林田力

林田力の本

spa

林田力『温泉旅行』江東住まい研究所、2017年11月30日
林田力『NARUTOとBORUTOレビュー』江東住まい研究所、2017年11月11日
林田力『東急不動産問題』江東住まい研究所、2017年11月10日
林田力『経済経営書評』Amazon Kindle 2017年11月4日
林田力『東急ハンズ問題』Amazon Kindle 2017年10月31日
林田力『買ってはいけないFJネクスト』Amazon Kindle 2017年10月13日
林田力『だまし売り』Amazon Kindle 2017年10月7日
林田力『韓国ドラマレビュー』Amazon Kindle 2017年10月3日
林田力『働き方改革』Amazon Kindle 2017年9月30日
林田力『機動戦士ガンダム漫画レビュー』Amazon Kindle 2017年9月23日
林田力『立正佼成会附属佼成病院裁判』Amazon Kindle 2017年9月18日
林田力『ONE PIECEレビュー』Amazon Kindle 2017年9月8日
林田力『立正佼成会附属佼成病院裁判』Amazon Kindle 2017年9月7日
林田力『ドラマレビュー』Amazon Kindle 2017年9月3日
林田力『東急不動産だまし売り裁判と市民社会』Amazon Kindle 2017年8月20日
林田力『東急電鉄問題』Amazon Kindle 2017年7月29日
林田力『東急不買運動と日本海賊TV』Amazon Kindle 2017年6月4日
林田力『東京外環道と東急不買運動』Amazon Kindle 2017年5月3日
林田力『佼成病院裁判と院内感染』Amazon Kindle 2017年4月29日
林田力『FJネクスト不買運動旅行記』Amazon Kindle 2017年4月8日
林田力『東急不動産だまし売り裁判と東京外環道』Amazon Kindle 2017年3月31日
林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』Amazon Kindle 2017年3月25日
林田力『東京外郭環状道路陳述』Amazon Kindle 2017年3月18日
林田力『東京外環道と自動運転車』Amazon Kindle 2017年3月4日
林田力『投資マンション不買運動』Amazon Kindle 2017年2月4日
林田力『東京都議選争点』Amazon Kindle 2017年1月6日

日本海賊TV出演歴

日本海賊TV『金八アゴラ』「東急田園都市線が視覚障害者の白杖を挟んで発車」2017年11月29日
日本海賊TV『金八アゴラ』「十条銀座で十条駅西口再開発など見直しアピール」2017年11月22日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急不動産アスクル火災倉庫購入と東急電鉄オレオレ詐欺」2017年11月15日
日本海賊TV『金八アゴラ』「治療拒否を忖度させる佼成病院」2017年11月8日
日本海賊TV『よくわかる今週の日経』「ISIS崩壊後の中東情勢」2017年11月3日
日本海賊TV『金八アゴラ』「佼成病院裁判の上告理由書提出」2017年11月1日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急ハンズ過労死と小池百合子知事の希望演説」2017年10月25日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急電鉄が一般人の写真を無断使用」2017年10月18日
日本海賊TV『金八アゴラ』「立正佼成会附属佼成病院事件記者会見」2017年10月11日
日本海賊TV『金八アゴラ』「中央防波堤埋立地の領土問題調停案」2017年10月4日
日本海賊TV『金八アゴラ』「江東ナンバーをご当地ナンバーに検討」2017年9月27日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急池上線乗り放題は経営危機の予兆か」2017年9月20日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急田園都市線に4歳児が接触して頭骨折」2017年9月13日
日本海賊TV『金八アゴラ』「二子玉川ハロウィンパーティーはヤンキー化促進」2017年9月6日
日本海賊TV『金八アゴラ』「立正佼成会付属立正佼成病院裁判上告」2017年8月30日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急不動産の十条駅西口再開発事業に取消訴訟」2017年8月23日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急不動産登記トラブル」2017年8月9日
日本海賊TV『金八アゴラ』「佼成病院裁判控訴審判決」2017年8月4日
日本海賊TV『金八アゴラ』「入院中の患者の虐待と佼成病院裁判」2017年7月28日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急田園都市線の時差Bizライナー」2017年7月21日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急バス交通事故」2017年7月7日
日本海賊TV『金八アゴラ』「ブランズシティ久が原反対」2016年12月30日
日本海賊TV『金八アゴラ』「東急電鉄の事故続発」2016年6月26日
日本海賊TV『金曜8時は今週のふりかえり』「東急不動産の奇跡の森伐採」2015年1月23日

