2011年03月

2011年03月25日

震災チャリティウォーク&ランのお知らせ

うるとらももさんから震災チャリティラン&ウォーク開催のお知らせをいただきました。

(私達も参加と呼びかけしようと思います。)

岡山県にお住まいのランナーの皆さん

3月11日に東北・関東地方を襲った千年に一度といわれる大震災。
地震と津波や原発火災で被災され、苦しい生活を強いられている多くの人のために私達も義援金を送ることで力になりませんか?

” Life must go on ”

先日岡山で講演会をされたノーベル化学賞学者・根岸栄一さんのことばです。
私達は助け合って生きてゆかなくてはいけないと思います。

さあ、いっしょに、被災した友人達を支えましょう!

賛同してくださる皆さんのご参加と、賛同してくださる企業のサポートを求めます。
ご友人を誘ってご参加ください。よろしくお願いします。

日時 平成23年4月3日(日) 午前10時〜
場所 岡山市北区 新鶴見橋下
内容 5kmラン&ウォーク/10kmラン
寄付 500円/1,000円(全額、日本赤十字社に寄付)

<呼びかけ人>岡山県内在住のランナー及びランニングクラブ有志

下記に呼びかけPDFがあります。よろしかったら印刷して配布/呼びかけにご使用ください。
http://www.corredor.jp/CharityRun.pdf


hayashi_seitai at 09:41|PermalinkComments(4)

備中高松城〜足守マラニック

昨日はBちん、私たち3人で、中国自然歩道のコースをマラニックに行きました。
2011-03-24 012

秀吉が水攻めをした備中高松城を出発、最上稲荷へ


2011-03-24 001日蓮上人の銅像の前に出てきてしまいました。
これは想定外。

そこから龍泉寺に行くのですが、道がわからず少し迷いました。

2011-03-24 002結局お稲荷さんの参道を通り抜け、奥の院へ行く道を途中まで登っていきます。
このあたりはパワースポットだそうな。
Bちんがなにやら必死のお願いを。


2011-03-24 005そして龍泉寺へ。
こんな大きなお寺があるとは知りませんでした。


龍泉寺から一般道を通って足守へ。

2011-03-24 006
昔の造り醤油屋さんのお雛様や蔵の中を見学。


2011-03-24 007
これもマラニックならではの楽しみですね。



2011-03-24 009足守の古い町並みを通り、近水園へ。
ここで昼食。



そこからは足守川に沿った自転車道を走って元の高松城跡へ。約20キロのマラニックでした。

お正月に初詣を兼ねてのマラニックコースにもよいですね。



hayashi_seitai at 08:24|PermalinkComments(0)

2011年03月15日

熱い思い

なおちゃんからメールが届きましたので紹介させていただきます。
 
今日のブログの記事を拝見して、メールさせていただきました。

私も、今、何か自分に出来ることが無いかと考える毎日です。

お医者さん、自衛隊の方々、消防や水道、下水道の技術者の皆さん、たくさんの方が被災地へ向かう中、私はいつもと変わらない日常生活を送っています。

夜お布団に入ると、「こうして暖かいところで眠っている間にも、寒さに震えながら救助を待っている方がたくさんいる…」と思うと、なかなか眠りにつくことができません。

日曜日の夜、被災地の様子をテレビを見ながら、
「私、明日から仕事に行って、このまま普通に過ごしてて良いんかな…」
と呟くと、
「被災してない人たちが一生懸命働いて日本を支えんと、それこそ日本沈没じゃが!頑張って一生懸命働いて来なさい!」
と母に言われました。

ブログの「今は精一杯力をためておいて、その時を待ちたいと思います」というコメントを拝見し、私も同じ思いを感じました。


もう既にご存知のものもあるかとも思いますが、下記のサイトをご紹介させていただきます。


■がんばれ日本
 http://ideapad.jp/d9385fb4/show/ 

https://docs.google.com/document/pub?id=1TRT2y_QSWH1MysMI4HihACpC1az1Rc6zhq6aHWwuJiE

