感動の家づくりをする(有)林 工務店~スタッフブログ

TDホーム霧島 林工務店では家族の夢が叶う、ワクワクする家づくりをご提案し、皆様の住まいづくりのお手伝いをさせていただきます!霧島市など鹿児島県で木造住宅、注文住宅、自由設計、新築、一戸建なら、TDホーム霧島 林工務店にお任せ下さい!人気の平屋、建て替え、住み替え、二世帯住宅のご相談もお気軽にどうぞ。家づくりのポイントやスタッフのつぶやきをつづってます。

タグ:土地

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます

帝国劇場にて行われていたミュージカル「ナイツ・テイル-騎士物語-」
本日無事に千穐楽を迎えられましたー
おめでとうございます
次は大阪公演楽しみに待ってます

さて・・・
TDホーム霧島 林工務店では、工事に入る前には、必ず地盤調査を行います

201808地盤調査

地盤調査は、『スウェーデン式サウンディング試験機』と呼ばれる機械を使って、地盤の強度を測定します。
100Kgの荷重を掛けながら鉄の棒の先端にスクリューポイントと呼ばれるドリルみたいなのをつけて回転させながら地中に貫入していきます。
敷地の中の建物が建つ位置の数か所の地盤の強さを測定します。
そして、この調査した地盤にどんな建物が建つのかということが検査機関で検査されてから、数日後結果が届きます。

そして
これから工事開始予定のI.Y様邸の地盤調査の結果が届きました

地盤改良の必要がなく『ベタ基礎』という結果を頂きました。
良い結果を頂いてホントに良かったです
I.Y様をはじめスタッフもホッ!としました。

地盤補強となるとまたお客様の負担が増えます。
一概にいくら…とは言えませんが大体60万円~70万円程かかるかと思います。

土地も地盤補強のいらないしっかりしたところを・・・
とご希望のお客様が多いですが、今は田や畑などを造成した所が増えています。

また、
今まで家が建っていたから大丈夫だろう!・・・
というのも一概に大丈夫だとは言えません。

実際の地盤の強さは調査をするまではわかりません。

長く住み生活する家の土台となる土地がしっかりと安心できるものであるためにも地盤調査は必要になると思われます。

これで安心してI.Y様邸の工事が進められます

I.Y様ほんとに良かったですね

素敵なおうちになりますように、スタッフ一同も頑張りま~~す


最後までお読みいただきありがとうございました💕


『TDホーム霧島』のホームページへもお立ち寄りくださいね

🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね

★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/

★ご来店予約はこちらから★
ネット予約する

友だち追加
建築途中の見学会

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます

昼間は暑いくらいの陽気になりましたね
鹿児島県内では、30℃に至ったとこもあったようです
いっきに夏ですねーーー
外は暑かったけど、現場の家の中は涼しかったなー 

開催中の 家 づ く り な ん で も 相 談 会 は、
土曜日・日曜日まだ空きがありますよー

家づくりをお考えの方はご遠慮なく、お気軽にご予約くださいねー

不安になったり、心配なこと、補助金のこと、住宅ローンのこと・・・ などなど、
ど~んな小さな疑問やご質問にも心をこめて対応させて頂きますよ!

家づくりは大変高価なお買い物です。

失敗しない家づくりをして頂くために私たちも一生懸命頑張りますよ~~

一緒に家づくりを考えて行きましょう

あなたの家づくりのお手伝いをさせてください

201804家づくり相談会

日程:4月14日(土)~ 22日(日)
時間:10:00~18:00 (※ご予約制)
場所:TDホーム霧島(有)林工務店

★ご来店予約はこちらから★
ネット予約する


『TDホーム霧島』のホームページもお立ち寄りくださいね
🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね


★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/
建築途中の見学会

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

土地探しのポイント

皆さんいろいろお考えになられてマイホームを建てる土地を探されていることと思います。

損をしないための土地探しのポイントをご紹介しますね

土地の条件を整理しましょう
【エリア】
通勤・通学、生活の利便性、周辺環境などをご家族で話し合って住みたい地域を絞り込みましょう。

【広さ】
どのくらいの広さの土地が必要なのかです。
これは、どんな家を建てたいのかによっても変わってきます。
できれば土地探しと並行して、住まいのプラン作りも一緒に進めるのがベストです。

 マイホーム総予算を把握しましょう
最も重要なのが予算です。
住宅ローンを組んで返済可能な金額は?
住宅ローンをいくらまで借入できるのか?
家と土地に、それぞれどのくらいの予算をかけるのか?
土地と家にバランスよく予算を配分しましょう。

土地と建物の資金配分

いかがでしたか?

