FJネクスト青山メインランドEST不買運動を優待しよう。ガーラ・グランディ川崎榎町不買運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・プレシャス神宮外苑。ガーラ・プレシャス神宮外苑不買運動を優待しよう。
    悪徳不動産営業は、人間としてのレベルが低く、子供のいじめ(悪口や無視)のようなことしかできない。他の社員も見て見ぬ振りである。悪徳不動産営業は自分の担当外の仕事を知らない。仕事を知っていてもどうすれば効率化できるか知らない。悪徳不動産業者では「思っていたよりもボーナスが出なかった」「会社の将来性が不安」「新しいキャリアを考えたい」などの理由から転職希望者が増える傾向にある。
    悪徳不動産業者の告発者が誹謗中傷されている。悪徳不動産営業は馬鹿ガキの嫌がらせみたいなことを繰り返す。悪徳不動産営業は、いいかげん、大した稼ぎにもならない、煽り乞食を止めなさい。

    このページのトップヘ