東急電鉄・東急不動産の賃貸オフィス「二子玉川ライズ オフィス」は近隣住民無視である。「二子玉川ライズ オフィス」のWebサイトの「オフィススペース」には「南面開口のオフィスフロアから多摩川と緑を見下ろす眺望は、抜けるように広がる空に繋がっています。」との記述がある。
これは近隣住民を完全に無視している。「二子玉川ライズ オフィス」と多摩川の間には二子玉川南地区の住宅街が広がる。既に南地区の住民は「二子玉川ライズ オフィス」の圧迫感に苦しんでいる(林田力「お花見交流で見た二子玉川の環境破壊(3) 三菱地所玉川1丁目マンション」JANJAN 2010年3月31日)。Webサイトの記述では南地区住民は「二子玉川ライズ オフィス」からから日中も覗かれることを覚悟しなければならなくなる。近隣住民の生活を破壊するオフィスビルである。  
林田力「迷走する「普天間問題」における陰謀論の効用」PJニュース2010年5月2日 http://news.livedoor.com/article/detail/4749767/ http://www.pjnews.net/news/794/20100501_8
林田力「訴訟上の和解をめぐる誤解」JanJanBlog 2010年5月2日 http://www.janjanblog.com/archives/960