 被災地のみなさんの勇気ある行動や、心温まる協力の和、世界からの応援メッセージなど、とても勇気づけられるサイトです。


日本赤十字社が募金を募っています。

岡山県でも、毛布等の救援物資の募集が始まっています。

私も、出来ることから協力させて頂きたいと思っています。
 
岡山県HP http://www.pref.okayama.jp/

岡山市HP http://www.city.okayama.jp/


もし、差支えがありませんでしたら、ブログなどでご紹介頂ければと思います。



 


hayashi_seitai at 19:23|PermalinkComments(6)

歯がゆい思い

遅くなりましたが、今回の大地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
 
TVの映像の向こうでこの瞬間、困っている人がいながら、こちらでは何不自由のない生活を送っています。
しかし、気持ちや行動する力がない訳でなく、そこにいたる道筋がまだできていない状況に、歯がゆい思いです。
今は精一杯力をためておいて、その時を待ちたいと思います。

 


13日は操山でトレランクリックに参加しました。

佐藤光子先生と西川さんによるトレラン教室でしたが、色んなテクニック、心構えの勉強になりました。

やはり女子トップクラスを行く佐藤先生、すごい!

そしてその佐藤先生が、『この人は切れてますから・・・・』と言われるジャッキーさん(西川さん)の下りの速さにはたまげました。

ハセツネ40歳代の部で優勝する実力の持ち主とのことで納得12 00412 011
12 012


hayashi_seitai at 14:39|PermalinkComments(0)

2011年03月11日

成羽川歴史街道マラニック

10 009昨日の休日は、うるとらももさんのお誘いで歴史街道ウルトラマラニックの一部コースを走ってきました。

メンバーはももさん、チェリーさん、なおちゃん、オイラたちの5人。

成羽の町から成羽川沿い、旧トロッコ道を走り、田原ダムの手前で備中町で折り返す約33キロ(途中時計が止まったりしてちょっと曖昧)の風光明媚なコースです。

ここかしこで、ももさんからの興味深い解説があります。
10 00410 001

休日にはフリークライマーで賑わう山。


そのふもとには寝泊りできる小屋や、練習用の壁があり、ちょっと触ってみました(何でもしたがり)・・・へへへ




10 007時々立ち止まって休憩&植物の鑑賞。
たくさん発見があります。
10 006


山里は梅がかなり咲いていて、時々良い香りで心が和みます。
コース沿いは桜の木も多くて、当日は春爛漫の高梁を参加者の皆さんは堪能できることでしょう

10 012
時折コースの整備も(お手伝いにはなりませんでしたが
ももさんのザックの中にはカマや長くて重そうなロープ、ビニールひもなどが入っていました。

10 016大会の運営(コースの整備、地元の方々とのコミュニケーションなどなど)は相当大変そうです。




10 005
備中町で見つけたレトロな歯医者さん。
こんな発見があるのもマラニックの楽しさですね。



10 017中、強風の吹くところがあったり、雪がちらついたり、日当たりのよい場所では走っているとあつくなったりしました。

ウェアを脱いだり着たりして体温調節しながら、舗装道、砂利道、山道を約5時間の楽しくて、ちょっときびしいトレーニングとなりました。







hayashi_seitai at 11:59|PermalinkComments(3)

2011年03月06日

苦しいのは気のせい(東京マラソン)

25 007はや一週間たってしまった東京マラソン。

まだまだ余韻を楽しんでます


今日のタイトルは、観客席の応援メッセージの中で俄然勇気が出た文です。
Bちんが見つけました。

苦しい時にぜひ思い出し、呪文のように唱えましょう。きっと身も心も楽になるはず。

今回の小旅行、A型コンビに色々失敗がありました。
まずは飛行機は朝一番でなくてもよかったです。ゼッケン引き換えは11時からでしたので朝はゆっくり出発いたしましょう。

