2009年05月24日

ェド船長(Lainの場合)

ェド船長。疾風船の船長。
mixiを通して知り合いになりました。
初めて目にした演奏はALI PROJECTの「聖少女領域」だったか。
ALI PROJECT好きのため、動画に目を通して、コメントをつけて、マイミクになって・・・それが今このような関係になっているとは人生何が起こるかわからないもので。

「そういえば、バイオリンやってるよね?」
そういってお手伝い候補として声をかけてもらえたのは、なんとも行幸。
オーケストラに所属しているものの、もっと純粋なクラシック以外のモノも弾いてみたい、はたまた、もっと違う楽器もはじめてみたい(ちょうどエレキギターを買ってみた頃でした)と思っていた矢先の話でした。
ゲームミュージックを演奏するオーケストラへの参加を考えてみたこともありましたが、日程的に断念。
ちょうどIBのCDを聞いてファンになりつつあった日の出来事・・・渡りに船、というか、渡りに疾風船。
素敵すぎるお誘いでした。

ェド船長と初めて会った日にまず盛り上がったのが、好きな音楽の話。
「クラシック音楽で、好きな作曲家は?」と問われて、私の口からドヴォルザークの名が・・・そして交響曲第9番ホ短調作品95『新世界より』の曲名があがった瞬間から、その場の温度が何度か上昇したような気がします。2人のテンションが目に見えてあがりました。
あのかっこよさ。そして郷愁を誘う切ないメロディー。最初から最後まで、気を抜ける瞬間がありません。
郷愁という単語から、ケルト音楽、ゲームミュージックへと話は転々。ジブリの話が出たのはその日だったか別の日だったか。
「いいよね!」と思うツボが一緒だったのを良いことに、(初対面にしては)一気に打ち解けた気がします。

気さくで、(気持ちが)若くて、熱い。我が道を行く。こだわり。自分に正直。柔軟だけど頑固・確固。
技術はあるが、技術に溺れない。もてもて。
「船長」としての資質はばっちりかと。

連絡が急なのが玉に瑕かな?
ライブ当日に「時間があったらこの曲もやるかもしれないから」と、ある曲を知らされた瞬間には、思わず「船長のドS!!」と言ってしまいました。そこから音源を聞いて、楽譜をおこして・・・焦りました(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/
結局時間の都合でやれませんでしたけど。
そんなことがあったのも、お客さんに喜んでもらおうという気持ちが強いからでしょう。
自分の好きなことをやりつつも、自分本位にならないのは船長の良いところだと思います。
前しか見れない人にはついていきたくないですから。
あ、けど連絡はお早めにね!

船長の、人間ならではの音楽を大切にするところも好きです。
ゆらぎとか。技術だけじゃない、何か。決められた楽譜だけじゃない、その場の感情の発露。
オーケストラにはない魅力を感じました。
これからどんな所に連れて行ってくれるのか。楽しみです。

P1124554

hayatebune at 21:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Lain 

ェド船長(ming-ziの場合)

私は未だに疾風船のイメージをつかめていません。

かなり前ですが疾風船のビラを作ってみようということになり、
空と鷲か鷹か鳶のような鳥を配置して私なりの疾風船像を作りました。
それを船長に見せるとやはり「なんか違う。空が狭い。字に勢いがない」的な没を
頂戴し結局お蔵入りとなりました。

それからも、持ち歌の歌詞などからイメージを得ようとしましたが
得られずに今に至っています。
私は志を高く持つことや、それを分かち合うことができない人間です。
広い空を仰いで夢を見ることもありませんでした。
疾走することよりは浮漂を求めます。

なんとなく男くさい雰囲気だからというだけで、
声色を作り歌っています。
今の状態に不安を覚えていますが、
伸びる余地があるのだと思いがんばっていきたいです。

CA390227-0001

hayatebune at 21:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ming-zi 

ェド船長(Triggerの場合)

実の兄ということで、やはり、音楽に対する感性には共通(共感)する部分が
多々あります(音楽に限らず、映画、マンガ、その他もろもろに関しても)。
疾風船の曲は、すべてそんな兄が作っていることもあり、いちいち琴線に
触れまくります(笑)。

ドラム自体にそれほど関心が無かったり(※1)、基本的に
集団行動が嫌いでワガママな私は、今までに色々なバンドに
誘われては脱退してきました。
しかし、疾風船だけは別でした。まぁ、兄貴は基本的に高慢であり、
「それはどうかと思うぜ!」というようなこともしょっちゅうある(※2)んですが、
一緒に音を出した時のあの快感が忘れられず、ついつい居残ってしまうのです(笑)。

