感動の家づくりをする(有)林 工務店~スタッフブログ

TDホーム霧島 林工務店では家族の夢が叶う、ワクワクする家づくりをご提案し、皆様の住まいづくりのお手伝いをさせていただきます!霧島市など鹿児島県で木造住宅、注文住宅、自由設計、新築、一戸建なら、TDホーム霧島 林工務店にお任せ下さい!人気の平屋、建て替え、住み替え、二世帯住宅のご相談もお気軽にどうぞ。家づくりのポイントやスタッフのつぶやきをつづってます。

カテゴリ:家づくりのポイント > 間取り

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます

今年も24時間テレビの時期がやってきましたね
これを見ると夏休みもそろそろ終わりなんだなぁ・・・と感じてしまいます。
子育てママさんたちは、いつも以上に夏休みはお子様のお世話が大変な時期ですよね
2学期が始まって落ち着いたらいつでも家づくりのご相談にお越しください

TDホーム霧島 林工務店では、自由設計・注文住宅で家づくりをさせていただいてます
自由に設計できて、自由に選べる注文住宅は結果的に予算オーバーになりそうで・・・
というお声もお聞きします。

せっかく家を建てるなら、思い描くお家を建てたいですよね
でも、もちろん予算には限りがあります。
こだわりの家と一言で言っても「どうしてもこだわりたい所」と「そんなにこだわらなくてもいい所」が必ずあります。
本当にこだわりたい所をしっかりご家族でお話し合いになって見極めて、住み心地を下げずに、予算内で思い通りのお家を建てるお手伝いをさせていただきます

201808間取りプランニングの裏技

ちょこっとコストダウンのポイントをお教えします

●建物のカタチと規模を見直す
●凹凸のある不揃いよりはスッキリと
●屋根は寄棟より切妻などなるべくシンプルに
●窓の数を減らすか、サイズを小さく
●バルコニーは必要に応じたサイズに
●内部は仕切りを減らしてオープンに
●「部屋」ではなく「スペース」という選択
●カップボードの吊り戸棚(上の方の棚)を無くすまたは造作
●各部屋の収納をなくして1ヶ所に
●収納は必ずしも扉をつける必要はない


などなど・・・

それぞれのご家庭に合ったご希望やご予算で家づくりのお手伝いをさせていただきます。

このような3Dでのイメージ作成もしています。



どうぞお気軽にお店へお越しくださいね

最後までお読みいただきありがとうございました💕


『TDホーム霧島』のホームページへもお立ち寄りくださいね

🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね

★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/

★ご来店予約はこちらから★
ネット予約する

友だち追加

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます

鹿児島をご訪問していた秋篠宮さまが仙巌園を視察されたそうです。
仙厳園とかでまったりゆっくりとした時間をぼ~~~っと過ごしたいなぁ・・・と思う今日この頃

週末もお客様とのお打合せなどが続きます

TDホーム霧島 林工務店は、自由設計メインです。

お客様との間取りのご要望やこだわりポイント、生活スタイル、内観の雰囲気の好みや外観の雰囲気の好みなどいろいろ教えていただきながら、それぞれのご家庭にあったプランをさせていただいてます。

ただ、平面の間取りだけにこだわってしまったら、理想の外観にはなりにくかったりということもあるので、間取りも外観も考えながらプランを作成するのでかなり頭を使う作業です

屋根にはどんな種類があるの
ザックリと分けるのであれば・・・

2018051801屋根の形

といったところでしょうか。
もちろんこれらを組み合わせたり、他にもいろんな屋根があります。
住宅にはなるべくシンプルな形がおすすめです
いくつもの屋根がぶつかり合って谷が多かったり、外壁へぶつかる部分が多いと雨水に対する弱点が増えてしまうのでなるべく避けた方がよいと思います

