岸本斉史・原作、池本幹雄・作画、小太刀右京・脚本『BORUTO―ボルト― 5 ―NARUTO NEXT GENERATIONS―』(集英社、2018年)は謎の組織、殼との戦いが始まる。とは言うものの、未だ敵の正体も目的も不明なままである。

科学忍具の評価は、下げて上げるという物語では分かりやすい展開になった。それに利用されたボルトが面の皮である。この巻のボルトは、すっかり科学忍具嫌いになっている。努力や根性を重視して新技術を否定する前時代的な精神論になっている。

ボルトはナルトの次の世代の位置付けであるが、ロスジェネ世代(就職氷河期世代)の私から見ると、むしろナルトよりも旧世代の古さを感じる。ナルトは既存の常識を破壊するヒーローであった。実はロスジェネ世代よりも若い世代の方が旧世代と親和性を持つことは不思議ではない。危険な組体操やブラック部活など今の学校を見ると昭和に逆戻りした感覚になる。

ボルトは見知らぬ人とお喋りするコミュ力が高いと評されている。これも仲間外れにされていたナルトとは対照的である。これも個人主義的なロスジェネ世代と比べると新しい世代の特徴である。ロスジェネ世代が一人で遊ぶドラクエ世代ならば、後の世代は仲間と遊ぶポケモン世代である。コミュニケーション重視は集団主義的になり、この点も旧世代と親和性がある。個人主義的なロスジェネ世代は上からも下からも割りを食うサンドイッチ状態である。