林田力 だまし売りのない世界へ

マンション問題や警察不祥事、書籍や漫画の書評など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。江東住まい研究所長。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。 http://www.hayariki.net さいたま市の話題は林田力@さいたま市桜区ブログ

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

池波正太郎

剣の天地

池波正太郎『剣の天地』(新潮文庫)は上泉伊勢守を主人公とした時代小説である。上泉伊勢守は剣法の達人、新陰流の創始者である。上泉伊勢守が宮本武蔵など後の兵法者と異なることは、戦国時代の城主として兵を率いて戦ったことである。上泉伊勢守は実戦に通用する兵法であった。

上泉伊勢守の武名は上野国に響き渡り、上州一槍と評された。上泉伊勢守は剣聖と呼ばれるが、武将としては一番槍である。江戸時代に入ると「刀は武士の魂」と言われるようになるが、戦国時代の武器は槍や弓であった。だから「一番槍」や「海道一の弓取り」が誉め言葉になった。江戸時代の剣術は泰平の時代故という要素がある。

本書の兵法は昭和的な根性論精神論とは一線を画す。上泉伊勢守の武将としての最初の活躍として描かれた戦いは、一戦も交えずに撤退することであった。また、上泉伊勢守は弟子の修行で昼寝を奨励している。また、本書は冬の朝に水浴して心臓発作を起こした武将に対して「自分の老体を乱暴にあつかいすぎた」と評している(357頁)。

純文学と大衆文学が区別されるように歴史小説よりも時代小説は低く見られがちである。しかし、著者の作品に共通することであるが、本書は当時の人々の感覚を描写している。これは近時の歴史学でも大切にされていることである。逆に昭和の歴史小説の大作と呼ばれるものの方が英雄の活躍を描くことに終始し、英雄史観になりがちである。

当時の感覚として学ばされたことは、妻が夫の家と運命を共にする意識があるということである。それは後年の「嫁いでは夫に従え」という従属的なものではなく、夫や子と共に生きるという運命共同体的な意識である。北条政子の頃はもっと実家重視であった。時代が下るにつれて変わっていたと思われる。かつては娘にも相続分があったが、長子単独相続に変わっていった。これが北条政子の頃よりも実家軽視となった一因だろう。

真田太平記

池波正太郎『真田太平記』は真田昌幸と長男の源三郎信幸(信之)、次男の源二郎信繁(幸村)を波乱に富む人生を描く時代小説である。池波正太郎は子どもの頃に埼玉県浦和で過ごしており、浦和育ちの私には親近感がある。

物語は天正10年の甲州崩れから始まる。織田信長の長男・信忠は五万余の大軍を率いて信濃の武田氏の拠点・高遠城を攻撃した。そこから女忍びお江と長柄足軽の向井佐平次が脱出する。

このように忍者の活躍が多い。昭和の歴史エンタメ作品である。『鬼平犯科帳』のような時代小説と比べると歴史小説であるが、時代小説風の歴史小説または歴史小説風の時代小説と呼ぶべきか。一方で戦国時代に翻弄される無名の市井人を描く点は昨今の歴史学が重視していることである。

真田信繁は昔から講談などで有名人であった。これに対して本書は真田一族として描く点にある。これはNHK大河ドラマ『真田丸』に影響を与えたと思われる。真田丸が真田信繁一代記のようにならなかった点は本作品の影響ではないか。

また、本書は真田信之を評価している。その器量は昌幸や信繁を上回る。本書は信之の大人物イメージに貢献した作品である。『真田丸』では信之が父や弟に劣る人物のように描かれ、それに違和感を抱いたことには本書の影響がある。
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