やっぱり「曲」が、「音」が、自分の魂と共鳴しないととダメなんですよね。
それが感じられるのは、やっぱり疾風船だけなんです。
(ドラム下手糞なクセに偉そうですみません)

自分自身の世界観と完全に重なるというワケではありませんが、そのズレた部分も
組み合わせ、より面白味を出せていければなと思っています。

というわけで、これからも宜しくお願い致します! >兄者、クルー、そしてご覧の皆様


(※1)
ドラムセットを叩くのは好きですが、基礎練習は大嫌いです。だから未だに下手糞です。
こんなことを言うと「辞めちまえ!」と思われる方も居られるかも知れませんが、
「自分は疾風船のドラマーだ!」とは思っておらず、「自分は疾風船の音を紡ぐ一員だ!」
と思っています(←言い訳に聞こえる?気のせいです)。
ドラムの技術自体がショボくても、何とか疾風船の魂を伝えられればと思い、演奏しています。

(※2)
スタジオに遅刻してきた時に何故か逆ギレ気味だったり、唐突に宿題を出してきて
クルーを困らせたりと、バンドでの活動の時は基本的に自分勝手です。まぁそれくらい
グイグイ引っ張らないと、バンドとしてはまとまらないのかも知れません(笑)。
きっと、「音への厳しさ」が、上記のような暴挙(笑)へと駆り立てるのでしょう。

ちなみに、バンド抜きでプライベートで会ったりすると、上述したことが嘘のように
いい「兄」へと変貌を遂げます。めちゃめちゃ頼れる兄貴です。
…そう、何だかんだで、兄は、私の目標とする人なんです。

CA390051-0001001

hayatebune at 21:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Trigger 

ェド船長(MITCHIEの場合)

ェド船長を初めて見たのは、都内某所のライブハウスであった。その日は知り合いのバンドを観に行ったのだが、私がライブハウスに到着した時、BLOW(船長の所属していたバンド)が最後の一曲を演奏していた。そこで船長の出すギターの音を聴いた瞬間、その美しい音色に自分の心が奪われた。ピッキング、チョーキング、ビブラートなど、どれをとっても感情豊かで綺麗な音であった。今までも数多くのライブを見に行ったが、一見してそこまで衝撃を受けたのはその時だけである。
そのライブ以降、BLOWとは交流を続けてはいたが、その時はお互いのバンドがあるため、知り合い以上の関係にはならなかった。
しかし、BLOWのメンバー脱退、私自身のバンドの解散に伴い、急接近し、一緒にスタジオに入ることになった。その時に意気投合し、BLOWのベーシストとして加入することになる。その後、紆余曲折を経て疾風船となり、現在に至っている。
ェド船長と一緒にバンドを組むようになり、改めてそのテクニック、音にはいつも驚かされていたが、それだけでなく作曲に関しても素晴らしいセンスを持っていることを知った。船長の作る曲はどこか和のテイストが込められており、一回聴いただけで船長の曲だと分かる独特の世界観を持っている。それは、これまで聴いたことのないような雰囲気ではあるが、どこか懐かしく、心に響く感じがした。きっと、ロックだけでなく、クラシック、映画音楽、ゲーム音楽など、様々なところから影響を受け、今の独自のスタイルに辿り着いたのだろう。ただ、やはり根底にあるものはロックの熱き魂であり、そこはどの楽曲も共通している部分である。
現代のロックギタリストは速く弾くことに重点を置きすぎて、音が平坦で感情が込められていない人が多くなってきたように感じるが、船長はギターから出る音の表情を大切にし、感情で弾くタイプの数少ないギタリストである。それは、動画などで音を聴いてもらえれば一目瞭然であろう。
私はこれまで色々なバンドを組んできたが、船長とのバンド暦が最も長い。ここまで一緒にやってきたのは、船長の楽曲、音に惹かれているのは当然あるが、それ以上に、音楽的な考え方に共感できるところが大きいと思っている。ギタリストに多いギター中心の曲ではなく、常に楽曲全体のことを考え、各パートの素材を最大限に生かそうという部分が自分の考えと大きく重なっていた。
とまぁ、ここまでは船長の良いところを書き上げてきたが、船長も人間。いいところもあれば悪いところもある。
欠点を挙げるとすれば、時間にルーズ、傲慢といったところだろうか。時間に関してはリハだけでなくライブでも前科が数犯あり、集合時間が早いときは、クルーの間で心配しているものである(笑
傲慢という点に関しては、船長中心のバンドであるため仕方がないことであろう。ただ、その傲慢さが船長らしいところでもあり、魅力なのかもしれない。
欠点とは言ってもこれらを含め、今の船長というギタリストが出来上がっているので、完全否定するものではないが、時間にルーズなところだけは少し改善してもらいたいところか・・・
ここまで色々と綴ってきたが、何を言おうとも、船長は唯一無二のギタリストであり、ずっと一緒にやっていきたいと感じさせてくれる人である。疾風船というバンドが存在しェド船長がギターを弾き続ける限り、私はそこでベースを弾き続けたい。