間取りがゴチャゴチャしてしまうと外壁や屋根の形にも影響してきます
弱点の少ないシンプルな屋根には平面状の間取りも大事になってきます

お時間いただくこともあるかと思いますが、出来る限りお客様のご要望を形に出来るように一生懸命プランさせていただいています

2018051802TDホーム商品ラインナップ


週末のお客様とのお打合せも楽しい時間となりますように頑張りまーーーす

皆さんもご家族で楽しい週末をお過ごしくださいね

『TDホーム霧島』のホームページもお立ち寄りくださいね

🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね

★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/

★ご来店予約はこちらから★
ネット予約する

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます

4月も今日で終わりですねー
あっという間に過ぎていった気がします

先日は、今ある建物を解体して新築の家づくりをご計画されているというお客様とのお打ち合わせで、現地にお伺いさせていただきました。
打ち合わせしている中に仲良し姉妹と一緒におままごと
とっても可愛い子供たちに癒されました

2018043001

こうやってお客様のお子様と触れ合ったり、お客様のご家庭やお子様の事もたくさん知ることが家づくりのお手伝いをする中でも大切かなと思います。
そうすることで、少しでもそのご家庭に合った家づくりのアドバイスが出来るのかな…と思います。

皆さまは子供部屋をどうお考えでしょうか?

最近多いのが・・・
2つの子供部屋を仕切らずに1部屋にしておきたい
というご要望。

小学校くらいまでは、一緒に過ごせる広い空間で、将来的に思春期や受験期になったら、必要であれば仕切ろうかというご計画をされている方も多くなりましたね。

TDホーム霧島 林工務店の施工事例はこんな感じです

20180430子供部屋S

このようにあらかじめ間仕切り扉をつけておいたり・・・

20180430子供部屋N

将来的に必要になったら壁を作ったり・・・

家具やカーテンなどで仕切るという方法もありますね

土地の広さや建物の形に制限が出てきてしまう場合など、こういった感じの子供部屋もいいですね

2018043004

TDホーム霧島 林工務店では、お客様ごとのご家庭事情やご要望をお聞きしながら、自由設計で間取りを考えています。

『TDホーム霧島』のホームページもお立ち寄りくださいね

🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね

★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます

桜も満開の鹿児島です。
週末にはお花見に行かれた方も多いのではないでしょうか?

おかげさまで土日ともお打合せで
間取りを描いたり、準備したりで忙しくしていました

間取りを描く時に基準となるモジュールってご存知ですか?
正方形のマスが並んだ方眼紙をイメージしてください。
RE2417exam

お家は、玄関は何メートルで~、リビングは何メートルで~…
という風に設計するのではなくて
このモジュールを基本として描いていきます。

モジュールにも、
メーターモジュール尺モジュールがあります。

メーターモジュールは『1m』を基準に、
尺モジュールは『91cm』を基準としています。

「寝室は8帖ぐらいほしい・・・」「和室は4帖半あれば・・」と
お客様からご希望のお部屋の大きさをお聞きする時、帖数でイメージされる方が多いと思います。
帖は畳の枚数を指しています。
畳の大きさはだいたい91×182cm弱です。 

例えば…
「6畳くらいは欲しい」というご要望。

20180326

メーターモジュールと尺モジュールでは、実際の広さはこのように違ってきますね。
おそらくイメージされてる広さ感覚は、尺モジュールが多いと思いますので、
メーターモジュールで間取りを描いた時は、
「今お住まいアパートの6畳よりはちょっと広くて、7畳ちょっとの広さになりますよ」
的なお話をします。
 
メーターモジュールを採用するメリットは、廊下やトイレ、浴室など、家の中でも比較的狭いスペースにゆとりが生まれることです。
一方、デメリットとしては、尺モジュールと同じ間取りを作ろうとすると、建物が大きくなる分、建築費も上がってしまいます。

尺モジュールは、もともと日本で伝統的に用いられてきた基準です。
建築材料なども、尺モジュールに合わせて作られているものも多くあります。
限られた予算や敷地の大きさの中で快適な理想のマイホームを作ろうとする場合には、尺モジュールのほうが間取りを作りやすいかもしれません。

一概にどちらがいいとは言えません
どちらを採用されるかはお客様のお考えや、敷地の状況によることが多いと思います。

TDホーム霧島 林工務店では、メーターモジュールでも尺モジュールでもお客様とよくよくお話をしてご納得いく間取りを一緒に考えていきたいと思っています。



『TDホーム霧島』のホームページもお立ち寄りくださいね
🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね


★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/

このページのトップヘ