2017年06月

2017年06月27日

徳を持つ・・・パルタザール・グラシアン

 日々努力し、自分でコツコツ徳を積んで、運をよくしている、自分のためだけでなく、人のために役に立つような生き方・考え方をして生きている、見返りを求めず、無理のない心で、「小さな親切」を心がけています。

IMG_8390

 自分のためだけでなく、人のために役に立つような生き方・考え方を持って一生懸命毎日を過ごしているのです。

     ・・・・・徳を持つ・・・・・

IMG_8608

 良識のない人、不道徳のない人の人生は短い。前者には命を守るという感覚が、後者には命を長持ちさせようという意思が欠けているからだ。徳はそれ自体が報いで、不徳はそれ自体が罰。

IMG_8604

魂の本質は日常の振る舞いに反映される。正しく送る人生は長く充実している
 
パルタザール・グラシアンの賢人の知恵より)

2017年06月26日

感謝の心・・・・・

 日々、たえず感謝の心を持てば、まわりの人々たちは、あなたの存在価値に気がつく。そして心の目を開らいてくれる、。感謝なくして始まることはないのです。このことを私は常に心に刻み込んでいます。

IMG_8592

不透明なこの時代だからこそ、単純な言葉『ありがとう』と『感謝の心』が自分の幸福な世界を広げてくれる。
 怒り、憎しみというような心の葛藤に支配されそうなときは、『ありがとう』、『感謝します』と心でつぶやく、そして否定的な自分の感情が薄らいでいくのです。

IMG_8594

精神的であれ、物質的であれ、

富がもたらされる全過程は、

感謝という一語に要約することができます

あなたが感謝の心を持たないとしたら、

豊かさとは縁遠いに違いありません

※ジョセフ・マーフィー (アメリカの自己啓発家1898~1981)
 

2017年06月25日

立派な、この木・・・何の木?

 宇都宮の宿郷町の公園で見つけた立派な、この木・・・何の木?
IMG_8577
 すごーくインパクトのある木を見つけた!日立のコマーシャルに出てくるこの~木~何の木に似ているなー!
堂々としていてすばらしい木です。
IMG_8579
 スタジーという樹名、樹齢100年!(H29年は昭和に直すと S92年 )、元気いっぱいの緑が最高で、パワーを感じます。
IMG_6919

HAYATO rogo
これからも御贔屓の程何卒よろしくお願いいたします。



2017年06月22日

「誠」に勝る「策」なし・・・巧詐(こうさ)は拙誠(せっせい)に如(し)かず

 いつの時代にも、善と悪が存在するこの人間社会、やれ振り込め詐欺やら、〇〇学園の土地の8億円値引きやら、多種多様な事が毎日マスコミが騒いでいる、まったくいやなだましの時代。
 これが現代の事実、誰を信用していいのかわからなくなってしまう、新選組の近藤勇、土方歳三、中村主水さんにでも出て世を正してほしいものです。

フラワーBOX たーぼ

  巧詐(こうさ)とは、巧みに表面を取り繕うようなやり方のこと。一時的にはすばらしい策のように思えるが、長い間にはかえって周囲の反発を買う危険性が高い。これに対して「拙誠」とは、つたなくても心のこもったやり方ののことのことで、愚直かもしれないが、のちには多くの人の心をつかむことができる。

黄金の豚2匹

  つまり巧みに人をだますようなやり方よりは、たとえつたなくとも誠実に対応していくほうが、長い目で見るとはるかに優っているというのである。一見、巧詐のもてはやされそうな時代だが、人間関係の基本というのは、今も昔もそれほど変わっているわけではない。

BlogPaint
     (会津の殿様に忠誠を誓った、新選組の旗・・・・・誠 )

  巧詐を好む人は、一時的には人の目をごまかして上手く立ち回ることは出来る。したがって、その場その場でそれなりの利益を得ることはできよう。しかし、長い間には馬脚を表し、人々から信用されることがないし、結局は大きな利益を得ることもできまい。

BlogPaint
   (会津の天寧寺・近藤勇の墓に刻まれた、近藤勇の辞世)
 それに対して拙誠の人は、すぐに人の心をつかむことはできないかもしれないが、時を経ればじわじわと人の心にしみ入り、最終的には人望と支持を集めることができよう。
日本にも「急がばまわれ」という言葉がある。
 
   ※ 33年前に購入し愛読した中国古典「一日一話」の単行本より一部引用。
IMG_8359

HAYATO rogo
これからも御贔屓の程何卒よろしくお願いいたします。
http://www.hayato-oa.jp/ http://the-doctors.jp
 



2017年06月21日

自分には自分に与えられた道がある・・・・松下幸之助

  今日は久しぶりの梅雨らしい雨が空から降りしきる、恵みの雨でしょう、「雨降って地固まる」、植物も太陽の光だけでは成長できない、恵みの雨が大きく成長させるのです。
 人生も同じ、晴ればかり続く人生なんてありえない、雨やら雷やら、日照りやら・・・天気と同じ、山あり谷ありが当たり前、時折台風があってもじっと耐え抜き通り過ぎるのを待つ・・・・やがて太陽が顔をのぞかせる。

 IMG_6472

 何事も一生懸命生きるための、力心、忍耐心、そして未来への希望心を持って生きることが大切でしょう。
 自分には自分に与えられた道がある、命が続く限り何があっても、その道をいかねばならない、立ち止まれば自分の負け、泣き言を言っても何もならない単に言い訳でしかない、人生楽あれば苦あり、泣きたくなければさあ進め!

IMG_7651

 自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。
 
  自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広いときもある。狭いときもある。のぼりもあれば、くだりもある。坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。
 IMG_7201

この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまるときもあろう。なぐさめを求めたくなるときもあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。あきらめろと言うのではない。
 いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、とにかくこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

IMG_6626

他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

     (※松下幸之助 パナソニック創業者 / 1894~1989)
松下幸之助先生のすばらしき名言は自分の生きるための希望の手引き書そのものです。感動!