TDホーム霧島 林工務店では、住宅ローンアドバイザーが、住宅ローンの希望返済額と年収から新築した場合にかかる様々な費用(土地・建物・税金・諸経費・雑費)の資金面のトータル計画をさせて頂きます。

マイホーム計画で一番大事な資金計画を私共と一緒に考えてみませんか?

『TDホーム霧島』のホームページもお立ち寄りくださいね
🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね


★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/
建築途中の見学会

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

土地探しのポイント

マイホームをご計画される際、まず土地探しから始められる場合が多いのではないでしょうか。
どこに建てようかな
通勤に便利なところがいいなぁ…とか
お子様の小学校や中学校の校区を重視したいわ…とか
あの周辺は環境が良いから…とか
皆さんいろいろお考えになられて探されていることと思います。

ここでちょっと土地探しのポイントをご紹介

土地にはいろいろな制限があることをご存知ですか?? 
そのポイントをご紹介します。

【用途地域】
市街化区域の場合、建築できる建物の用途が用途地域の色分けによって制限されています。
用途地域には12種類あります。
その中にも細かな建物の制限が決められています。
ちなみに市街化調整区域というところには原則的に建物は建てられません。

【建ぺい率・容積率】
建築できる建物の面積が敷地面積に対する割合で制限されています。

【道路との関係】
敷地が公道に2m以上接していないと建築できません。
また、敷地の前面道路の幅が4mない場合は、境界線が道路の中心線より、2mまで敷地内へ入り込みます(セットバックといいます)。
セットバック

【斜線制限】

隣地の日照時間を確保するために、北側斜線や道路斜線により建築できる建物の形が制限されています。

【壁面後退】
敷地内の建物を建てることができる部分が隣地との境界線からの距離により制限されています。

【高さ制限】
建築できる建物の高さが制限されています。

【プライバシーの確保】
建物と境界線の距離は、50cm以上離すように民法で決められています。
また、境界線より、1m未満の建物の開口部には目隠し設置請求の権利が隣家に認められています。
間取りを考える際には、法令上の制限だけでなく、隣家の建物の配置、窓などの位置に配慮することも大事ですね。

いかがでしたか?
不動産屋さんは、ただ土地を売ればいいだけですが、私共は土地にあなたのマイホームを建てます。 土地も建物もトータルしてお客様が納得していただけるアドバイスをしています。

明日は「損をしない土地探しのポイント」についてご紹介しますね💡

TDホーム霧島 林工務店
では、土地情報のご提供や建築候補地の敷地調査も行っています。
土地のこともお気軽にお問合せくださいね。

『TDホーム霧島』のホームページもお立ち寄りくださいね
🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね


★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/
建築途中の見学会

こんばんは。
今日も1日お疲れさまです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

土地探しのポイント

マイホームをご計画される際、まず土地探しから始められる場合が多いのではないでしょうか。
どこに建てようかな
通勤に便利なところがいいなぁ…とか
お子様の小学校や中学校の校区を重視したいわ…とか
あの周辺は環境が良いから…とか
皆さんいろいろお考えになられて探されていることと思います。

ここでちょっと土地探しのポイントをご紹介

土地の立地条件によって、もしかしたら、想定外の費用がかかるかもしれません。
そのポイントをご紹介します。

【境界標】
隣の土地と自分の土地との境界線が不明な場合は、土地家屋調査士への依頼が必要になることがあります。

【地目】
農地(田・畑)の場合、そのままの地目では建物を建てることは法律上出来ないので、「農地転用許可申請」が必要になります。
土地探し

【給排水】

上下水道の配管が敷地内まで引かれていない場合があります。その際は別途、敷地内まで引き込むために引込工事が必要になります。

【地盤】

地盤調査をして、軟弱地盤の場合は、地盤改良工事や基礎補強工事などの費用が別途必要になることがあります。

【高低差】

敷地内の高低差の他にも、隣地や道路との高低差によっては、整地費用や擁壁工事などの費用が必要になることがあります。

ご自身で土地探しする中で、気づかないポイントもあるかと思います。

明日は「土地にかけられた制限」についてご紹介しますね💡

TDホーム霧島 林工務店
では、土地情報のご提供や建築候補地の敷地調査も行っています。
土地のこともお気軽にお問合せくださいね。

『TDホーム霧島』のホームページもお立ち寄りくださいね
🏠 建築現場ブログの方へもお立ち寄りくださいね


★お問合せはこちらから★
●電話:0995-47-0096
hayashi-koumuten@able.ocn.ne.jp
http://line.me/ti/p/%40xni5169w
HP:http://www.hayashi-koumuten.info/
建築途中の見学会

このページのトップヘ