東急田園都市線

東急田園都市線が視覚障害者の白杖を挟んで発車

東急田園都市線が2017年11月17日、視覚障害のある男性の白杖(はくじょう)をドアに挟んだまま発車した。これによって白杖が破損した。この事故は東京都世田谷区の二子玉川駅ホームで午後4時45分頃に発生した。中央林間行き下り普通電車(10両編成)の先頭10号車のドアに、白杖が挟まれた。
ドアは幅15ミリを超える異物を検知すると再び開く仕組みになっているが今回は作動しなかった。異常を知らせるランプは点灯しなかった。車掌が約200メートル近く後方の最後尾の1号車から目視やモニターで確認していたが、気付かずに出発の合図を出していた。二子玉川駅のモニターはハイビジョン化されておらず、画像が粗いため確認できなかったという(「視覚障害者の白いつえ挟んだまま発車 東急田園都市線」NHK 2017年11月28日)。
電車は白杖を挟んだまま、次の二子新地駅(川崎市)まで運行した。二子新地駅で乗客が通報、一部が壊れている白杖が見つかった。報道ではトラブルと表現するが、事故である。白杖が無くなれば、視覚障害者は身動き出来なくなる。
東急田園都市線では事故が続発している。国交省鉄道局の関係者は「東急はブランドイメージづくりに懸命な印象があり、本来の鉄道事業がおろそかにならないか懸念していた」と明かす(「トラブル多発の東急田園都市線 今日は大丈夫? ブランド路線で何が起きているのか」産経新聞2017年11月27日)。
根本的には東急グループの消費者無視の体質がある。満員電車に人を物のように詰め込む。東急田園都市線のように詰め込まれると同じ人間同士が不快に見えてくる。消費者無視は東急不動産だまし売り裁判と重なる。
実際、Twitterでは東急の体質に言及するものがある。「東急をはじめ関連会社は「自分ファースト」なんですよ。顧客や利用者の意見や苦情はすべてクレーム扱いをしてまったく聴く耳を持たないし改善や処理する時間があるならゼニ稼ぎに忙しんです」
「企業不正と同じで、リーダーが常日頃乗客の安全についてではなく、輸送数や収益にばかり言及しているとこうなるわけよ」
「東急電鉄は、ホームドアが設置されればこの種の事故は防げるようなことを言っているが、ホームドアで杖が挟まる事故が防げるのか?最近東急はおかしいぞ!渋谷の再開発に金を掛け過ぎているんではないのか?」
「謝罪して、白杖を弁償したらチャンチャンか!?東急に安全意識は無いとしか言いようがない」

「ドアに白杖挟んで発車 東急田園都市線」カナロコ2017年11月28日
「<東急田園都市線>白杖挟んだまま発車」毎日新聞2017年11月28日
「東急田園都市線 視覚障害者の杖挟み発車」日本テレビ2017年11月28日
「視覚障害者の白杖、挟んだまま電車出発 東急田園都市線」産経新聞2017年11月28日

二子玉川ライズ オフィスは住民無視

東急電鉄・東急不動産の賃貸オフィス「二子玉川ライズ オフィス」は近隣住民無視である。「二子玉川ライズ オフィス」のWebサイトの「オフィススペース」には「南面開口のオフィスフロアから多摩川と緑を見下ろす眺望は、抜けるように広がる空に繋がっています。」との記述がある。
これは近隣住民を完全に無視している。「二子玉川ライズ オフィス」と多摩川の間には二子玉川南地区の住宅街が広がる。既に南地区の住民は「二子玉川ライズ オフィス」の圧迫感に苦しんでいる(林田力「お花見交流で見た二子玉川の環境破壊(3) 三菱地所玉川1丁目マンション」JANJAN 2010年3月31日)。Webサイトの記述では南地区住民は「二子玉川ライズ オフィス」からから日中も覗かれることを覚悟しなければならなくなる。近隣住民の生活を破壊するオフィスビルである。  
林田力「迷走する「普天間問題」における陰謀論の効用」PJニュース2010年5月2日 http://news.livedoor.com/article/detail/4749767/ http://www.pjnews.net/news/794/20100501_8
林田力「訴訟上の和解をめぐる誤解」JanJanBlog 2010年5月2日 http://www.janjanblog.com/archives/960
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