FJネクストのガーラ・プレシャス東麻布やガーラ・グランディ木場は境界スレスレにマンションを建設し、住環境を破壊する。境界スレスレに建設されるマンションの問題が新たに明らかになった。2017年11月18日夜遅く、大阪市浪速区の高層マンションから人が落下した。

23時半過ぎに大阪市浪速区の路上で、通行人から「男性が落ちてきた」と警察に通報があった。この男性はマンション住民で、高層マンションに隣接する歩道に落下した。警察は男性が妻を殺害後に飛び下り自殺をした疑いがあるとみて調べている(「高層マンションで女性死亡 夫が殺害後自殺か」MBS 2017年11月19日)。

マンション高層階は怖い。デメリットだらけである。朝はエレベーター待ちである。災害時に階段での登り降りは大変である。なるべく地上に近いところにいたい。レストランでも高層階は落ち着かない。高層マンションは、落下を想定してある程度の敷地を義務付けるべきである。