皮膚癌には色々と種類があります。

有名なのはメラノーマ(悪性黒色腫)で、

このガンの特徴は外見が「ホクロ」によく似ているという所です。

時々「このホクロは悪性ではないですか?」と心配して受診される方がおられます。

しかし、あくまで外見が似ているだけで、ホクロはホクロ、ガンはガンで

細胞は全く別物です。

また「このホクロ、ガンになりませんか?」と聞かれる方もあります。

このメラノーマは発生時からメラノーマであり、ホクロから変化するものではない、と

考えられています。

ホクロと思っていたが、病院に行ったらメラノーマです、と言われた時に

「ホクロだったのにガンになった」と思われたのだと思いますが、

患者さんがホクロだと思っていたのが実はガンであった、という事だと思われます。


IMG_4560
この写真は実は目頭にできた大きさ3ミリの基底細胞癌という皮膚ガンの一種です。

当院に「ホクロがあって気になる」と受診されました。

ダーモスコープという皮膚の顕微鏡で観察すると典型的なホクロでは

ない、と直感し、手術させてもらいました。

案の定皮膚ガンでしたが、これは悪性度の低いガンなので切り取って終わりと

なりました。