というご使命をついったーでいただいて、@shimaguniyamatoさんがエントリ書かれてるのに↓

ゲーセン頑張れの話:島国大和のド畜生
 搬入などのコストを下げ、土地あたりの利益率を上げ、継続的な利益を確保した。
 MVSの例や、通信による使用料の例をあげたけれど、そういう理由でこれはもともと必要なシステムだと思う。

 もうね、誰かがいずれやらねばならなかった類のシステムだから、まず「やっとこういったものが出てきた事」を拍手で迎えたい。

 俺がスルーというわけにもいかんべな。(ははは。

「NESiCA×Live」によって何が変わるのか。


 これは、一言でいえば「メーカーとオペレーターの力関係が逆転する」ということです。
 これまでは、オペレーターは「メーカーの提示する条件を黙って受け入れる」しかなく、例えば、購入した対戦格闘ゲームに致命的な欠陥(キャラクターの組み合わせによっては、「対戦」が成立しないであるとか)があったとしても、我慢してそのゲームを使い続けなければなりませんでした。
 しかし、今回タイトーさんが提示した条件は「ゲームタイトルの入れ替え、バージョンアップは無償」という、オペレーターにとっては破格の条件です。
4Gamer.net ― [AMショー]画期的コンテンツ配信システム「NESiCAxLive」でビデオゲームの復活を狙うタイトー。その真意をプロデューサーに聞いてみた
「NESiCAxLive」なら,最新タイトルが常に無料で提供されるというわけで,もちろんシステム自体の初期投資は必要なものの,店舗にとってこのメリットは計り知れないものといえる。

 もっともこれは、「タイトーステーション」という自社ロケの資材調達コストを圧縮するため「参入メーカーにのませた」条件であるという、やや穿った見方もできるかもしれません。もちろん、本当のところまではわかりませんが。
 これにより、オペレーターは自店舗のニーズに合ったタイトルを、いつでも、任意に選ぶことができます。具体的には「今日は○○の日」と、イベントに合わせて稼働タイトル数を増減することも簡単にできるようになります。
 が、参入するメーカーにとっては、少なくともロンチタイトルである「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II」と同等か、それ以上に「稼ぐ」タイトルでないと、そもそもゲームセンターに置いてすらもらえないという、とても厳しい条件が課されることになります。

「NESiCA×Live」を運用する上で発生するであろう問題について。


 「エンドユーザー(オペレーター・ゲームプレイヤー)が自由にタイトルを選択できるビデオ筐体」の先達として、SNKのMVS(マルチビデオシステム/ネオジオ)が存在し、非常に長い期間、ゲームセンターで使用されてきました(現在においても)。
 しかし、実際の運用のされ方を見ると、「一つの筐体に複数のゲームタイトルが格納できる」マルチ筐体としてではなく、他のビデオ筐体と同じように、「1筐体1タイトル」で使用されていることがほとんどです。
 実際に運用してみればわかることなのですが、「一つの筐体に複数タイトル」というのは、アイキャッチに乏しくなりがちで、また、キャラクターが多く、情報量の多い昨今のゲームでは、インストラクション(コマンド表など)に多くのスペースが必要になり、一つの筐体でそれを使いまわすことが困難であったという理由もあります。
 インストラクションスペースや、各ゲームタイトルのアイキャッチ問題については、最近日本でも普及しだした「デジタルサイネージ」の技術を応用することで、ある程度改善が見込めると思います。
 株式会社アールエスさんの汎用ビデオ筐体「デルタ32」に搭載されている液晶サブモニタによるコンテンツ表示システムに近しいものが「NESiCA×Live」にも実装されればいいのですが。
 また、ボタン配置などの操作系の不統一という問題もあります。ゲームタイトルによって、1〜6個のボタンが必要になるわけですが、それをどのようにして「プレイヤーが迷わずプレイできるようにするのか」を工夫しなければなりません。
 家庭用ゲーム機のボタンに「○、△、×、□」のマークが刻印されているように、「NESiCA×Live」においてもアイコンその他による統一されたボタン表記の設定をお願いしたいところです。

果たして「NESiCA×Live」はゲームセンターの「救世主」になり得るのか?


 これは大きな矛盾をはらんでいると思うのですが、アーケード市場の現状を鑑みるに

1)そもそも、現在のロケーションにおいて、汎用ビデオ筐体の売り上げに占める割合は5割以下、下手をすれば2割を切っている。
2)汎用ビデオ筐体の売り上げ構成比が高い店舗ほど零細で、「NESiCA×Live」を導入するだけの体力がない。


という、二つの問題があります。

 「NESiCA×Live」をいきなり10台導入できる規模の店舗も少なからず存在はしています。ラウンドワンやウェアハウスに代表される大型複合施設は問題なく導入できるでしょう。しかし、そういう店舗はそもそも汎用ビデオ筐体の売り上げ構成比が低く、その顧客を積極的に囲い込んでいるかというと、必ずしもそうとはいいきれないのが現状です。
 逆に、「NESiCA×Live」が本当に必要な店舗、昔ながらの「ゲームセンター」然としているところは、「NESiCA×Live」を導入できるほどの体力がないケースがほとんどです。仮に導入したとしても少数、あるいは1台だけでしょうし、そしてそれが「ブレイブルー専用筐体」になってしまうことは容易に想像ができます。

 とはいえ、プレイヤー目線にしろ、オペレーター目線にしろ、選択肢が増えることは大変喜ばしいことなのですので、今後の展開に期待したいところです。

 そして、メーカーにとっては一切の甘えが許されない「NESiCA×Live」というプラットフォームの中から、より素晴らしいアーケードゲームタイトルが生まれることを願っています。