2009年05月24日

ェド船長(ming-ziの場合)

私は未だに疾風船のイメージをつかめていません。

かなり前ですが疾風船のビラを作ってみようということになり、
空と鷲か鷹か鳶のような鳥を配置して私なりの疾風船像を作りました。
それを船長に見せるとやはり「なんか違う。空が狭い。字に勢いがない」的な没を
頂戴し結局お蔵入りとなりました。

それからも、持ち歌の歌詞などからイメージを得ようとしましたが
得られずに今に至っています。
私は志を高く持つことや、それを分かち合うことができない人間です。
広い空を仰いで夢を見ることもありませんでした。
疾走することよりは浮漂を求めます。

なんとなく男くさい雰囲気だからというだけで、
声色を作り歌っています。
今の状態に不安を覚えていますが、
伸びる余地があるのだと思いがんばっていきたいです。

CA390227-0001

hayatebune at 21:39│Comments(2)TrackBack(0) ming-zi 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 広東法刑   2009年05月25日 00:18
つべでライヴ動画拝見させてもらった者です。
パワーと個性を兼ね備えたヴォーカル、シビレました!
これからも活動頑張ってください。
応援しています。
2. Posted by wakame   2009年05月28日 06:39
パンチある歌声が効いています。
初対面から(動画でしたが)びっくり続きの広がり、
伸びる余地が、、という心強い前向きな姿に期待しています♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