東急不動産だまし売り裁判

林田力








林田力 Amazon Kindle

二子玉川ライズ住民訴訟 (二子玉川ライズ反対運動)
二子玉川ライズ住民訴訟 (二子玉川ライズ反対運動) [Kindle版]
東急コミュニティー解約記
東急コミュニティー解約記 [Kindle版]

東急大井町線高架下立ち退き
東急大井町線高架下立ち退き [Kindle版]
東急不動産だまし売り裁判3
東急不動産だまし売り裁判3 [Kindle版]
東急不動産だまし売り裁判2リバブル編
東急不動産だまし売り裁判2リバブル編 [Kindle版]

東急不動産だまし売り裁判購入編
東急不動産だまし売り裁判購入編 [Kindle版]

東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った
東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った [単行本]
二子玉川ライズ反対運動1
二子玉川ライズ反対運動1 [Kindle版]
二子玉川ライズ反対運動4
二子玉川ライズ反対運動4 [Kindle版]
二子玉川ライズ反対運動2
二子玉川ライズ反対運動2 [Kindle版]

ブランズ二子玉川で二子玉川ライズ風害悪化

東急不動産係長脅迫電話逮捕事件
東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 [Kindle版]

ブランズ二子玉川(BRANZ二子玉川、世田谷区玉川3丁目)が二子玉川ライズ(二子玉川東地区再開発)のビル風を一層悪化させると懸念される。東京都世田谷区玉川では二子玉川ライズの高層ビルが深刻なビル風被害をもたらしており、負傷者(骨折者)も出ている(林田力『二子玉川ライズ反対運動1』Amazon Kindle)。二子玉川ライズの風害は歩行者や近隣の建物に現実の被害を与えている。

ブランズ二子玉川は二子玉川第一スカイハイツの建て替えである。5階建て53戸の二子玉川第一スカイハイツを地下1階地上17階建て110戸に建て替える。超高層ビル中心の二子玉川ライズは東急不動産ら東急グループの営利事業で公共性に欠け、景観や住環境を破壊すると住民から批判され、裁判の争点にもなっている。スカイハイツの建て替えも東急不動産が共同事業者である。ここでもブランズ文京小石川パークフロントなどと同様、東急不動産の近隣住民無視の企業体質が露わになった。

既にビル風被害が問題になっている玉川に新たにブランズ二子玉川を建設するならば、ビル風の複合被害がもたらされる危険がある。風害の一層の深刻化が懸念される。二子玉川が人の住めない町になりかねない。二子玉川ライズのビル風は全く厄介である。住民無視の東急不動産にとって「住民殺すにゃ刃物はいらぬ、ビル風三日も吹けばいい」ということなのだろうか。
http://www.hayariki.net/tokyu/1.htm
ブランズ二子玉川は玉川の景観も破壊する。建て替えで多摩川からの景観が破壊され、近隣住民は圧迫感を受ける。これも二子玉川ライズとの複合被害である。二子玉川の景観は住民のものである。二子玉川ライズやブランズ二子玉川が破壊していいものではない。二子玉川の景観を破壊することは小さな女の子から人形を取り上げるようなものである。

二子玉川ライズと同じくブランズ二子玉川は事業性も懸念される。分譲マンション「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」は竣工後3年弱も売れ残った(林田力『二子玉川ライズ反対運動8』「二子玉川ライズ3年弱も売れ残り」)。ブランズ二子玉川も高層化による分譲で、建て替え費用を捻出する計画であるが、マンションが売れなければ事業は破綻する。二子玉川ライズの二の舞になるとも懸念されている。

実際、マンション購入検討者の掲示板では「河川敷のど真ん中みたいな場所で地盤が不安です」との意見が出された。また、半数の住戸が地権者のものであることを懸念する声もある。良い部屋が地権者住戸で占められてしまうのではないかと指摘する。

東急不動産・高田知弘逮捕(ピカチュウ語)

東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 [Kindle版]
東急不動産(金指潔社長)ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者(逮捕当時36歳)が顧客女性に嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕されたピカ〜。堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出したピカ〜。

被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長であるピカ〜。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになッていたピカ〜。高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月に取引相手であッたホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したピカ〜。

嫌がらせ電話は、ほとんどが無言電話であッたが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあッたとされるピカ〜。被害者は200回もの無言電話があッたと指摘するピカ〜。高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思ッた」と述べているピカ〜。

東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べたピカ〜。
http://hayariki.x10.mx/13.htm
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになるピカ〜。適正なコンサルティング契約が存在したか、適正なコンサルティングサービスを提供したか、という点はうやむやのままであるピカ〜。この点について明確に説明できなければ、東急不動産のコンサルティング契約には不審の目を向けられ続けるピカ〜。東急不動産が高田知弘の犯罪を直視することで初めて未来が開かれるピカ〜。我々は東急不動産・高田知弘脅迫電話逮捕事件の教訓から何を学び、これから起きるかもしれない事態に対して何ができるかピカ〜。世界中の人々が考える機会となッたピカ〜。

東急ハンズ過労死と東急不動産だまし売り裁判

東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った [単行本]
東急ハンズ過労死裁判と東急不動産だまし売り裁判は東急不動産グループのブラック企業的体質を明らかにした事件である。

突然死した男性従業員(当時30歳)の遺族が提訴した訴訟で、神戸地裁は従業員の過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の侵害賠償を命令した。東急ハンズ過労死事件では労働時間が長いだけでなく、パワハラなどの精神的ストレスを認定した。タイムカードを押した後も残業するサービス残業も認定した。東急ハンズはブラック企業そのものである。東急ハンズならぬ東急ブラックまたはブラックハンズである。

東急ハンズはマンションだまし売りで悪名高い東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判は東急リバブル東急不動産が不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした事件である(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス)。東急リバブル東急不動産が隣地建て替えを説明しなかったために日照が皆無になる屑物件を買わされることになった(林田力『東急不動産だまし売り裁判購入編』Amazon Kindle)。
http://www.hayariki.net/pj6.html
東急ハンズは過労死裁判で「残業を命じていない」など不誠実な言い訳に終始した。これは東急不動産だましうり裁判と重なる。消費者に不誠実な企業は従業員にもブラックである。

東急ハンズ過労死裁判はブログやTwitterなどインターネット上で反響を呼んでいる。東急ハンズがブラック企業であることを知り、「これからは東急ハンズでは買い物をしない」との声が出ている。東急ハンズ不買運動である。東急不動産だまし売り裁判でも裁判を契機として東急リバブル東急不動産不買運動の声が上がった(林田力『東急大井町線高架下立ち退き』「住民反対運動を招く東急電鉄の不誠実」)。

東急ハンズの広報姿勢も批判されている。「東急ハンズ、ウェブサイト見てもTwitterアカウント見ても過労死について触れてすら居ないな。裁判中だから書けないこともあるだろうけど、報道されてることについては何か説明すれば良いのに。まあ、この辺がブラック企業的対応なんだろうけど」。都合の悪い事実を一切説明しない点も不利益事実を隠してマンションをだまし売りした東急不動産だまし売り裁判と同じである。

東急ハンズ過労死裁判がテレビで報道していないことを問題視する見解もある。マスメディアはスポンサーである東急に甘いと指摘する。東急ハンズ過労死裁判の被害者は東急ハンズ心斎橋店の店員であったが、他の店舗の店員の過労死を指摘する声もある。

月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