林田力『東急不動産問題』

林田力『東急不動産問題』(江東住まい研究所、2017年11月10日)は東急不動産だまし売り裁判など東急不動産の問題を取り上げた電子書籍である。東急不動産は不利益事実を隠して江東区東陽の新築分譲マンションをだまし売りした。

不利益事実を隠したマンションだまし売りが卑怯であることは空に輝く太陽のように明白である。マンションだまし売りには吐き気にも似た嫌悪感が胃から込みあげ、頭髪の根元にまで達した。東急グループの消費者無視体質は東急電鉄の満員電車にも見て取れる。東急田園都市線のように詰め込まれると同じ人間同士が不快に見えてくる。

マンションだまし売り営業が死後に地獄に墜ちることは間違いない。マンションだまし売り営業には『銀河英雄伝説』のラインハルト・フォン・ローエングラムの台詞が向けられる。「誤った選択は、正しい懲罰によってこそ矯正されるべきである。罪人に必要なものは交渉でも説得でもない。彼らにはそれを理解する能力も意思もない」。

マンションだまし売り営業にはラインハルトの以下の台詞も向けられる。「どのように言い訳しようと誰もお前を支持しない。そんなになってもまだ命が惜しいか」。そして、アーサー・リンチの様に「今更、汚名の晴らしようもない。だとすれば、せめて徹底的に卑怯に恥知らずに生きてやるか」と思ったのだろうか。

東急不動産だまし売りと真逆の価値観を持つことが倫理的に正しい。東急不動産だまし売りと真逆をすることが健康的である。東急不動産だまし売りの正反対になれば真っ直ぐに生きることができる。真っ向から人と向き合うことができる。自分の中のどこを探しても、東急不動産だまし売りに対する同情がないことを確認して満足した。

佼成病院事件記者会見

立正佼成会附属佼成病院事件記者会見が2017年10月26日(木)午後2時から東京地裁・高裁2階の司法記者クラブで開催されます。加盟社以外の取材も歓迎します。佼成病院裁判の上告人及び訴訟代理人が会見します。佼成病院裁判は、自己決定権と生命尊重を訴えています。

佼成病院事件は患者の長男が勝手に患者の経鼻経管栄養の流入速度を速めたり、治療を拒否したりするなど医療への不当介入がありました。それに対して担当医師は、専門家の立場で治療の必要性や生命尊重について説明・説得することをしませんでした。また、担当医師が長男との話し合いで「自然死の方針」を採り、治療をせずに死ぬがままにしたことを問題としています。

上告人は佼成病院が適切な治療をしなかったから死亡したと主張します。8月21日に点滴を中止して経鼻経管栄養に切り替えたことは嘔吐を引き起こし、病状を悪化させました。患者の医療を受ける権利が奪われました。

東大病院輸血梅毒事件の最高裁昭和36年2月16日判決は以下のように指摘します。「いやしくも人の生命及び健康を管理すべき業務(医業)に従事する者は、その業務の性質に照し、危険防止のために実験上必要とされる最善の注意義務を要求されるのは、やむを得ないところといわざるを得ない」

