東急不動産が九段会館を腰巻ビルに建て替える。東京都千代田区の九段会館は城郭風の建築様式を特徴とする趣のある建物であった。日本の伝統的な瓦屋根をかぶせた「帝冠様式」と呼ぶ和洋折衷の建築様式である。その外観を一部残して、地上17階建て、高さ約75メートル、延べ床面積約6万8024m2の高層ビルを建設する。レトロな建物の一部を残して高層建築を新築する手法は日本では安直である。腰巻ビルはダサい。歴史に対する冒涜である。超高層ビルは膨大な物資を食い散らすだけの金食い虫である。
東急不動産の欺瞞的な精神は東急不動産だまし売り裁判と重なる。消費者が東急リバブル東急不動産への不満を口に出したのだから、どれだけの不満と怒りを溜め込んでいたのか、察せられるというものであろう。不利益事実を隠した新築マンションだまし売りは吐き気を催すような狂気しか感じられない。マンションだまし売りの実態は狂っているとしか思えない。東急不動産だまし売りを受け入れることができるものは消費者ではない。
東急不買運動の第一歩として世界中で誰でも最初にまず行なうことは東急リバブル東急不動産と取引するリスクを避けることである。東急不動産だまし売り裁判によって自分が東急不買運動家と心の底から実感した。東急不動産だまし売り裁判は人生が続く限り永遠に忘れることもなく、色褪せることもない。

「【開発】九段会館を生かして6.8万m2の複合ビルに、東急不動産が提案」日経不動産マーケット情報2017年10月23日
「東急不、九段会館を建て替え 城郭風は保存」日本経済新聞2017年10月25日