mitchie-1

hayatebune at 21:14|PermalinkComments(5)TrackBack(0)MITCHIE 

2009年05月05日

BURN G-SOLO ver.2 (mitchie)

前にキーボードソロのやつが消されたんで、バーンだけはギターソロ、キーボードソロの音源作って動画を撮り直そうと取り組んでいたわけですが、ようやくギターソロのほうが出来たので公開します。



新居に移って初の動画です。
カメラも編集ソフトも同じなのに、以前より画質悪いです。自分の部屋の照明が暗めだからでしょうか・・・


もうIB2まで2週間切りましたね。
お初の方もそうでない方も、お会いできるのを楽しみにしております。


hayatebune at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)MITCHIE 

2009年04月20日

背中イタッ! (mitchie)

土曜に買い物に出かけて子供を長時間片手で抱っこしてたんだけど、昨日朝起きたら肩甲骨あたりに激痛が。。。

起きるのが苦痛なほど痛くて、今もまだ治っていない。
多分2,3日で落ち着くとは思うけど、会社に行くのがホント苦痛だ、マジで。

hayatebune at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)MITCHIE 

2009年04月19日

バイオハザード5

それなりに面白いけど、ちゃうねん…
何かちゃうねん…

4と基本的な所のシステムは変わらないはずなのに、
圧倒的に4の方が面白い。いま改めて4をやっても
そう感じる。

つか、パートナーイラネ!
友達とCOOPすること自体は楽しいけど…バイオでは
やらんでよかったんじゃないか。

あと、ダウンロードコンテンツのVERSUSモード…
大丈夫?カプコン大丈夫?( つд`)

結局 Call of Duty 4 に舞い戻りました。
洋ゲー万歳。


hayatebune at 03:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Trigger 

2009年04月17日

あと1ヶ月(mitchie)

IB2まであと一ヶ月。

ステージに立つのは当然楽しみなんだけど、今回は前回以上の豪華メンバーだけに、オーディエンスとしてもかなり楽しみだ。

欲を言えば、もうちょっと演奏時間欲しかったかなぁ。
ま、出演者多いから仕方ないけどね。。。

hayatebune at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)MITCHIE 

2009年04月08日

今更FF察mitchie)

最近やるゲームがなくてFF擦笋辰討襪鵑世韻鼻▲魯ぅ咼献腑TVでPSソフトやると恐ろしいぐらいに見づらいんだよね。

最初はあまりの画面の粗さにやる気をなくしたんだけど、やってるうちになんとか我慢できるようになってきて、今となっては気にならないところまできたかな。

しかし、久々にやってみて改めて思うことは、やっぱFF擦鰐昇遒世辰討海函
擦鉢修離好函璽蝓爾録世かっているかのごとく素晴らしい。

早くこれらを超えてくれるゲームが出てくれることを期待したい。

hayatebune at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)MITCHIE 

2009年04月07日

200(mitchie)

気付いたらようつべのサブスク200ですよ。

まぁ、間違いなくカノン動画が大きな要因でしょうが。

IB出演者の方々には到底及びませんが、まぁ地道に頑張っていきますわ。


最近は自主練に時間を費やしてるので、新作は作ってませんが、
頭の中には色々描いてるものがあるんで、そのうち形にしようかと思います。

ほんとは夜な夜な作業したいんですけどねぇ、子供寝かせつける時に自分も寝てしまって、全然進まないんですよ。

ここんとこ、9時、10時くらいですから、就寝時間がw

hayatebune at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)MITCHIE 
Profile