医師には、患者を守るために自己になしうるすべてのことをする義務があります。患者の長男が治療を拒否したことは、医師が治療を止めて良い理由にはなりません。

「1940年ライヒ裁判所刑事判決では、医師は患者側の医学的に不合理な治療の拒絶を無視しうるとした。医師の合理的な治療を父親が拒否して、幼児を死亡させた事件では、「父親の行為は監護権の濫用であるから、医師はそれに対して、簡単に退くようなことがあってはならな いのであって、そのような監護権の濫用の結果から子供を守るために、自己になしうるすべてのことをする法的な義務がある。父親が治療に反対したことは、医師の責任を免れしめるものではない。」として、子供の死に対して父親と医師の両方に刑事責任(過失致死罪)を認めた。」(町野朔『患者の自己決定権と法』東京大学出版会、1986年、60頁)

患者や家族と医師には情報の非対称性があります。医師はプロフェッショナルとして、治療をする利益、治療をしないことの不利益を説明しなければなりません。何故、長男が治療を拒否するのか、その理由は一体何なのか。治療をしなければやがて患者が被るであろう苦痛・身体的不利益をどのように説明したのか、肝心なことがカルテには何も書かれていません。

佼成病院は緩和ケアも不十分でした。苦痛緩和の措置は死期を延長するだけの措置には含まれません。苦痛を除き、人間らしい尊厳を保ちつつ安らかな死を迎えられるようにすることが望まれており、ホスピスや緩和ケアに対する関心も広がっています。

佼成病院はインフォームド・コンセントができていません。インフォームド・コンセントとは事情に通じた上での承諾、説明を受けた上での同意です。単に情報を与えるという意味ではなく、その事情によく通じさせるという意味です。医者が患者に治療の内容、目的を熟知させることが必要で、単に告知するだけでは不十分です。異議を申し立てなかったからOKとはなりません。真にメリットやデメリットを理解した上で同意することが必要です。
kosei171026

林田力『東急不買運動と日本海賊TV』

林田力『東急不買運動と日本海賊TV』(枕石堂、2017年6月4日)はインターネット動画放送局・日本海賊TVの番組「金八アゴラ」で取り上げた東急グループの問題を収録する。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト)などの投資用マンション問題や立正佼成会附属佼成病院裁判の記事も収録する。

マンションだまし売りはトラップである。「稀にマンションだまし売りがある」ではなく、一生に一度あるかないかの買い物でマンションだまし売りである。東急リバブル東急不動産を使いたくなるわけがない。東急不動産だまし売りは耐え難く、猛烈な怒りに襲われる。消費者はパニックのあまり、悪寒が走った。全身が凍りつき、自分の心の扉が閉まっていくのが分かった。

東急不動産だまし売りはムズムズ、カリカリ、イライラ、それら全てを寄せ集めた存在である。高圧的な態度に出て、無駄なトラブルを起こしている。東急リバブル東急不動産は人として信用してよい相手ではない。東急リバブル東急不動産には本来あるはずの何かが欠けている。まともな人間ならば、マンションだまし売り営業をする訳がない。

東急不動産だまし売り裁判は東急リバブル東急不動産社員が全員真摯に受け止め、肝に銘じていかないといけない。ところが、悪徳不動産業者は反省しない。自己憐びんと自己肯定の間を行きつ戻りつするだけである。経営陣は戦後高度成長期、その後のバブル感覚のままでいる。もう新しいことをし続けないと死んでしまうマグロのような企業である。

悪徳不動産業者は本物の大馬鹿野郎である。東急不買運動家の目に馬鹿野郎と見えただけと思ったが、正真正銘の大馬鹿野郎とハッキリ分かる。悪徳不動産業者は何かが終わるまでは、自分がどれほど終わりに近づいているのか分からない。

東急不買運動家の友人の中に悪徳不動産業者の友人になれそうな者がいるとは思えない。東急不動産不買運動が人に与える力の何と不思議なことか。東急不買運動には長年取り組み、長年練り上げてきたことが実る満足感がある。

月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