江東区

白戸太朗・小池百合子が江東区亀戸で演説

都民ファーストの会の街頭演説会が2017年6月25日(日)、東京都江東区亀戸の亀戸駅北口前で開催された。弁士は白戸太朗・都政改革委員(江東区担当)と小池百合子代表。東京都議会議員選挙のファーストサンデーであり、ラストサンデーである。白戸候補はプロアスリートとして活躍してきた。東京都議会議員選挙・江東区選挙の都民ファーストの会の唯一の公認候補である。 演説会で白戸候補は最も色の黒い候補と自己紹介した。世界を見た経験から「どうして日本人は、これほど物質的に豊かなのに幸せそうな顔をしていないか」と疑問に思っていたという。そこでスポーツを通して人を幸せにするという事業をしてきた。白戸候補には地盤はないが、それはしがらみがないことを意味する。 小池知事は白戸候補をアスリートファーストの視点で東京オリンピック・パラリンピックを価値ある大会に導ける人物と紹介した。これまで湾岸地域は点として開発されてきたが、フィロソフィーを持って面として考えていくと述べた。政策面では待機児童と高齢化について触れた。小池知事は自宅で母を見送ったとする。自宅で余生を過ごせる選択肢を広げるとする。 以下は感想である。白戸候補の「日本人が幸せそうな顔をしていない」との問題意識は私の問題意識と重なる。私が子どもの頃の日本は世界第二の経済大国、有色人種唯一のサミット参加国と言われてきた。最近の「日本すごい」という動画で正当化しなくても、世界において十分にすごい国であった。しかし、だから日本は素晴らしいと喜ぶような話ではなく、「エコノミックアニマル」的な生き方の克服が課題になっていた。 この20世紀からの課題はあまり解決されていないように見える。21世紀に入って新たな社会課題が生じているが、それに目を奪われるあまり20世紀からの課題に十分に取り組まずに来ているように思われる。 http://www.hayariki.net/kibou.html 江東区は豊洲市場予定地が立地する重要ポイントである。東京オリンピック・パラリンピックの競技場も多い地域である。都議選では自民党が現職1議席に対し、現職と新人の二人を擁立という強気の姿勢をとっている。民進党も公認候補から離党者が出たが、すぐに別の人物を公認候補とし、対決姿勢をとる熱い選挙区である。江東区は要注目である。

林田力 貧困ビジネスと東京都


東京都足立区舎人で貧困ビジネス反対運動が起きている。問題は「特定非営利活動法人やすらぎの里」(中野区弥生町)の無料低額宿泊所「やすらぎの里 舎人寮」である。この問題を取り上げている針谷みきお足立区議会議員のブログには以下の反対コメントが寄せられている(「貧困ビジネス進出をゆるさないー「やすらぎの里舎人」」『針谷みきおの一言』2013年3月14日)。

「このようなビジネスがあること、またその施設が舎人に作られようとしているなんて、びっくりしました」

「断固反対です」

「そんな施設ができては困ります」

「住民として何でも協力しますので断固建設を阻止しましょう」

「建物を作ったらあれよあれよという間に貧困ビジネスの寮になってしまいます」

住民は2013年5月29日に「無料低額宿泊所等の設置運営に関し、国において制度の整備を求める意見書提出についての陳情」を区議会に提出した。陳情は7月3日に採択された。

「やすらぎの里」(本部・東京都中野区)は2008年度決算で、施設入所者の生活保護費を元手に、年間6218万円もの利益(税引き前当期純利益)をあげている。赤旗が、さいたま市に対して行った行政情報公開請求で入手した決算資料による(今田真人「貧困ビジネス「やすらぎの里」生活保護費ピンハネ」しんぶん赤旗2010年6月16日)。

「やすらぎの里」は過去にも施設建設でトラブルになっている。2006年には大田区で虚偽の開設目的を説明されたと怒った地域住民の反対運動が起こり、宿泊所の開設が中止になっている。「大田区のやすらぎの里開設に反対する会」住民は「「やすらぎの里」開設・開業反対に関する請願」を東京都議会に提出した。

板橋区の施設建設でも住民に対して虚偽説明を繰り返した(田代正則「貧困ビジネスに批判 住民ら「悪質業者来るな」」しんぶん赤旗2009年10月11日)。

(1)近隣住民には「3階建ての老人施設」を建てると説明したが、途中で「5階建ての宿泊所」に変更した。

(2)路上での立ち話や住民側からの問い合わせしか行われていないのに、板橋区には、区の要綱で定められた住民説明会を開いたと報告した。

(3)宿泊所の部屋数も、住民には37室(1室14平方メートル)で1室1人と答え、区には81室(1室7平方メートル)の建設案を示した。
http://hayariki.net/poli/poverty.htm
2010年に起きた江東区の建築紛争でも「やすらぎの里」との関係が問題になった。建築紛争は山廣建設株式会社が施工するワンルームマンションに対するものである。住民の交渉相手と称した人物は山廣建設の専務取締役と名乗ったが、取締役どころが従業員でもなかった。

その後、その人物は住民向け説明会で「やすらぎの里」理事と説明した。「やすらぎの里」設立当時の代表者であった。「やすらぎの里」の設立当初の所在地は「中野区本町五丁目14番23号」であり、これは山廣建設株式会社の所在地と同一である。

大田区の「やすらぎの里」施設建設反対運動でも、「住民説明会で山廣建設株式会社なる名刺を事業代表者が差し出した」という(東京都議会厚生委員会、2006年9月15日)。
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