ピンチはチャンスそうじゃ吉備路マラソン2013

2013年01月25日

走って直す。

2013-01-26 003峠走やスピード練習が続くと足の裏が痛くなるのは常だが、最近妻が、足が痛いと言わなくなった。
妻の足はアーチがつぶれていて、外反母趾もひどく、こんな足でよく走ってこれたなぁと感心するほどだ。

走り始めてから、ついこの間まで足裏の不調で泣いていた。
土踏まずが痛くなったり、5キロぐらいでしびれてきたり、指がチクチク針に刺されるような痛みが出たり。
とにかく走ることは痛みとの戦いでもあったとか。多分みんなそうですよね。
それでも走るのは何故? そんなに痛かったら走るのをやめたら?
と言ってもやめないのは、それを越えた達成感が勝っているからだろうか

2013-01-26 001最近はインソールの改造や超音波、マイクロカレント、筋トレなどのおかげで痛みをあまり感じなくなって走るのがますます楽しくなったそうだ。

まさに走りながら直すとはこのこと。

しかし、彼女曰く
「多少の痛みはあるものの、前ほど気にせず走れるようになったにしては、タイムが上がらないのはなぜ?
・・・・そう言う贅沢な悩みは、わかりません。


hayashi_seitai at 19:03│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ピンチはチャンスそうじゃ吉備路マラソン2013