こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

土地探しのポイント

マイホームをご計画される際、まず土地探しから始められる場合が多いのではないでしょうか。
どこに建てようかな
通勤に便利なところがいいなぁ…とか
お子様の小学校や中学校の校区を重視したいわ…とか
あの周辺は環境が良いから…とか
皆さんいろいろお考えになられて探されていることと思います。

ここでちょっと土地探しのポイントをご紹介

土地にはいろいろな制限があることをご存知ですか?? 
そのポイントをご紹介します。

【用途地域】
市街化区域の場合、建築できる建物の用途が用途地域の色分けによって制限されています。
用途地域には12種類あります。
その中にも細かな建物の制限が決められています。
ちなみに市街化調整区域というところには原則的に建物は建てられません。

【建ぺい率・容積率】
建築できる建物の面積が敷地面積に対する割合で制限されています。

【道路との関係】
敷地が公道に2m以上接していないと建築できません。
また、敷地の前面道路の幅が4mない場合は、境界線が道路の中心線より、2mまで敷地内へ入り込みます(セットバックといいます)。
セットバック

【斜線制限】

隣地の日照時間を確保するために、北側斜線や道路斜線により建築できる建物の形が制限されています。

【壁面後退】
敷地内の建物を建てることができる部分が隣地との境界線からの距離により制限されています。

【高さ制限】
建築できる建物の高さが制限されています。

【プライバシーの確保】
建物と境界線の距離は、50cm以上離すように民法で決められています。
また、境界線より、1m未満の建物の開口部には目隠し設置請求の権利が隣家に認められています。
間取りを考える際には、法令上の制限だけでなく、隣家の建物の配置、窓などの位置に配慮することも大事ですね。

いかがでしたか?
不動産屋さんは、ただ土地を売ればいいだけですが、私共は土地にあなたのマイホームを建てます。 土地も建物もトータルしてお客様が納得していただけるアドバイスをしています。

明日は「損をしない土地探しのポイント」についてご紹介しますね💡

TDホーム霧島 林工務店
では、土地情報のご提供や建築候補地の敷地調査も行っています。
土地のこともお気軽にお問合せくださいね。

『TDホーム霧島』のホームページもお立ち寄りくださいね
🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね


★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『TDホーム霧島(有)林工務店』をフォローしよう!