会場の東京ビッグサイトへは空港バスで約30分、荷物を持っての移動ですから極力身軽に・・・・

そしてIDを出してゼッケンを引き換え、もろもろのものを戴くと25 009各社メーカーのEXPOへ。

ここでありとあらゆるものが手に入ります。ニューモデルや型落ちのウェア、シューズなど・・・



25 0106パックでおなじみ、ハンドボールの宮崎選手や






25 012こちらはランナーズでおなじみの岩本コーチ・・・・
いろんな方が講演されています。



「皇居ランもしたいしちょいと観光もネ~」などとBちんと話しながら、結局長居をしてしまい、前日はなにもできませんでした。

25 021で、とりあえずホテルにチェックイン、しかし荷物が重くて2人ともヘトヘト、しかも時刻は4時を過ぎ、とりあえずスタート地点の下見に。

同じ目的らしき方を見かけお声をかけ、同行しました。

25 013そして当日、7時にホテルをチェックアウトし、またもや大荷物を背負っての約40分の死の行進。ウォーミングアップというかそれ以上の重労働、しつこいですが荷物は軽めかホテルは近い場所に!

都庁手前に設置してある路上のトイレで最後の用を足して正解でした。(会場でもう一度並んだけれど結局タイムアウト

荷物を預けてスタートラインへ。同じエリアの方を見かけたら
集団で手に手をとって一緒に指定場所に進んだ方が早いです。

25 020
そして号砲を聞いてスタート 
最初が下りでスピードがでます、真ん中ぐらいのスタートでも10分かかりませんでした。

そこからはそれぞれの楽しみ方で

日比谷のあたりで折り返してくるエリートランナーの方々が見えました。

誘惑の私設エイドは浅草あたりからちらほら。しかし今回は我慢

終盤、暑くて頭から水をかけながら・・・そして2つも橋があってきつ〜い。

フィニッシュ前の直線も長い長い気がしました。(それも気のせい??)

そしてフィニッシュ02 008回りの方々と互いにねぎらいの声を掛け合い、コースに一礼。

感動のマラソンが終わりました。 
走ることを覚えて本当によかった

ここからも実にスムーズにメダル、タオル、ミールサービスを受け、更衣室へ。

着替えると足湯やコシヒカリのおにぎりサービスまでありました。

そして、参加者同士の待ち合わせは、ミーティングプレイスの手前コンコースが広くてよいと思います。

そして空港バスで羽田へ。

何より感動したのは運営の見事さと、そして1万人を越えるボランティアの方々がすばらしいです。

みなさんの笑顔が本当に美しくありがたくて、一番心を打たれました。

本当にありがとうございました。

そして来年も天晴れな日にOne Tokyoになれますように。























hayashi_seitai at 23:17|PermalinkComments(6) マラソン大会 

2011年03月04日

早春の操山トレラン 

02 0023月13日に開かれるトレラン教室の下見を兼ねて、EスポーツのF君を案内しました。



里山センター→旗振台→奥市公園→三勲神社→明禅寺城跡→恩徳寺→丸山不動→曹源寺→吉備辛木神社→八畳岩古墳→里山センターの約11キロのコース、約1時間半でした。

02 004
東京マラソン組、スタート前に偶然の再会!





里山のまだ春は遠いですが、木々がその準備をしている気配はします。

ちょうどトレランを始めて1年になりますが、その頃は地図を片手にお弁当持参で4時間ぐらいかけて回っていました。

一年間本当に楽しませてもらったなあと改めて思いました。

02 006もっと多くの方にここを走る楽しさを伝えたい反面、他のたくさんのハイカーの方々、自然との関係をよりよく保ちたいと思っています。

まずは自らマナー良く走ることが大切ですね。

今月末には里山は花盛りとなり、楽しみです。

hayashi_seitai at 11:23|PermalinkComments(4) トレイルラン