2016年08月

当ブログをご訪問いただきありがとうございます。
記事に書かれている情報は基本的に訪問当時のものです。
現在は行かれなくなってしまった場所や閉店、移転してしまったお店
営業時間や取り扱い商品の変更など状況が変わっていることがあります。
最新の情報などお知りになりたいことがあれば、分かる範囲でお応えさせていただきます。

Wyndham Ka Eo Kai ④ 広いお部屋の様子~その四

P1370603

あまりにも広さにこちらこちらこちら、まだ続いているお部屋の紹介です。

今回滞在したのは2ベッドルームのお部屋、次はセカンド・ベッドルームです。
玄関を入って左手のドアの奥にそのお部屋はありました。
まずドアを入るとクローゼットのみがある空間がお出迎え
続きを読む

Wyndham Ka Eo Kai ③ 広いお部屋の様子~その三

P1370562

『Wyndham Ka Eo Kai』の広い広い2ベッドルームのお部屋の紹介の続きです。

玄関(こちら)を入って右手にキッチン、ダイニング、リビングと(こちら)
これまで体験したことのない広さと天井の高さに圧倒されたのですが
玄関に備えられていたテーブルの横、玄関から真直ぐ奥の位置に
こちらも広いメイン・ベッドルームがお出迎えしてくれました。

P1370563
続きを読む

Wyndham Ka Eo Kai ② 広いお部屋の様子~その二

P1370586

『Wyndham Ka Eo Kai』の2ベッドルームのお部屋の続きです。
玄関周辺の広さと充実の設備に圧倒されつつ(こちら)、中へ進みます。

次いで目に入ったのが大きく綺麗なダイニングテーブル
その横にはもちろん、これまた大きくて綺麗なキッチンが

P1370560
続きを読む

Wyndham Ka Eo Kai ① 広いお部屋の様子~その一

P1380105

日本人観光客の方はさほど多くはありませんが
欧米の方に人気の高いカウアイ島、リーズナブルで設備の整った
お気に入りのアコモに滞在するには早めに押さえておく必要があります。
今回もエクスペディアで直前までキャンセル可能なアコモをまず予約
その後チェックを続け、お値打ちなアコモが出るのを待ちます。

すると直前に『Wyndham Ka Eo Kai』の2ベッドルームが出たではありませんか
『Wyndham』であれば現地での清掃費用などの追加支払いがなく
しかもオフィスが24時間オープンしているなど利便性も高く助かります。

2ベッドルームですが、それまで予約していた他のアコモの1ベッドルームより
リーズナブルに泊まれるとなれば、悩む必要はなく即効変更しました。

ではそんな『Wyndham Ka Eo Kai』のご紹介を
フロント付近の様子などはまた後ほど、まずはお部屋のご紹介から
トップの写真の建物の2階が今回滞在したお部屋です。
続きを読む

ディナーを確保して目指すは最初の滞在地プリンスヴィル・リゾート

P1370548

ハワイで一番好きなチキンをディナー用に確保して(こちら)
では仕切り直して、最初の滞在地プリンスヴィルを目指します。
リフエ空港を出発した時点ではずっと遠くに小さく見えていたキングコング(こちら)
こんなに間近、ほとんどその真下と言う位置にあるアナホラの町です。

ちなみにキングコングの名はここで映画のロケがされた訳ではなく
真中に写っている尖った山の頂上がキングコングの横顔に
似ていることからそのように呼ばれるようになったそうです。

こちら側から見るより逆方向から南下する際に見る姿の方が
尚いっそうキングコングの頭に似ていて、納得させられる気がします。

P1320351
続きを読む

よかった~~~、まだ営業していました♪

P1370545

今秋から羽田発のコナ便の就航と共に時間の変更もあるようですが
2016年5月の時点でハワイアン航空のホノルル到着時間は正午過ぎ
乗り継いでカウアイ島へ、レンタカーを借りて空港を出発する頃には
既に午後4時を回り、一路ノースへと北上していたのですが

国際線をハワイアン航空を使ってネイバーまで移動後さらにアコモまで
チェックインを終えて一旦部屋に入ると、食事に出るのが面倒くさい気分に
と言うことで、今回もアコモへ行く途中で夕食を手に入れることに

昨年、一昨年はキラウエアの『Kilauea Fish Market』(こちら)に立ち寄ったのですが
今回は乗り継ぎ便もほぼ時間通り、色々なことがスムーズに
56号線を進みアナホラの町へ、例年より時間的には少し早くもしかすると
2年連続食べた大好きなあのチキンこちらこちらが手に入るかもしれないと期待が

車で通り過ぎようとした瞬間、人の気配が感じられるではありませんか
tonoに「停まって」と叫んで『Anahola Market Place』の中へ
続きを読む

リフエ空港から最初の滞在地ノースを目指して

P1370524

リフエ空港を出発して最初の滞在地を目指します。
例年通り3ヶ所での滞在で、今回も最初の滞在はプリンスヴィルです。

空港を出て直ぐに右折、リフエ市内は通らずに51号線を北上します。
空港を出た直後の道は拡張工事が行われ昔に比べ広く綺麗になりました。
でも最近はこんな場所でも渋滞することがあるので(こちら)ご注意下さい。
続きを読む

今回のレンタカーはハーツ

P1370517

ハイチュウ家は日本で車を所有していません。
2人してペーパードライバー、私の免許証は完全に身分証明書と化しています。

ネイバー滞在の際には各々の島で夫々公共バスが走っていますが
オアフ島に比べ本数もルートも少なく、やはりレンタカーがないと不便です。

とは言っても、当初はやはり不安がありレンタカーなしのカウアイ島滞在でしたが
安全運転に努め、レンタカーを借りるようになって行動範囲が増え
魅力的な多くの場所を訪れるようになり、今では必須となりました。
続きを読む

リフエ空港ターミナル周辺&カウアイ島での移動手段

P1370503

いつものように受託荷物が出てくるのを待つ役目をtonoに任せ
私は一旦外に出て、ターミナル周辺のチェックです。

ハワイアン航空が利用するのはターミナルの北東側の建物
飛行機が到着した直後は、建物の前の道が多くの車で混雑

P1370511

地元の方々はこうやって家族のお出迎えがされるようです。
でもそれも一瞬のこと、蜘蛛の子を散らすように車はいなくなり
すぐに静かなリフエ空港へと戻ります。
続きを読む

リフエ空港に到着、まずアレを手に入れなくては

P1370499

ホノルル空港を飛び立ち約30分、カウアイ島が見えて来ました。
少し雲が多いものの、海岸線では雨の降っている様子はなさそうです。

無事にランディング、小さなターミナルなので「Baggage Claim」までは直ぐです。

P1370500
続きを読む
カウアイ島のお天気
ブログ内記事検索
プロフィール

ハイチュウ

その奥深さに魅せられ毎年
訪れている大好きな
カウアイ島のお話を中心に
ハワイの色々な情報を
旅行者ならではの目線で
自分で体験したことや
感じたことを中心に
ご紹介しています。

日本のガイドブックにはない
かなりマニアックな情報も
色々とお届けしています。

過去のカウアイ島関連の
情報に関しては
モーハワイ・ブログ
『HAWAII on my mind~
カウアイ島に恋して』を
ご覧いただければと思います。

~~~~~~~~~~~~

当ブログは著作権を
放棄していません。
サイト内の画像及び
文章の無断転用及び
引用はご遠慮下さい。
尚、ブログの内容等に
関係ないと思われる
コメントは削除させて
いただきます。
どうぞよろしく
お願い致します。
最新コメント
参加ブログランキング